「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2010年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■12月29日更新
ビーチバレーオリンピック大陸予選第一フェーズで日本は男女とも1位通過
[ビーチバレー:オリンピック大陸予選第一フェーズ]
◇12月25日(土)、26日(日) ◇チャイニーズタイペイ
ビーチバレーオリンピック大陸予選第一フェーズで日本は男女とも1位通過

ロンドンオリンピックの大陸代表出場枠をかけた予選の第一フェーズがチャイニーズタイペイで開催され、田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアが、浦田聖子・西堀健実ペアとともに日本代表として出場しました。

初日のマカオ戦は、田中・溝江ペア、浦田・西堀ペアそれぞれ2試合の計4試合すべてでストレート勝ちを収めました。続く2日目のタイペイ戦では、田中・溝江ペアが2敗を喫しましたが、浦田・西堀ペアが2勝を上げたことで、15点先取のゴールデンセットマッチが行なわれ、浦田・西堀ペアがデュースの末19-17で勝利し、1位通過を決めました。

なお、同じ日程で男子の予選も行なわれており、日本代表は、男子も1位通過となりました。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・12月25日
○ 2(21-12,21-5)0 vs マカオ1
○ 2(21-1,21-4)0 vs マカオ

・12月26日
● 0(17-21,15-21)2 vs タイペイ1
● 0(18-21,12-21)2 vs タイペイ2

■12月22日更新
広州アジアパラで車椅子バスケ日本男子が金メダル! 山本篤は100m金メダル!!
[広州2010アジアパラ競技大会]
◇12月12日(日)〜19日(日) ◇中国/広州市
広州アジアパラで車椅子バスケ日本男子が金メダル! 山本篤は100m金メダル!!

広州で行なわれたアジアパラ競技大会に出場したライツメンバーの競技結果をご報告します。

●車椅子バスケットボール日本男子は、初戦開催国の中国に43-48と敗れてしまいましたが、その後はマレーシアを81-13、タイを64-45、UAEを90-25で下し、準決勝進出を決めました。 準決勝では韓国と対戦し、72-48で勝利。決勝戦では初戦で敗れた中国を終始リードし70-41の完勝で見事に金メダルを獲得しました。 日本代表として出場した京谷和幸が、ブログで「俺たちJAPANが、アジア1!!」と題し、金メダルの報告をしています。ぜひご覧ください。

●陸上T42(片大腿切断)クラス100mに出場した山本篤(スズキ浜松AC)は、予選12秒94のタイムで1位通過すると、決勝は13秒08の走りで1着でゴールし、金メダルを獲得しました。

●車椅子レーサーの廣道純は、既に報告した800mの銀メダルに加え、400mで銅メダルを獲得しました(タイム:53秒99)。また、200mと1500mでも決勝進出を果たし、それぞれ5位(タイム:28秒35)と7位(タイム:3分16秒39)の成績でした。なお、4×400mリレーは、4位に終わり惜しくもメダルを逃がしました。

●陸上F44(片下腿切断)クラス走幅跳に出場した佐藤真海(サントリー)は、4m13の624ポイントで4位の成績でした。

●車椅子卓球の岡紀彦は、個人戦の予選グループ2戦2勝で決勝トーナメント進出を決めましたが、決勝トーナメントの初戦でイランの選手に0(13-15,5-11,9-11)3で敗れ、ベスト8の成績でした。なお、団体戦は、サウジアラビアに勝利しましたが、イランと台湾には敗れ、予選敗退となりました。

上山容弘がジャパンクラブチャンピオンシップの大学一般男子の部で優勝!
[トランポリン:川崎市長杯争奪2010ジャパンクラブチャンピオンシップ]
◇12月18日(土) ◇川崎市川崎区・川崎市体育館
上山容弘がジャパンクラブチャンピオンシップの大学一般男子の部で優勝!

18日に川崎市体育館で開催されたジャパンクラブチャンピオンシップで、上山容弘(インテリジェンス)が、大学一般男子個人の部に出場し、40.70点(難度点16.20、演技点24.50)をマークし、優勝しました。

日本トランポリン協会の公式サイトに上位選手の演技の動画がありますので、ぜひ上山の演技をご覧ください。

全日本実業団女子駅伝で第一生命が2位!豊田自動織機3位、ユニバーサル4位
[第30回全日本実業団対抗女子駅伝]
◇12月19日(日) ◇岐阜県岐阜市・長良川競技場発着6区間42.195km

全日本実業団女子駅伝で、山下佐知子監督が率いる第一生命が2位に、小出義雄代表が委託を受け指導する豊田自動織機は3位、同じくユニバーサルエンターテインメントが4位でゴールしました。

第一生命は、4区の垣見優佳選手が2年連続区間賞の走りでトップに立ちましたが、5区で天満屋に逆転されるとそのまま2位でゴール。東日本を制し、2002年以来の優勝は惜しくもなりませんでした。

2008年優勝の豊田自動織機は、2区のアン・カリンジ選手が区間新の快走でリズムを掴むと、それぞれが期待通りの走りで3位に食い込みました。

ユニバーサルエンターテインメントは、1区の那須川瑞穂選手が区間賞、2区のフェリスタ・ワンジュグ選手も区間2位の走りでレース序盤を引っ張り、途中順位を落としたもの4位でゴールテープを切りました。

小出監督は、大会後「結果はまずまずかな。豊田自動織機もユニバーサルエンターテインメントもがんばってくれた。もう少しいい成績も残せたかも、と欲も出るけど、どっちも実力通りの結果じゃなかったかな。これで駅伝シーズンは終了。来年は世界選手権マラソンの出場を目指してがんばりますよ」とコメントしています。

全日本シクロクロス選手権でマウンテンバイクの片山梨絵が2位!
[シクロクロス:第16回全日本シクロクロス選手権大会]
◇12月12日(日) ◇滋賀県野洲市・マイアミ浜

滋賀県野洲市で開催された全日本シクロクロス選手権に、オフ期間のトレーニングの一環として片山梨絵(SPECIALIZED)が出場し、女子エリートの部で準優勝の成績を収めました。6連覇を果たした豊岡英子選手(panasonic Ladies)から23秒遅れでゴールしています。

レースについては、本人がブログで詳しく報告しています。シクロクロスならではの自転車を担いで走っている写真もありますので、ぜひご覧ください。
片山梨絵オフィシャルブログ「RIDE!RIE!RIDE!」を読む

家根谷依里はW杯アメリカ大会でパラレル大回転に出場し、32位
[スノーボード・アルペン:ワールドカップアメリカ大会]
◇12月16日(木) ◇アメリカ/テルライド

スノーボードのワールドカップがアメリカのテルライド開催され、家根谷依里(へそ曲りスキークラブ)は、1本目15位で2本目に進みましたが、2本目は失敗し、32位に終わりました。

■12月16日更新
廣道純が広州アジアパラ800mで銀メダル!1500mは決勝進出7位
[広州2010アジアパラ競技大会:陸上]
◇12月14日(火)、15日(水) ◇中国/広州
廣道純が広州アジアパラ800mで銀メダル!1500mは決勝進出7位

広州2010アジアパラ競技大会に出場している廣道純は14日、800mの決勝に出場し、1:47.33の2位でゴール。見事に銀メダルを獲得しました。※1位の選手のクラスが変更になり、金メダルになるとの情報がありましたが、800mのレースについては着順通りのメダルが授与されることになりました。

廣道は自身のブログで「陸上チームではメダル第1号という事で勢いに乗ってまだまだ行きます!!」とコメントしています。

なお、15日に行なわれた1500m決勝では、1位からわずか1秒26遅れの3分16秒39でゴールし7位の成績でした。

家根谷依里が、W杯初戦イタリア大会に出場。大回転、回転ともに決勝進出ならず
[スノーボード・アルペン:ワールドカップイタリア大会]
◇12月10日(金)、11日(土) ◇イタリア/リモーネ・ピエモンテ

スノーボードのW杯初戦がイタリアで開催され、家根谷依里(へそ曲りスキークラブ)は、10日のパラレル大回転、11日のパラレル回転の2種目に出場しました。

パラレル大回転は予選の1本目10位で2本目に進みましたが、2本目は失敗してしまい、合計タイム32位で決勝に進むことはできませんでした。パラレル回転は、予選の1本目で失敗してしまい、2本目に進むことができませんでした。
次戦は、16日(木)のアメリカ大会となります。

■12月8日更新
トランポリンの全日本選手権で上山容弘が2位!個人競技で7大会連続表彰台!
[第47回全日本トランポリン競技選手権大会]
◇12月4日(土)、5日(日) ◇沖縄県沖縄市・沖縄県総合運動公園体育館
トランポリンの全日本選手権で上山容弘が2位!個人競技で7大会連続表彰台!

沖縄市で開催されたトランポリンの全日本選手権で、上山容弘(インテリジェンス)は、個人予選を3位で通過すると、決勝では安定した演技で42.1点をマークし2位となりました。2007年以来の優勝はなりませんでしたが、3年連続2位と世界選手権4大会連続メダリストの実力を見せました。

なお、優勝した伊藤正樹選手(金沢学院大学クラブ)は42.5点、3位の坂本鷹志選手(日本体育大学)は41.5点でした。

日本トランポリン協会の公式サイトに3位までの選手の動画がありますので、ぜひ上山の演技をご覧ください。

シンクロナイズドは、パートナーの予定だった外村哲也選手(JPTトランポリンチーム)が大会を棄権したため、急遽、山口学選手(金沢学院大学クラブ)とペアで出場することになりました。予選は急造ペアながら見事に1位で通過しましたが、決勝では、山口選手にミスが出てしまい、9位に終わっています。

田中・溝江ペアが、香港での国際大会で、アジア大会銀メダルペアを破り準優勝!
[ビーチバレー:Asian Women's Beach Volleyball Invitation 2010]
◇12月3日(金)〜5日(日) ◇中国/香港
田中・溝江ペアが、香港での国際大会で、アジア大会銀メダルペアを破り準優勝!

香港で行なわれたAsian Women's Beach Volleyball Invitation 2010で、田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、準決勝でアジア大会銀メダルの中国ペア(HUANGYING/YUEYUAN)にストレートで勝ち決勝進出を果たしました。決勝では、アジア大会金メダルのもう1つの中国ペア(XUECHEN/ZHANGXI)に敗れ、準優勝で大会を終えています。

準決勝で対戦した中国ペアに、今シーズン5回目でついに勝利した田中は、自身のブログで「今回の試合を入れて5回目、やっとチャイナ2に勝てたぁ〜!明香と2人で2セット目の21点を取ったあとに抱き合い喜んだ」とコメントしています。

永田克彦が半年振りに実戦復帰。2R10分の熱戦で惜しくもドロー
[総合格闘技:PANCRASE 2010 PASSION TOUR]
◇12月5日(日) ◇東京・ディファ有明

PANCRASE 2010 PASSION TOURに永田克彦(新日本プロレスNEW JAPAN FACTORY)が出場し、第4試合で大石幸史選手(パンクラスism/ライト級1位)と対戦。5分2Rを戦って判定となり、3人のジャッジの採点は20-19、19-20、20-20で、惜しくも引き分けとなりました。

半年振りの実戦を終えた永田は、自身のブログ「永田克彦のレッスル日記」で、「あと少し決め所を磨けば絶対チャンピオンになれると思うし、世界に出てもやれる自信があるので、その壁を破るためにもっともっと自分を追い込んでいこうと思います」とコメントし、手応えを感じているようです。