「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2010年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■11月4日更新
田中姿子・溝江明香ペアがワールドツアーで初の本選進出!2試合戦い25位
[ビーチバレー:ワールドツアー 三亜オープン、タイオープン]
◇10月27日(水)〜28日(木)、11月3日(水) ◇中国/三亜 タイ/プーケット
田中姿子・溝江明香ペアがワールドツアーで初の本選進出!2試合戦い25位

中国で行なわれたビーチバレーのワールドツアー三亜オープンで、田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアが、ペア結成以来初となる予選突破を果たし、本選に進出しました。

本選では1回戦、敗者復活戦ともにストレート負けで初勝利はならず、25位で大会を終えました。

11月3日は、プーケットでワールドツアーのシーズン最終戦となるタイオープンの予選に出場し、勝てば本選進出が決まる予選3回戦で、2セットともデュースの末に落としてしまい、残念ながら本選への出場はなりませんでした。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
10月27〜28日 中国三亜オープン
予選1回戦 ○ 2(21-13,21-10)0 vs タイペア
予選2回戦 ○ 2(23-21,24-22)0 vs カナダペア
本選1回戦 ● 0(14-21,16-21)2 vs オランダペア
敗者復活戦● 0(15-21,14-21)2 vs 中国ペア

11月3日 タイオープン
予選2回戦 ○ 2(21-14,21-13)0 vs イタリアペア
予選3回戦 ● 0(25-27,21-23)2 vs カナダペア

梅村礼がホームでの連戦で6戦6勝!チームも開幕5連勝で暫定首位に!
[卓球:ブンデスリーガ2部 10-11 第4節、第5節]
◇10月30.31日(土.日) ◇ドイツ/ラングバイト
梅村礼がホームでの連戦で6戦6勝!チームも開幕5連勝で暫定首位に!

ブンデスリーガ2部ラングバイトに所属する梅村礼は、30日と31日にホームで連戦を戦いました。

30日のビンゲン戦は、ダブルス1勝、シングルス2勝の3戦3勝でチームの6-1の勝利に貢献。続く31日のライプチヒ戦でも同じくダブルス1勝、シングルス2勝で、チームを6-3での勝利に導きました。
ラングバイトは開幕から5連勝でリーグ暫定首位に立っています。

なお、本人がブログでこの連戦を振り返っています。ぜひお読みください。
梅村礼オフィシャルブログ「AYAS TAGEBUCH」を読む

◇梅村の試合結果◇
10月30日 ○6-1 vs ビンゲン
第1ダブルス ○ 3(7:11,11:6,8:11,11:4,11:6)2
第1シングルス ○ 3(11:4,11:4,7:11,11:8)1
第5シングルス ○ 3(11:7,14:12,7:11,6:11,11:2)2

10月31日 ○6-3 vs ライプチヒ
第1ダブルス ○ 3(11:5,11:4,11:4)0
第1シングルス ○ 3(11:5,12:14,11:7,11:8)1
第5シングルス ○ 3(9:11,11:4,11:8,13:11)1

片山梨絵が野辺山シクロクロスで2位に1分41秒の差をつけ優勝!
[シクロクロス:信州CYCLO CROSS 第2戦 野辺山シクロクロス]
◇10月31日(日) ◇長野県南牧村・滝沢牧場

野辺山シクロクロスに出場した片山梨絵(SPECIALIZED)は、L1カテゴリー1位でゴールしました。

アジア大会の調整も兼ねてマウンテンバイクでの参加を許された片山は、2.4kmのコースを4周するレースで、同じくアジア大会MTB女子クロスカントリー代表の中込由香里選手(SY-NAK SPECIALIZED)に1分41秒の差をつける36分10秒でフィニッシュしました。

ブログに大会について本人のレポートがありますので、そちらもご覧下さい。
片山梨絵オフィシャルブログ「RIDE!RIE!RIDE!」を読む

ラクロス全日本クラブ選手権でNLC SCHERZO(山田幸代所属)は準決勝で敗退
[ラクロス:第12回ラクロス全日本クラブ選手権 準決勝]
◇10月30日(土) ◇大阪市此花区・舞洲運動広場球技場

ラクロスの全日本クラブ選手権の準決勝が行なわれ、山田幸代が所属するNLC SCHERZO(西日本リーグ優勝)は、Sibylla(東日本リーグ2位)に2-7で敗れました。

山田は、自身のブログで、「個人技術では相手が全体的に上回っていたと思います」と試合を振り返り、「もっと、日本でプレーしたかった」とコメントしています。

2日目が中止となった樋口久子IDC大塚家具レディスで北田瑠衣は61位タイ
[女子ゴルフ:樋口久子IDC大塚家具レディス]
◇10月29日(金)〜31日(日) ◇埼玉県飯能市・武蔵丘ゴルフコース

樋口久子IDC大塚家具レディスは、台風による悪天候のため2日目が中止となり、初日と3日目の36ホールで争われることになりました。

北田瑠衣は、初日3オーバー64位タイと出遅れ、最終日も4バーディ6ボギーと出入りの激しいゴルフでトータル5オーバー、61位タイに終わりました。

■10月27日更新
文化シヤッターBuzz Bulletsが学生の挑戦を退け、全日本選手権12連覇達成!
[フライングディスク:全日本アルティメット選手権 決勝]
◇10月23日(土) ◇東京都江東区・夢の島競技場
文化シヤッターBuzz Bulletsが学生の挑戦を退け、全日本選手権12連覇達成!

文部科学大臣杯第35回全日本アルティメット選手権大会の決勝戦オープンの部で、文化シヤッターBuzz Bulletsが優勝し、大会12連覇を達成しました。

決勝の相手は学生としては10年ぶりのファイナリストとなった日本体育大学。今年8月にイタリアで行なわれたU23世界大会の基幹チームとして銀メダルを獲得した若く勢いのあるチームでした。

日本体育大学を応援しに来た観客も多く、学生特有の応援歌や掛け声などで盛り上がる中、Buzzは若手主体のオフェンスセットで勝負。2年後の世界アルティメット選手権で金メダルを獲るために、Buzzが日本代表基幹チームとして今シーズン挑戦してきた「若手の成長」というテーマをこの大会でも貫きます。

序盤、日本体育大学のスピードやナイスプレーにリズムを狂わされる場面もありましたが、後半に入るころには若手がしっかりと結果を出し17-8の快勝。
シーズン締めくくりにふさわしい、気持ちの良い勝ち方となりました。

MVPは、キャプテンの松野政宏選手(#10)。全日本選手権では初の獲得で、7月の世界アルティメットクラブ選手権に続き、世界と日本の個人タイトル2冠となりました。

なお、松野選手は、10月28日〜31日に開催されるUSA ULTIMATEクラブ選手権に フュリアスジョージ(カナダ)の一員として参加することが決定しました。 以下は松野選手のコメントです。

「まずはチームを支援・応援していただいている皆様に感謝しています。チームとして課題だったボトムアップに今年注力してきたので、決勝の舞台で結果を出すことができ満足しています。2年後、絶対に日本代表は金メダルを獲りに行きますので、応援よろしくお願いいたします。
また、北米選手権については非常に楽しみにしています。自分の為・チームの為・2年後の日本代表の為にも必ず価値ある1週間にしてきたいと思います」

田中・溝江ペアがアジア選手権3位!4週連続の国際大会でまずまずのスタート
[ビーチバレー:アジアチャンピオンシップ]
◇10月21日(木)〜24日(日) ◇中国/海口
田中・溝江ペアがアジア選手権3位!4週連続の国際大会でまずまずのスタート

中国の海口で行なわれたアジアチャンピオンシップに田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアが出場し、3位となりました。

田中姿子のブログでの報告によると、21点の1セットマッチで行なわれたプール戦を2戦2勝で突破した2人は、決勝トーナメントの初戦で香港ペアに勝ち、2回戦で中国ペアと対戦。この試合は1セット目を落としたところで相手が棄権したため、準決勝に進むことができました。

カザフスタンペアとの準決勝は0-2で敗れ、3位決定戦に回り、タイペアを2-1で下して3位となったとのことです。

今週は、同じ中国の三亜に移動し、ワールドツアー中国大会を戦っています。

山田幸代が所属するNLC SCHERZOが西日本リーグ優勝!30日は全日本準決勝
[ラクロス:第17回西日本女子クラブチームラクロスリーグ 決勝戦]
◇10月24日(日) ◇堺市北区・金岡公園陸上競技場

ラクロスの西日本女子クラブリーグの決勝が行なわれ、山田幸代が所属するNLC SCHERZO(リーグ戦1位)は、Crazy Scorpions(同2位)と対戦し、9-5で勝利。西日本リーグ1位で、全日本クラブ選手権出場を決めました。

全日本クラブ選手権の準決勝は、10月30日(土)、大阪の舞洲運動広場球技場に東日本2位のSibyllaを迎えて行なわれます。

JAPAN CUPオープン女子の部で、片山梨絵が2位!ロード日本一には届かず
[自転車ロードレース:JAPAN CUP CYCLE ROAD RACEオープン女子]
◇10月23日(土) ◇栃木県宇都宮市・森林公園周回コース

宇都宮で行なわれたJAPAN CUPオープン女子の部に片山梨絵(SPECIALIZED)が出場しました。

14.1kmのコースを3周する42.3kmで争われたレースで、2周目から仕掛けた片山梨絵でしたが、レース2日前から発熱し、当日も腹痛に悩まされ、体調が万全ではないこともあり、最後の上りで優勝した西加南子選手(LUMINARIA)に抜かれ、3秒差の2位でフィニッシュしました。

片山はレースを振り返り、「コンディショニングもレース展開も全て合わせて『実力』。シーズンを通して疲れていることを痛感した。今シーズン最後で最大のレースであるアジア大会まで1ヶ月を切っている。驕らず焦らず怠けずに、しっかり調子をあげていきます。応援にきてくれたみんなと勝利を喜べなかったのが非常に残念です。これに懲りずに引き続き応援よろしくお願いいたします!」とコメントしています。

マスターズGCレディースに出場した藤田幸希は最終日3アンダーで回り7位タイ
[女子ゴルフ:マスターズGCレディース]
◇10月22日(金)〜24日(日) ◇兵庫県三木市・マスターズゴルフ倶楽部
マスターズGCレディースに出場した藤田幸希は最終日3アンダーで回り7位タイ

マスターズGCレディースに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、イーブンパー17位タイで迎えた最終日、5バーディ2ボギーの69で回って7位タイまで順位を上げ、トーナメントを終えました。

北田瑠衣は、初日2日とスコアを伸ばせず、最終日に進むことはできませんでした。

ブンデスリーガ2部ラングバイトの梅村礼は3勝で、チームの開幕3連勝に貢献
[卓球:ブンデスリーガ2部 10-11 第3節]
◇10月23日(土) ◇ドイツ/ラングバイト

ブンデスリーガ2部ラングバイトに所属する梅村礼は、第3節ホームでのケムニッツ戦に出場し、ダブルスで1勝シングルスで2勝の計3勝をあげ、チームの6-3での勝利に貢献しました。これでラングバイトは開幕から3連勝です。

本人がブログで試合を振り返っていますので、ぜひお読みください。
梅村礼オフィシャルブログ「AYAS TAGEBUCH」を読む

◇梅村の試合結果◇
10月23日 ○6-3 vs ケムニッツ
第1ダブルス ○ 3(11:3,10:12,11:3,11:8)1
第1シングルス ○ 3(11:5,12:10,10:12,12:10)1
第5シングルス ○ 3(11:5,11:6,8:11,7:11,12:10)2

ゆめ半島 千葉大会、京谷和幸が所属する千葉県チームは愛知県に敗れ初戦敗退
[車椅子バスケットボール:ゆめ半島 千葉大会]
◇10月23日(土)、24日(日) ◇千葉県船橋市・船橋市運動公園体育館

第10回全国障害者スポーツ大会「ゆめ半島 千葉大会」が開催され、地元千葉県チームの一員として京谷和幸が出場しました。

初戦で愛知県と対戦した千葉県は、前半で18点と大きくリードを奪われ、後半一時は5点差まで詰め寄る粘りは見せましたが、55-66で敗れ、初戦敗退となりました。京谷は、スリーポイントシュートを2本決めるなど、12得点をあげる活躍を見せました。

なお、翌日に行なわれた高知県との交流試合には、67-46で勝利しています。また、優勝したのは、初戦で千葉県を破った愛知県でした。

試合については、本人がブログで振り返っていますので、そちらもご覧下さい。 ⇒京谷和幸オフィシャルブログ「Kyoya Style」を読む

伊藤美誠が静岡県予選突破!1月の全日本選手権一般の部に出場します!
[卓球:平成22年度全日本卓球選手権大会静岡県予選会]
◇10月24日(日) ◇浜松市南区・可美公園総合センター

全日本選手権静岡県予選一般の部に出場した伊藤美誠(豊田町卓球スポーツ少年団)は、3勝を上げて、見事予選を通過し、本大会の出場を決めました。昨年度はジュニアの部の出場で、一般の部は初出場となります(ジュニアの部も出場決定)。

1月に行なわれる本大会で、勝てば、全日本選手権一般の部での史上最年少勝利となる1勝を目指します。

■10月20日更新
全日本最終戦兼世界シリーズ最終戦で佐々木元が優勝!世界ランキング2位!!
[BMXフラットランド:全日本選手権第3戦 KING OF GROUND final]
◇10月17日(日) ◇横浜市中区・横浜港 大桟橋国際客船ターミナル 大桟橋ホール
全日本最終戦兼世界シリーズ最終戦で佐々木元が優勝!世界ランキング2位!!

BMXフラットランドの全日本選手権最終戦と、ワールドサーキットのポイント獲得大会の最終戦という位置づけで開催されたKING OF GROUND finalのプロクラスには、14名のワールドシリーズポイントを持つ海外ライダーを含む40名が出場し、技を競いました。

この大会前の時点で日本ランク1位、世界ランク5位と好位置につけていた佐々木元は、予選を6位で通過し、9人しか出場出来ない決勝トーナメントに進出しました。

決勝トーナメントの初戦は、9人が3つのグループに分かれ、各グループから1名が決勝に進出できます。佐々木元が入ったAグループは、過去2年のワールドサーキット年間シリーズランキング1位であり、この時点で世界ランク2位のマティアス・ダンドワ(フランス)と森永智和のグループ。マティアスは、予選も1位通過している強敵でしたが、5人のジャッジ全員が佐々木元を支持する圧勝で決勝進出を決めました。

決勝は大会前時点で世界ランク1位のビッキー・ゴメス(スペイン)、同6位のドミニク・ニコルニイ(チェコ)、そして同5位の佐々木元。技を完全にメイクするか足を着いたら次の選手に交代するという5分間の緊張感あるバトルで、最初にメイクして精神的優位に立ったのは佐々木元でした。ビッキーの華麗なスピンもドミニクのテクニカルなトリックも焦りからか、わずかに乱れます。

そして、3人並んで後ろ手に渡されたメダルを掲げるという独特の順位発表方法により、金メダルを手にしていたのは、佐々木元!(2位はビッキー・ゴメス、3位ドミニク・ニコルニイ)。大会の優勝と同時に2010年の日本ランキング1位と世界ランキング2位を確定させました。

大会のダイジェスト動画が佐々木元オフィシャルサイトにアップされています。佐々木以外のランの様子も収録されていますので、、ぜひ一度ご覧ください。
佐々木元オフィシャルサイトで動画を見る

大会翌日、本人は次のようにコメントしています。
「今回の最終戦は特に人数も多く、総勢40名のプロライダーの中から決勝に残る自信がありませんでした。最終戦を残し年間ランキング1位というのは一昨年と同じ状況ですが、こんなにも大会がこわいものだとは思わなかったです。トラウマからなのか予選で足が震えミスを重ね、手も震えてきた時に、今年の1月の世界戦で負けて反省した事が頭に浮かびました。今までの敗戦が自分の力になり、何とか予選を通過できました。
予選で敗れる恐怖から一転、勝ち上がった喜びでそこからはもう皆の声援しか頭に残っていません。たくさんの仲間やファンの方々からのメッセージで、1日たった今ようやく実感がわいてきました。夢がかなった瞬間が日本だったこと、仲間と一緒だったことがとても嬉しいです。世界ランキングで2位だったことは悔しいという気持ちより、また世界一を目指して頑張れると思うと嬉しくてたまりません。来年も全力で頑張ります。一年間、応援ありがとうございました」

全日本ソフトテニス選手権大会で、上原・平田ペアはベスト4進出、3位!
[ソフトテニス:第65回天皇賜杯・皇后賜杯 全日本ソフトテニス選手権大会」
◇10月15日(金)〜17日(日) ◇徳島県徳島市・大神子テニスセンター
全日本ソフトテニス選手権大会で、上原・平田ペアはベスト4進出、3位!

ソフトテニスの全日本選手権に出場した上原絵里平田清乃ペア(ナガセケンコー)は、2回戦からの5試合で3ゲームしか落とさずに勝ち進みベスト4に進出しました。

迎えた佐々木舞・大庭彩加ペア(NTT西日本広島)との準決勝では、2-1と序盤リードしたものの4ゲーム目と5ゲーム目で、5-7、6-8と接戦を落として流れが変わり、そのまま4ゲームを連取され、2-5で敗れ、惜しくも3位で大会を終えました。

◇試合結果◇
2回戦   ○ 5-1 vs 吉村優希・柳原百恵(高田商業高校)
3回戦   ○ 5-1 vs 井口恵里・山下尚子(スマッシュイグチ)
4回戦   ○ 5-0 vs 森田奈緒・松家梓(広島翔洋高校)
5回戦   ○ 5-0 vs 柏原香澄・野田祥代(神戸松蔭女子学院大学)
準々決勝 ○ 5-1 vs 柴崎由佳・嘉数美玖(東芝姫路)
準決勝  ● 2-5 vs 佐々木舞・大庭彩加(NTT西日本広島)

田中・溝江ペアの国内最終戦は準決勝で敗れるも、3位決定戦は貫禄の勝利
[ビーチバレー:JBVツアー2010第8戦ペボニアビーチバレーファミリーオ館山カップ]
◇10月14日(木)〜17日(日) ◇千葉県館山市・ファミリーオ館山
田中・溝江ペアの国内最終戦は準決勝で敗れるも、3位決定戦は貫禄の勝利

ビーチバレーの国内ツアー最終戦ペボニア ビーチバレー ファミリーオ館山カップが開催され、前の週に年間ランキング1位を確定させた田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、1回戦でフルセットの末退けた駒田順子(ポイント)・菅山かおる(WINDS)ペアと準決勝で再び対戦し、まさかのストレート負けを喫しました。

3位決定戦では、危なげないプレーで浦田聖子・西堀健実ペアを下し、3位で国内最終戦を終えました。

今週からはアジア選手権、ワールドツアー、アジア大会と、国内で培った力を国際舞台で発揮すべく、主に中国で試合に臨みます。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
1回戦 ○ 2(21-13,24-26,15-7)1 vs 駒田順子・菅山かおる
2回戦 ○ 2(21-19,21-19)0 vs 浦田聖子・西堀健実
準決勝● 0(18-21,16-21)2 vs 駒田順子・菅山かおる
3位決定戦 ○ 2(21-16,21-15)0 vs 浦田聖子・西堀健実

富士通レディースに出場した藤田幸希は10位タイ、北田瑠衣は38位タイ
[女子ゴルフ:富士通レディース2010]
◇10月15日(金)〜17日(日) ◇千葉市緑区・東急セブンハンドレッドクラブ西コース

富士通レディース2010に出場した藤田幸希(TOSHIN)は、4アンダー11位タイで迎えた最終日、やや出入りの激しいゴルフながらも6バーディ3ボギーとスコアを伸ばし、7アンダー10位タイでトーナメントを終えました。

北田瑠衣は、藤田と同じく4アンダー11位タイで最終日を迎えましたが、1バーディ6ボギーとスコアを崩し、通算1オーバー38位タイとなりました。

■10月14日更新
上山容弘がトランポリンのワールドカップドイツ大会で、個人・シンクロの2冠!
[トランポリン:ワールドカップ ドイツ大会]
◇10月8日(金)、9日(土) ◇ドイツ/ザルツギッター
上山容弘がトランポリンのワールドカップドイツ大会で、個人・シンクロの2冠!

上山容弘(インテリジェンス)が、ワールドカップの個人で2006年以来4年ぶりに優勝しました。

予選を72.40点(31.20、41.20)で3位通過した上山は、決勝で42.40点をマークし、同じ日本の伊藤正樹選手(金澤学院大学クラブ)を0.1点抑え優勝しました。

また、個人決勝と同じ日に予選と決勝が行なわれたシンクロでは、同い年の坂本鷹志選手(日本体育大学)とのペアで見事に優勝!個人との2冠を達成しました。なお、シンクロ予選では難度点17.00の演技を成功させ、難度点のワールドレコードを更新しました。

上山は自身のブログで、優勝の報告をしていて「来月の世界選手権に向けて今大会は大きな励みになりました。世界選手権に向けて今の調子を維持出来るように精一杯練習したいと思います」と結んでいます。

世界選手権は、11月11日から13日まで、フランスのメスで開催されます。

山田幸代が南オーストラリア州代表として活躍。オーストラリアNO.1に貢献!
[ラクロス:ALA Men's and Women's Senior National Championships 2010]
◇10月3日(日)〜9日(土) ◇オーストラリア/ヴィクトリア州フッツクレー
山田幸代が南オーストラリア州代表として活躍。オーストラリアNO.1に貢献!

シーズンの活躍が認められ、南オーストラリア州代表に選出された山田幸代は、州代表同士が対戦しオーストラリアNO.1を決めるオーストラリアの国内チャンピオンシップに出場しました。

山田が所属する南オーストラリア州代表チームは、リーグ戦で、ヴィクトリア州に16-8、U-19代表チームに20-8で勝利しましたが、西オーストラリア州には8-11で敗れ、2勝1敗の2位で準決勝に進出しました。

ヴィクトリア州との準決勝は、14-6で勝利。西オーストラリア州との再戦が実現した決勝では、南オーストラリア州代表が11-10で勝利し、見事に優勝しました。

山田個人は、決勝で3得点1アシスト4ルーズボールという成績だったとブログで報告していて、「大切な場面でいいDFができたことが何よりもうれしかったです」と自分のプレーを振り返っています。ブログにはチームメイトやチームスタッフとの写真もたくさんアップされていますので、ぜひご覧ください。

JBVツアー川崎市長杯で田中・溝江ペアがツアー4勝目!失セット0の完全V達成!
[ビーチバレー:JBVツアー2010第7戦ファイテンビーチバレー川崎市長杯]
◇10月7日(木)〜10日(日) ◇川崎市川崎区・川崎マリエンビーチバレーコート
JBVツアー川崎市長杯で田中・溝江ペアがツアー4勝目!失セット0の完全V達成!

川崎マリエンビーチで開催されたビーチバレーの国内ツアー川崎市長杯で、田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアが1回戦から1セットも落とさずに決勝までの4試合に勝利し、完全優勝を成し遂げました。

決勝戦では、ツアー初の決勝進出を果たした浅尾美和・草野歩(ともにエスワン)ペアを相手に、田中の巧みなサーブで相手を崩し、成長著しい溝江選手がコースを狙ったショットを決めて得点を重ね、強さを見せ付けて勝利しました。

なお、この大会を終え国内ツアーをあと1戦残してはいますが、田中・溝江ペアが年間ツアーポイント1位を確定させています。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
1回戦 ○ 2(21-18,21-15)0 vs 駒田順子・菅山かおる
2回戦 ○ 2(21-19,21-06)0 vs 山田寿子・幅口絵里香
準決勝○ 2(21-14,21-17)0 vs 楠原千秋・三木庸子
決勝  ○ 2(21-16,21-08)0 vs 浅尾美和・草野歩

片山梨絵がジャパンシリーズ最終戦も圧勝V!コンディション不良も納得の走り
[MTB:ジャパンシリーズ最終戦 石川白山瀬女高原大会 クロスカントリー第6戦]
◇10月10日(日) ◇石川県白山市・石川白山瀬女高原
片山梨絵がジャパンシリーズ最終戦も圧勝V!コンディション不良も納得の走り

アジア選手権2位から10日余り、片山梨絵(SPECIALIZED)がジャパンシリーズ最終戦に出場し、2位に5分50秒の差を付け優勝しました。

本人のブログでの報告によれば、アジア選手権という大きな大会後ということで、コンディションはあまり良くなかったようですが、「今回はダンシングの練習をしたかったので、なるべく要所要所でダンシングを入れていく」と課題を持ってレースに臨み、本人としても納得の行くタイムでのゴールとなったようです。

今シーズンは、W杯を転戦したため、国内最高峰のジャパンシリーズには3戦しか出場できず、年間ポイントでは7位ということになりましたが、出場した3戦はすべて圧倒的な強さで優勝しており、不動の女王の地位は揺るぎませんでした。

アジアチャンピオンを狙うアジア大会のマウンテンバイククロスカントリーは、11月18日(木)に予定されています。

廣道純が岡山吉備高原車いすレース2年連続2位も、1分17秒縮めてのゴール
[第23回岡山吉備高原車いすふれあいロードレース:ハーフマラソン]
◇10月10日(日) ◇吉備中央町・吉備高原都市
廣道純が岡山吉備高原車いすレース2年連続2位も、1分17秒縮めてのゴール

岡山吉備高原車いすふれあいロードレースのハーフマラソンの部に出場した廣道純は、2年連続の2位でゴールしています。

ブログでの本人の報告によれば、スタート直後に飛び出しましたが、坂道で上り得意の洞ノ上浩太選手に掴まりリードを許し、4分19秒差の51分34秒でゴールしたそうです。なお、このゴールタイムは同じく2位だった昨年よりも1分17秒速いタイムでした。

梅村礼所属のブンデスリーガ2部ラングバイトが、バイヤンダービー制す
[卓球:ブンデスリーガ2部 10-11 第2節]
◇10月9日(土) ◇ドイツ

ブンデスリーガ2部ラングバイトに所属する梅村礼は、第2節アウェイでのヴェンデルシュタイン戦に出場し、ダブルスで1勝シングルスで1勝(1敗)の2勝をあげチームの6-3の勝利に貢献しました。これでラングバイトは開幕から2連勝です。

本人が、ブログで同じバイエルン州のチーム同士だったため「火花バチバチ??」だったと試合を振り返っています。

◇梅村の試合結果◇
10月9日 ○6-3 vs ヴェンデルシュタイン
第1ダブルス  ○ 3(11:4,16:14,11:7)0
第2シングルス ● 0(10:12,9:11,5:11)3
第5シングルス ○ 3(11:9,11:8,11:4)0

SANKYOレディースオープン最終日、北田瑠衣は69で回って単独6位フィニッシュ
[女子ゴルフ:SANKYOレディースオープン]
◇10月8日(金)〜10月10日(日) ◇群馬県高崎市・吉井カントリークラブ

SANKYOレディースオープンに出場した北田瑠衣は、13位タイで迎えた最終日に、5バーディ2ボギーとスコアを伸ばし、単独6位でトーナメントを終えました。

藤田幸希(TOSHIN)は、29位タイで最終日を迎え、3バーディ3ボギーのイーブンパーで回り、24位タイの成績でした。

湘南ベルマーレ女子ソフトボールチームは最終節悔しい3連敗でリーグ戦終了
[女子ソフトボール:2部リーグ ホープセクション第5節]
◇10月9日(金)〜11日(月祝) ◇佐賀県佐賀市・佐賀市健康センター

ソフトボール女子2部リーグホープセクションの湘南ベルマーレ女子ソフトボールチーム(監督:安藤美佐子)は、最終節3試合を戦い、残念ながら3連敗に終わりました。

湘南ベルマーレは通算5勝9敗の6位でリーグ戦の全日程を終えました。なお、各試合のスコアは以下の通りです。

◇試合結果◇
10月9日(土)          計
湘南ベルマーレ 000 000 0 0
東海理化     304 140 X 12
10月10日(日)          計
湘南ベルマーレ 000 000 0 0
島根三洋電機  000 008 X 8
10月11日(月祝)        計
靜甲         020 004 0 6
湘南ベルマーレ 000 000 0 0

■10月6日更新
JBVツアー宮崎大会でツアー3連覇を狙った田中・溝江ペアは決勝で惜敗、準V
[ビーチバレー:JBVツアー2010第6戦 ファイテンビーチバレー霧島酒造オープン]
◇10月1日(金)〜3日(日) ◇宮崎県都城市・霧島ファクトリーガーデン
JBVツアー宮崎大会でツアー3連覇を狙った田中・溝江ペアは決勝で惜敗、準V

宮崎県都城市で開催されたビーチバレーの国内ツアーの第6戦にツアー2連勝で臨んだ田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、負けなしで決勝戦まで進みましたが、浦田・西堀ペアとの決勝は3セットとも1点を争う接戦の末、惜しくも敗れ、準優勝に終わりました。

国内ツアーはあと2戦、まずは第7戦川崎市長杯で、ツアーランキング1位を確定させ、ツアー4勝目を狙います。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
プール戦#1 ○ 2(21-13,21-16)0 vs 渡邉桂・松村美由紀
プール戦#2 ○ 2(21-16,21-12)0 vs 浅尾美和・草野歩
プール戦#3 ○ 2(21-19,23-21)0 vs 楠原千秋・三木庸子
準決勝  ○ 2(11-21,24-22,15-7)1 vs 尾崎睦・金田洋世
決勝    ● 1(19-21,26-24,15-17)2 vs 浦田聖子・西堀健実

国体の山岳競技で、尾川智子の宮城県チームはボルダリング3位、リード2位!
[ゆめ半島 千葉国体:山岳競技・成年女子]
◇10月2〜4日(土〜月) ◇千葉県印西市・印西市松山下公園総合体育館
国体の山岳競技で、尾川智子の宮城県チームはボルダリング3位、リード2位!

千葉国体の山岳競技が、印西市の会場で行なわれ、尾川智子と宮澤恵里子選手が出場した宮城県成年女子は、ボルダリング3位、リード2位という結果でした。

ボルダリングは、3位通過で進んだ決勝の第1ラウンドはトップ通過だったものの、2ラウンドを終えて3位という結果に、尾川は「今までの国体の中で一番悔しい」と言って肩を落としてました。

しかし、その悔しさを胸に臨んだリードでの2位という結果には、「ボルダーの悔しさもあり、かなり力も出し切ったので、不得意なリードで2位という結果には良かったと思います」と納得のコメントをブログに綴っています。

試合の様子は、本人がブログに詳しくレポートし、動画もアップしていますので、ぜひご覧下さい。⇒ ボルダリング競技のレポート、 ⇒ リード競技のレポート

ブンデスリーガ2部ラングバイトの梅村礼は、開幕戦3戦全勝で、勝利に貢献
[卓球:ブンデスリーガ2部 10-11 開幕節]
◇10月3日(日) ◇ドイツ/ラングバイト

ブンデスリーガ2部ラングバイトに所属する梅村礼の2010-11シーズンは、ホームのザールブリュッケン戦で開幕、ダブルスで1勝シングルスで2勝を挙げ、チームの勝利(6-3)に貢献し、1部昇格に向け幸先のよいスタートを切りました。

本人は、ブログで「やっと開幕」と題し、接戦となった開幕戦を振り返っています。

◇梅村の試合結果◇
10月3日 ○6-3 vs ザールブリュッケン
第2ダブルス ○ 3(11:8,11:7,11:5)0
第1シングルス ○ 3(8:11,11:4,11:6,11:2)1
第2シングルス ○ 3(11:8,11:6,11:5)0

日本女子オープンに出場した藤田幸希は36位タイ、北田瑠衣は50位タイ
[女子ゴルフ:日本女子オープンゴルフ選手権競技]
◇9月30日(木)〜10月3日(日) ◇茨城県坂東市・大利根カントリークラブ 東コース

日本女子オープンに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、初日から3日目までボギーが先行する苦しいゴルフで、47位タイで最終日を迎えました。最終日はバーディが先行しましたが、17番ホールのダブルボギーでイーブンパーに戻してしまい、4日間トータル12オーバーの36位タイで大会を終えました。

北田瑠衣は、初日7オーバー87位タイと大きく出遅れ、2日目なんとか予選通過ラインまで順位を上げて決勝ラウンドに進みましたが、3日目、最終日とも出入りの激しいゴルフでトータル16オーバー50位タイでトーナメントを終えています。

バレーボール世界選手権に出場した全日本男子は2次ラウンドで敗退
[2010男子バレーボール世界選手権]
◇9月25日(土)〜10月2日(土) ◇開催地:イタリア

イタリアで開催された男子バレーボール世界選手権に出場した全日本男子チーム(監督:植田辰哉)は、1次ラウンドを1勝2敗の3位で通過しましたが、2次ラウンドはフランス、アルゼンチンに連敗し、3次ラウンドへの進出はなりませんでした。

◇試合結果◇
1次ラウンド
9/25 ● 0(20-25,16-25,14-25)3 vs イタリア
9/26 ● 1(25-15,17-25,24-26,23-25)3 vs イラン
9/27 ○ 3(32-34,23-25,25-19,25-17,15-13)2 vs エジプト

2次ラウンド
10/1 ● 0(19-25,22-25,23-25)3 vs フランス
10/2 ● 1(22-25,25-16,14-25,19-25)3 vs アルゼンチン