「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2010年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■9月29日更新
JBVツアー呉オープンで田中・溝江ペアが敗者復活からV。ツアー連覇で3勝目!
[ビーチバレー:JBVツアー2010第5戦 ファイテンビーチバレー呉オープン] 
◇9月23日(木祝)〜26日(日) ◇広島県呉市・かるが浜海水浴場
JBVツアー呉オープンで田中・溝江ペアが敗者復活からV。ツアー連覇で3勝目!

ビーチバレーの国内ツアーの第5戦が、広島県呉市で開催され、第5戦のグランドスラム大会で優勝し、ランキングトップに立った田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアが優勝し、ツアー3勝目を上げました。

前の週に優勝したふくいカップでは対戦のなかった尾崎睦(湘南ベルマーレ)・金田洋世(上越マリンブリーズ)ペアと2回戦で対戦しストレート負けを喫した田中・溝江ペアは、敗者復活戦に回って決勝まで進出し、再び尾崎・金田ペアと対戦しました。決勝は2セットともどちらに転んでもおかしくない試合となりましたが、粘りを発揮した田中・溝江ペアが最後には勝ち切って、ツアー連覇を果たしました。

優勝後に更新したブログで田中は、「もっと強く・うまくなれるようにもっともっと頑張ろうと思う」とコメントし、まだまだ上を目指しています。

国内ツアーは残り3戦。進化する田中・溝江ペアの活躍にご注目ください。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
1回戦 ○ 2(21-17,21-9)0 vs 浦田・中村
2回戦 ● 0(12-21,17-21)2 vs 尾崎・金田
敗者復活5位決定戦 ○ 2(19-21,21-17,16-14)1 vs 浅尾・草野
準決勝 ○ 2(22-20,21-16)0 楠原・三木
決勝   ○ 2(23-21,21-19)0 vs 尾崎・金田

アジア選手権はRen選手(中国)から3分14秒差の2位でゴール!
[MTB:アジアマウンテンバイク選手権 クロスカントリー女子エリート]
◇9月29日(水) ◇韓国/チェチョン
アジア選手権はRen選手(中国)から3分14秒差の2位でゴール!

韓国で開催されたアジアマウンテンバイク選手権のクロスカントリー女子エリートに出場した片山梨絵(SPECIALIZED)は、中国のレン選手に続く2位でフィニッシュしました。

片山が自身のブログにレースのレポートを詳しく上げていますが、スタートで、ライバルで優勝した中国のRen選手との間に2人入られてしまい、後手を踏んだようです。その後2人は抜いたものの、レン選手にはタイム差をつけられ、3分14秒差の2位でのフィニッシュとなりました。11月のアジア大会でレン選手と再戦できるはずで、「強くなって、また挑もう」と、結んでいます。

北田瑠衣は単独トップで最終日を迎えるも序盤に乱れ優勝はならず4位タイ
[女子ゴルフ:ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント]
◇9月24〜26日(金〜日) ◇宮城県利府町・利府ゴルフ倶楽部
北田瑠衣は単独トップで最終日を迎えるも序盤に乱れ優勝はならず4位タイ

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンに出場した北田瑠衣は、2日目を終えて2位と1打差の4アンダー単独トップで最終日を迎えましたが、1番でボギー、3番でトリプルボギーと序盤でつまずいてしまい、18ホールを終えて通算2アンダー4位タイに終わり、残念ながら今季2勝目はなりませんでした。

日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯で優勝し、1週休んでの出場となった藤田幸希(TOSHIN)は、11位タイでスタートした最終日にスコアを4つ落としてしまい、トータル4オーバー24位タイでトーナメントを終えました。

今週は、公式戦、日本女子オープンゴルフ選手権競技が開催されます。

全国車いすマラソン大会のハーフマラソンで廣道純が独走で優勝!
[第22回全国車いすマラソン大会]
◇9月26日(日) ◇兵庫県篠山市・篠山城跡マラソンコース

篠山城跡マラソンコースで行なわれた全国車いすマラソン大会のハーフマラソンの部に出場した廣道純は、45分48秒、2位に2分以上の差をつける独走で優勝。昨年、パンクによりリタイヤという無念を晴らしました。

上山容弘はW杯ポルトガル大会で予選4位通過も決勝は得点伸びず7位
[トランポリン:ワールドカップ ポルトガル大会]
◇9月24.25日(金.土) ◇ポルトガル/ローレ

上山容弘(インテリジェンス)が、トランポリンのワールドカップポルトガル大会に出場しました。予選を72.90点(30.80、42.10)で4位通過した上山は、決勝では難度点を16.20から16.60に上げて臨みましたが、得点が伸びず、40.70点で7位となりました。

次戦は10月8日に個人予選が行なわれるワールドカップドイツ大会となります。

■9月22日更新
ふくいカップ グランドスラム高浜大会で田中・溝江ペアがツアー2勝目!
[ビーチバレー:ふくいカップ JBVグランドスラム高浜大会] 
◇9月18日(金)〜20日(日) ◇福井県高浜町・若狭和田海水浴場
ふくいカップ グランドスラム高浜大会で田中・溝江ペアがツアー2勝目!

通常のJBVツアーの倍にあたる16チームが参加し、優勝賞金も倍となるふくいカップ グランドスラム高浜大会が開催され、田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)が5試合戦って全勝し、見事にツアー2勝目を上げました。

2回戦で勝利した浦田聖子・西堀健実ペアと準決勝で、3回戦で勝利した楠原千秋・三木庸子ペアと決勝で当たるという敗者復活方式ならではの組み合わせとなりましたが、2度ともきっちり退けて、全勝で優勝を決めました。

田中は優勝後に更新したブログで「愛知大会以来の久しぶりの優勝・・嬉しいの一言!が、しかしまだまだこれから頑張ります!!」とコメントしています。

なお、この優勝により、田中・溝江ペアは、JBVツアーランキングでもトップに立っています。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
1回戦 ○ 2(21-10,21-16)0 vs 村上・周藤
2回戦 ○ 2(12-21,21-17,15-9)1 vs 浦田・西堀
3回戦 ○ 2(21-17,21-14)0 vs 楠原・三木
準決勝○ 2(21-19,21-18)0 浦田・西堀
決勝 ○ 2(17-21,21-16,17-15)1 vs 楠原・三木

片山梨絵がアジア選手権前の国内戦で圧勝V! 富士見パノラマ大会春秋制覇!
[MTB:ジャパンシリーズ富士見パノラマ大会(秋)クロスカントリー第5戦]
◇9月20日(月祝) ◇長野県富士見町・富士見パノラマリゾート
片山梨絵がアジア選手権前の国内戦で圧勝V! 富士見パノラマ大会春秋制覇!

アジア選手権を来週に控える片山梨絵(SPECIALIZED)がジャパンシリーズに出場しました。1周4.55kmを5周回する22.75kmのレースを独走で駆け抜け、2位の矢沢むつみ選手に2分55秒55の差をつけて優勝しました。(タイム:1時間29分49秒89 平均時速15.1km)

優勝を狙うアジア選手権は、韓国のチェチョンで、29日(水)14時30分にスタートします。

マンシングウェアレディースで北田瑠衣はトータル3アンダー28位タイ
[女子ゴルフ:マンシングウェアレディース東海クラシック]
◇9月17〜19日(金〜日) ◇愛知県美浜町・南愛知カントリークラブ 美浜コース

マンシングウェアレディースに出場した北田瑠衣は、1アンダー34位タイで迎えた最終日、3バーディ1ボギーで回ってトータル3アンダー28位タイに順位を上げ、トーナメントを終えました。

山田幸代が所属するNLC SCHERZOは全勝1位で西日本リーグ決勝へ!
[ラクロス:第17回西日本女子クラブチームラクロスリーグ戦]
◇9月18日(土) ◇京都市左京区・宝が池公園球技場

オーストラリアから一時帰国した山田幸代は、今年初の西日本リーグ戦に出場し1得点。チームのNLC SCHERZOは15-1の大差でCrazy Scorpionsを下し、全勝で西日本リーグの決勝戦進出を決めました。

試合後、山田は自身のブログで、勝利を報告し、「個人成績は1得点でしたが、みんなのPlayも試合を通して覚えて来たので、また来月帰って来てからが楽しみです」とコメントしています。

なお、西日本リーグの決勝は、10月24日に大阪府堺市の金岡公園陸上競技場で行なわれます。

■9月15日更新
藤田幸希が念願の国内メジャー初制覇!初日から安定したゴルフで頂点に!
[女子ゴルフ:第43回日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯]
◇9月9〜12日(木〜日) ◇奈良県吉野町・グランデージゴルフ倶楽部
藤田幸希が念願の国内メジャー初制覇!初日から安定したゴルフで頂点に!

女子プロゴルフの公式戦、日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯で、藤田幸希(TOSHIN)が2位に4打差をつけ優勝、女子プロゴルファーの頂点に立ちました。

初日、5バーディノーボギー67のスコアで単独2位と上々のスタートを切った藤田は、2日目も5バーディ1ボギーで回って、2位に4打差の首位に立つと、リードを保ったまま3日目も終えました。そして最終日、同じ最終組で回ったニッキー・キャンベル選手に、一時2打差まで詰め寄られましたが、藤田は最後までペースを崩さず、2打差のまま迎えた18番ホールで、バーディパットを沈め、優勝を決めました。藤田のツアー優勝は、2008年のゴルフ5レディス以来2年ぶり4回目、メジャー大会は初制覇となりました。

優勝直後のインタビューで、「いろいろな支えがありました。友人であり、両親であり。すごく応援してくれていた方が今年の初めに亡くなってしまって、優勝したら絶対にその人のことを言って、感謝の気持ちを伝えたいなとずっと思っていたので、やっとそうすることができて良かったです。こんなに伝統のある大会で優勝するってことは、今までの辛かった分も吹き飛ばしてくれたので、本当に良かったです」と、喜びを語りました。

同トーナメントに出場した北田瑠衣は、2日目にベストスコアをマークし4位タイまで順位を上げましたが、決勝ラウンドは2日とも1オーバーでスコアを伸ばせず、トータル2アンダー10位タイで大会を終えました。

また、小俣奈三香(アコーディア・ゴルフ)は、予選通過ラインの57位タイで決勝ラウンドに進むと、3日目をイーブンパーで終え、最終日は2アンダーとスコアを伸ばし、25位タイでトーナメントを終えました。

Chuncheon 2010 World Leisure CupのBMX FLATLANDで佐々木元が準優勝!
[BMX FLATLAND:Chuncheon 2010 World Leisure Cup]
◇9月4日(土)、5日(日) ◇韓国/チュンチョン市スケートパーク
Chuncheon 2010 World Leisure CupのBMX FLATLANDで佐々木元が準優勝!

エクストリームスポーツの総合大会「Chuncheon 2010 World Leisure Cup」が韓国のチュンチョン市で開催され、BMX FLATLANDに出場した佐々木元が、準優勝の成績を収めました!

日本からの46人を含む世界のトップライダーが参加した大会で、佐々木は「海外の大会では初めて」という予選1位通過を果たすと、天候の関係で苦手な斜度のある場所でのランとなった決勝ラウンドでもしっかり勝ち進み、決勝進出を果たしました。

決勝の相手はマティアス・ダンドワ選手で、5月にフランスで行なわれたワールドサーキットの再戦となりましたが、惜しくも雪辱はならず、準優勝となりました。

大会の様子は、佐々木元オフィシャルブログに本人によるレポートがありますので、ぜひご覧下さい。

佐々木は現在、ワールドランキングで5位、日本ランキング1位となっています。

WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチで、菊地奈々子は王座奪取ならず
[ボクシング:WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチ]
◇9月13日(月) ◇東京都文京区・後楽園ホール
WBC女子世界ミニフライ級タイトルマッチで、菊地奈々子は王座奪取ならず

元WBCストロー級王者の菊地奈々子(白井・具志堅スポーツジム)が、WBC女子世界ミニフライ級王者のアナベル・オルティス(メキシコ)を相手に、プロ認可後2度目となる世界タイトルに挑戦しました。

菊地は、試合開始から積極的に攻撃に出ましたが、テクニックに勝るチャンピオンの効果的なカウンターを受け、試合を優位に進めることができませんでした。4R後の採点公表でリードされ、7R後の公表でもリードを広げられた菊地が勝利するには、相手を倒すしかなくなりましたが、決定打を浴びせることはできず、10Rを戦い切って0-3の判定で敗れました。

菊地は当日夜に更新したブログで、「応援していただいた皆様、私のボクシングに携わって頂いた皆様にとても感謝しております。今はボクシングに感謝の気持ちでいっぱいです。そして、ピースフルな心です。本当にどうもありがとうございました」と感謝の言葉を綴っています。なお、試合直後には、今後の活動についての明言を避けていますので、何か発表がありましたら、お伝えします。

鳥取さわやか車いすマラソンで、廣道純が36℃の暑さを克服し優勝!
[第22回鳥取さわやか車いすマラソン&湖山池ハーフマラソン]
◇9月12日(日) ◇コース:鳥取県鳥取市・コカ・コーラウエスト スポーツパーク及び周辺道路
鳥取さわやか車いすマラソンで、廣道純が36℃の暑さを克服し優勝!

鳥取さわやか車いすマラソン(ハーフマラソン)に出場した廣道純は、昨年の優勝タイムを1分以上縮める46分15秒のタイムでゴールし、見事に連覇を果たしました。

本人はブログで、「スタートからダッシュして自分との戦いでした。気温36℃のレースで、さすがに15km過ぎの給水では背中に水をかけてもらいましたが、暑さに弱いのにタイム的にも満足行く結果やと思います」と振り返っています。

■9月8日更新
全日本社会人ソフトテニス選手権大会で、平田清乃・上原絵里ペアが初優勝!
[ソフトテニス:第38回全日本社会人ソフトテニス選手権大会]
◇9月4日(土)〜5日(日) ◇さいたま市見沼区・堀崎公園テニスコート
東アジアホープス卓球交流合宿で、伊藤美誠が個人・団体ともに銀メダル

ソフトテニスの全日本社会人選手権に出場した平田清乃上原絵里ペア(ナガセケンコー)が、決勝戦で深澤昭恵・宮下愛未ペア(東芝姫路)をストレートで下し、見事に優勝しました!

2回戦からの出場となった平田・上原ペアは、7試合を戦い、落としたゲームはわずか4ゲームという強さで、初優勝を成し遂げました。

◇試合結果◇
2回戦  ○ 4-0 vs 名和泉(JR北海道)・滝本友希(PAL)
3回戦   ○ 4-0 vs 双木麻理・長田美保(所沢ペアート)
4回戦   ○ 4-0 vs 熊鳥祐子・前道香織(NTT西日本広島)
5回戦   ○ 4-2 vs 杉本瞳・森原可奈(東芝姫路)
準々決勝 ○ 4-1 vs 高橋由梨香・山下ひかる(山口県体育協会クラブ)
準決勝  ○ 4-1 vs 專c光理・山本彩加(NTT西日本広島)
決勝    ○ 4-0 vs 深澤昭恵・宮下愛未(東芝姫路)

なお、去る7月26日に、日本ソフトテニス連盟から発表があり、上原絵里が、11月13日〜19日に中国の広州で開催される第16回アジア競技大会の日本代表に選出されています。アジア大会での活躍にご期待ください。

MTBの世界選手権で片山梨絵はパンクのトラブルも自身最高の24位!
[MTB クロスカントリー:世界選手権]
◇9月1日(水)〜4日(土) ◇カナダ/ケベック州モンサンタン
MTBの世界選手権で片山梨絵はパンクのトラブルも自身最高の24位!

カナダのモンサンタンで開催されたマウンテンバイクの世界選手権で、片山梨絵(SPECIALIZED)は、クロスカントリー女子エリートの部に出場し、途中パンクのトラブルで2分ほどのタイムロスがありましたが、トップから10分39秒遅れの24位(出場67人)でゴールしました。

この順位は、昨年の世界選手権での25位を上回る自身最高順位です。また、ラップタイムでは、パンク前の周回で15位のタイムを出していて、確実に世界のトップ20に手が届くところに来ていることを証明しました。

レースを終えて、本人は片山梨絵オフィシャルブログに詳しいレースレポートが上げ、「ゴール後は調子良く走れた、出し切れたことが嬉しかった。しかし後になってレースアナリシス(ラップタイムや順位の変動)を見ると、TOP20入りのチャンスを逃したことが悔しくてたまらない。。。この気持ちを3週間後のアジア選手権、11月のアジア大会で金メダルを獲るためのエネルギーにしていこう!」とコメントしています。

アジア選手権は9月26日から韓国のチェチョンで開催されます。

女子ソフトボール2部第4節、湘南ベルマーレはチーム初の完封勝利などで2勝1敗
[女子ソフトボール:2部リーグ ホープセクション第4節]
◇9月3日(金)〜5日(日) ◇神奈川県厚木市・厚木市営及川球技場

ソフトボール女子2部リーグのホープセクションの湘南ベルマーレ女子ソフトボールチーム(監督:安藤美佐子)は、第4節の3試合を戦い、2勝1敗と勝ち越しました。

1日目の日立マクセル戦は点の取り合いの末惜しくも敗れましたが、2日目の甲賀医専戦は9回タイブレークにもつれる試合を見事に制し、最終日の日本ウェルネス戦では、連投の佐藤投手が踏ん張り、今シーズン初の完封勝利を飾りました。
湘南ベルマーレは通算5勝6敗の5位となっています。なお、各試合のスコアは以下の通りです。

◇試合結果◇
9月3日(金)           計
湘南ベルマーレ 020 020 0 4
日立マクセル  020 310 X 6
9月4日(土)             計
甲賀医専     000 010 000 1
湘南ベルマーレ 000 001 001X 2
9月5日(日)            計
日本ウェルネス  000 000 0 0
湘南ベルマーレ 100 010 X 2

ゴルフ5レディスで藤田幸希が9位タイ、北田瑠衣は26位タイ
[女子ゴルフ:ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント]
◇9月3日(金)〜5日(日) ◇岐阜県瑞浪市・みずなみカントリー倶楽部

ゴルフ5レディスに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、4アンダー16位タイで迎えた最終日に、5バーディ2ボギーと3つスコアを伸ばし、トータル7アンダー9位タイまで順位を上げ、トーナメントを終えました。

北田瑠衣は、1アンダー30位タイで迎えた最終日、ノーボギーで回って3つスコアを伸ばし、トータル4アンダー26位タイでホールアウトしました。

小俣奈三香(アコーディア・ゴルフ)は、初日4オーバーと出遅れたのが響き、予選落ちとなりました。