「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2010年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■9月1日更新
マウンテンバイクのW杯女子クロスカントリーで片山梨絵が自身最高の23位!
[MTB クロスカントリー:ワールドカップ女子クロスカントリー第6戦]
◇8月28日(土) ◇アメリカ/ウィンダム
マウンテンバイクのW杯女子クロスカントリーで片山梨絵が自身最高の23位!

アメリカでマウンテンバイクのワールドカップの最終戦、第6戦が開催され、今シーズン初めてワールドカップにフル参戦した片山梨絵(SPECIALIZED)は、自身最高順位の23位、アジアの選手ではトップでゴールしました。タイムはトップから9分21秒遅れの1時間49分09秒でした。

レースを終えた本人から、次のようなコメントが届いています。
「前回のワールドカップの後に行った野辺山合宿のおかげか、ウォーミングアップから脚が回っていました。1〜2周目で後ろに見えていた中国の選手を後半振り切れたことは、アジア大会に向けて自信になりました。アメリカでレースをしていたころの友達や、現地在住の日本人の方たちの応援が聞こえて、集中したレースができました!世界選手権に向けてよい弾みがついたので、この勢いにのって1週間を送りたいと思います。応援よろしくお願いします!」

片山は、世界選手権では、9月1日(水)の国別対抗チームリレーと、4日(土)のクロスカントリー女子エリートに出場します。

なお、片山梨絵オフィシャルブログにも、詳しいレースレポートが上がっていますので、ご覧下さい。

東アジアホープス卓球交流合宿で、伊藤美誠が個人・団体ともに銀メダル
[卓球:第19回東アジアホープス卓球交流合宿]
◇8月26日(木)〜27日(金) ◇大阪府立体育館
東アジアホープス卓球交流合宿で、伊藤美誠が個人・団体ともに銀メダル

大阪で行なわれた東アジアホープス卓球交流合宿に参加した伊藤美誠(豊田町卓球スポーツ少年団)は、日本Bチームの一員として団体戦に出場しました。

日本Bチームは、中国、香港、チャイニーズタイペイという厳しいグループを突破し、決勝に進出しました。決勝では、日本Aチームと対戦し、残念ながら敗れ、準優勝となりました。

シングルスでは、4人のグループリーグを1位通過すると、トーナメントも3試合連続で勝利し、決勝進出を果たしました。決勝では、日本の浜本由惟選手に1-3で敗れ、惜しくも準優勝となりました。

ニトリレディスに出場した北田瑠衣は、3日間安定したゴルフで9位タイ
[女子ゴルフ:ニトリレディスゴルフトーナメント]
◇8月27日(金)〜29日(日) ◇北海道苫小牧市・桂ゴルフ倶楽部
ニトリレディスに出場した北田瑠衣は、3日間安定したゴルフで9位タイ

ニトリレディスの初日、3アンダー7位タイと好スタートを切った北田瑠衣は、続く2日間も、1アンダーと安定したゴルフで、トータル5オーバー9位タイでトーナメントを終えました。

藤田幸希(TOSHIN)は、イーブンパー37位タイで迎えた最終日は、3バーディ4ボギーと、出入りの激しいゴルフで1つスコアを落とし、トータル1オーバー40位タイでホールアウトしました。

ワールドリーグ予選で全日本男子は、韓国に敗れ、来シーズンの参入ならず
[バレーボール:FIVBワールドリーグ2011予選 長野大会]
◇8月17.18日(火.水)、24.25日(火.水) ◇長野県長野市・ホワイトリング

ワールドリーグ2011の参入をかけて、植田辰哉監督率いるバレーボール全日本男子が、予選大会に出場しました。

第1ラウンドは、アフリカチャレンジャーのチュニジアと対戦し、2試合ともにストレートで破り、今シーズンのワールドリーグ16位で入れ替え戦に回った韓国との対戦を決めました。

迎えた、韓国との2試合は、どのセットもどちらが勝ってもおかしくない流れの中で、2試合ともに1-3と競り負けてしまい、残念ながら来シーズンのワールドリーグ参入はなりませんでした。

なお、男子全日本チームは、9月25日からイタリアで開催される世界選手権に出場します。

・予選第1次ラウンド
8月17日 日本 ○ 3(25-20,25-13,25-21)0 チュニジア
8月18日 日本 ○ 3(25-17,25-16,25-21)0 チュニジア

・予選第2次ラウンド
8月24日 日本 ● 1(20-25,25-20,27-29,21-25)3 韓国
8月25日 日本 ● 1(25-23,23-25,24-26,22-25)3 韓国

WTオランダ大会に出場した田中・溝江ペアは予選初戦でフルセットを戦い惜敗
[ビーチバレー:ワールドツアー オランダ大会] 
◇8月25日(水) ◇オランダ/デン・ハーグ

ビーチバレーのワールドツアーオランダ大会に出場した田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、ポーランド大会でストレート負けを喫したオーストラリアペアと対戦し、1セットは奪ったもののフルセットで敗れ、雪辱はなりませんでした。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
予選2回戦 ● 1(21-13,15-21,8-15)2 vs オーストラリアペア

■8月25日更新
山田幸代のオーストラリア3年目のシーズン終了。得点ランキングは4位タイ
[ラクロス:South Australia Women's State League 2010]
◇4月28日〜8月18日 ◇オーストラリア/アデレード
山田幸代のオーストラリア3年目のシーズン終了。得点ランキングは4位タイ

ラクロスのSouth Australia Women's State Leagueに挑戦している山田幸代が、オーストラリアでの3年目のシーズンを終えました。今シーズンも所属チームはWildernessで、チームはノーマルシーズンを5チーム中4位で終えると、18日、プレーオフの初戦でシーズン3位のBurnsideに12-16で惜しくも敗れ、最終順位4位でシーズンを終えました。

山田は、今シーズン、チーム内トップタイ、リーグ総合4位タイの30得点を上げ、チームに貢献しました。

自身のブログで今シーズンを振り返り、「今シーズンの働きがすばらしかったと、昨日の試合後に自分のコーチだけでなく、他のTEAMのコーチにも言って頂いたこと。とてもうれしかった」と、コメントしています。

ダイヤモンドリーグ チューリッヒ大会の1500mで廣道純は6位フィニッシュ
[車いす陸上:IAAF ダイヤモンドリーグ チューリッヒ大会]
◇8月19日(木) ◇スイス/チューリッヒ・Letzigrund Stadium
ダイヤモンドリーグ チューリッヒ大会の1500mで廣道純は6位フィニッシュ

IAAF(世界陸上競技連盟)が主催する最高峰の大会の中で、車いす1500mが招待レースとして設置され、8人の招待選手の1人に、廣道純が選出されました。

レースは、地元スイスのマルセル選手が圧倒的なスピードで独走し、3分1秒07のタイムでゴール。廣道は、マルセル選手追走のグループにつくことができず、第2追走グループでの走りとなり、3分24秒47の6位でのフィニッシュとなりました。

本人はブログで、「重いトラックでMax34km/h、800mの通過が1分34秒のマルセルは、ちょっと次元が違いました。何とかその次のグループで走らんとアカンかったけど、周回を重ねる毎にどんどん失速してしまった。重いトラックで修行しなおしやね」と、レースを振り返っています。

ビーチバレージャパンレディースで田中・溝江ペアは3位決定戦に敗れ4位
[ビーチバレージャパンレディース2010] 
◇8月19日(木)〜22日(日) ◇大阪府岬町・せんなん里海公園ビーチバレー競技場
ビーチバレージャパンレディースで田中・溝江ペアは3位決定戦に敗れ4位

推薦チームと各都道府県の代表が出場し日本一を争う、ビーチバレー女子の国内最大のトーナメントビーチバレージャパンレディース2010が今年も大阪のせんなん里海公園開催されました。

昨年、鈴木洋美とのペアでこの大会で優勝した田中姿子(エコ計画)は、今年ペアを組む溝江明香(産業能率大学)と出場し、3回戦で一度敗れ敗者復活に回ったものの、ベスト4まで勝ち進み4位となりました。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・ビーチバレージャパンレディース2010
1回戦 ○ 2(24-22,21-10)0 vs 上城・永田
2回戦 ○ 2(21-14,21-16)0 vs 浦田(景)・由比
3回戦 ● 0(22-24,15-21)2 vs 楠原・三木24-22,21-15
敗者復活9位決定戦 ○ 2(22-10,21-13)0 松村・渡邉
敗者復活7位決定戦 ○ 2(22-11,21-14)0 山田・幅口
敗者復活5位決定戦 ○ 2(25-23,21-13)0 駒田・菅山
準決勝   ● 0(17-21,16-21)2 vs 楠原・三木
3位決定戦 ● 0(17-21,19-21)2 vs 浦田(聖)・西堀

CAT Ladies 2010で、初日好スタートの藤田幸希は、12位タイ
[女子ゴルフ:CAT Ladies 2010]
◇8月20日(金)〜22日(日) ◇神奈川県箱根町・大箱根カントリークラブ

CAT Ladies 2010に出場した藤田幸希(TOSHIN)は、初日5バーディノーボギーで単独4位と好スタートを切ると、2日目はイーブンパー、最終日は出入りの激しいゴルフながら2アンダーと粘り、トータル7アンダー12位タイという成績でトーナメントを終えました。

なお、北田瑠衣は、予選通過ラインに1打届かず、今シーズン国内ツアーで2度目の予選落ちとなってしまいました。

■8月18日更新
片山梨絵が東京ヒルクライムNARIKIステージで優勝、シリーズの総合2連覇!
[自転車:第3回東京ヒルクライム NARIKIステージ]<br>
◇8月15日(日) ◇東京都青梅市・成木市民センター前面道路〜常盤林道終点
片山梨絵が東京ヒルクライムNARIKIステージで優勝、シリーズの総合2連覇!

東京ヒルクライムのNARIKIステージが開催され、片山梨絵(SPECIALIZED)が女子の部で見事に優勝しました。7月に行なわれたOKUTAMAステージと合わせ2年連続の総合優勝となりました。

レースは、昨年までとレギュレーションが変わり、最初の5kmはごく緩やかな上りで、残り5kmで430m上るという10kmのコースで争われました。片山は、2位に2分3秒の大差をつけ、300人以上が出場した男子の中でも13位に相当する27分09秒でフィニッシュしました。

レースの様子は、本人がブログで報告しています。ぜひご覧ください。

ビーチバレージャパンに出場した田中・溝江ペアは敗者復活2回戦で惜敗し5位
[ビーチバレー:MasterCardビーチバレージャパン] 
◇8月13日(金)〜15日(日) ◇神奈川県藤沢市・湘南 鵠沼海岸
ビーチバレージャパンに出場した田中・溝江ペアは敗者復活2回戦で惜敗し5位

ビーチバレーの国内大会、ビーチバレージャパンに出場した田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、1回戦で、楠原・三木ペアに敗れ、敗者復活戦に回りました。敗者復活1回戦は、ストレート勝ちを収めましたが、2回戦はフルセットの末敗れ、5位に終わっています。

敗者復活2回戦では、浅尾・草野ペアと対戦し、1セットを落とした2セット目に粘りに粘って28-26でセットを奪い返し、会場を沸かせましたが、ファイナルセットは、ゲームの流れを引き寄せられず、準決勝進出を逃がしました。

19日からは、大阪せんなん里海公園で開催されるビーチバレージャパンレディースに出場します。(田中・溝江ペアは20日から登場)この大会は、昨年、田中が鈴木洋美とのペアで優勝していて、個人として2連覇を目指します。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・MasterCardビーチバレージャパン
1回戦 ● 0(13-21,17-21)2 vs 楠原・三木
敗者復活7位決定戦 ○ 2(21-18,21-11)0 vs 保立・松山
敗者復活5位決定戦 ● 1(18-21,28-26,11-15)2 vs 浅尾・草野

NEC軽井沢72ゴルフトーナメントで藤田幸希が8位タイ
[女子ゴルフ:NEC軽井沢72ゴルフトーナメント]
◇8月13日(金)〜15日(日) ◇長野県軽井沢町・軽井沢72ゴルフ北コース

NEC軽井沢72ゴルフトーナメントに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、2日目に4バーディノーボギーと素晴らしいゴルフで順位を8位タイまで上げました。最終日はスコアの伸ばせませんでしたが、3日間トータル4アンダー11位タイで大会を終えています。

初日58位タイスタートとなった小俣奈三香(アコーディア・ゴルフ)は、2日目2アンダーで39位タイまで順位を上げ予選通過を果たしました。最終日は3オーバーとスコアを崩し、3日間トータル3オーバーの45位タイとなりました。

2日目を終え2アンダー20位タイの北田瑠衣は、最終日に5オーバーとふるわず、45位タイでトーナメントを終えました。

今シーズン初のトーナメント出場となった中嶋千尋は、2日目3バーディ2ボギーとアンダーパーで回りましたが、初日7オーバーの出遅れが響き、最終日に進むことはできませんでした。

■8月11日更新
ヘルシンキで開催されたGROUND TACTICS finalで佐々木元が優勝!世界一に!!
[BMXフラットランド:GROUND TACTICS final]
◇8月7日(土) ◇フィンランド/ヘルシンキ
ヘルシンキで開催されたGROUND TACTICS finalで佐々木元が優勝!世界一に!!

動画投稿によるコンテストで勝ち抜いた世界のトップ3が招待され、演技を競ったGROUND TACTICS finalがフィンランドのヘルシンキで開催され、佐々木元が見事に優勝しました!

佐々木元は、動画での予選でトップ通過しfinalに招待されましたが、決勝でもその実力を発揮して見事なランを披露しました。

現地でのランの様子が動画サイトにアップされています。画質はあまりよくありませんが、http://bambuser.com/v/939180 の動画の4分30秒くらいから演技を始めるのが、佐々木元です。ぜひご覧下さい。

香港カデットオープンに出場した伊藤美誠は団体4戦4勝、単複ベスト8の活躍
[卓球:香港ジュニア&カデットオープン]
◇8月4日(水)〜8日(日) ◇香港・クイーンエリザベススタジアム
香港カデットオープンに出場した伊藤美誠は団体4戦4勝、単複ベスト8の活躍

卓球の国際大会、香港ジュニア&カデットオープンが開催され、伊藤美誠(豊田町卓球スポーツ少年団)が、カデットの部の日本代表として出場しました。

まず行なわれた団体戦で、伊藤美誠擁する日本Bチームは、グループリーグを3戦全勝の1位で決勝トーナメントに進みました。

準々決勝の相手は、奇しくも日本Aチームとなり、第1シングルスで登場した伊藤美誠は、浜本由惟選手とのフルセットの接戦を制したものの、日本Bの勝利はこの1勝だけで、残念ながらベスト8で敗退となりました。

個人戦のシングルスでは、グループリーグを2位通過すると、決勝トーナメントの1、2回戦に勝利。準々決勝では、優勝した杜凱栞選手とフルセットの大接戦の末惜しくも敗れ、5位となりました。

また、平野美宇選手とのペアで出場したダブルスは、初戦の2回戦に勝利しましたが、続く準々決勝でやはり優勝ペアにフルセットの末惜敗し、ベスト8で敗退となりました。

◇伊藤美誠のスコア◇
・団体戦グループリーグ
第1戦 第1シングルス ○ 3(11-8,11-3,11-9)0 vs タイ
第2戦 第1シングルス ○ 3(8-11,11-9,11-8,11-7)1 vs インドB
第3戦 第1シングルス ○ 3(11-9,11-9,11-5)0 vs 中国香港B

・団体戦決勝トーナメント
準々決勝 第1シングルス ○ 3(11-7,11-6,8-11,6-11,15-13)2 vs 浜本由惟(日本A)

・個人戦 シングルス
グループリーグ ○ 3(11-6,15-13,11-3)0 vs ケートクエン(タイ)
グループリーグ ● 0(11-13,7-11,10-12)3 vs 崔宝文(チャイニーズタイペイ)
1回戦 ○ 3(6-11,11-8,11-5,14-12)1 vs 林依諾(香港)
2回戦 ○ 3(12-10,11-9,11-5)0 vs 秦筱鈞(チャイニーズタイペイ)
準々決勝 ● 2(5-11,11-5,7-11,17-15,7-11)3 杜凱栞(香港)

・個人戦 ダブルス(平野美宇とのペア)
2回戦 ○ 3(11-8 11-7 9-11 11-6)1 vs ドゥッタ/デブ(インド)
準々決勝 ● 2(11-5,9-11,8-11,12-10,6-11)3 杜凱栞/呉嘉儀(香港)

■8月4日更新
ジャパンパラリンピック陸上で、佐藤真海、山本篤がそれぞれ出場種目で優勝
[2010 ジャパンパラリンピック陸上競技大会]
◇7月31日(土)〜8月1日(日) ◇仙台市宮城野区・仙台市陸上競技場
ジャパンパラリンピック陸上で、佐藤真海、山本篤がそれぞれ出場種目で優勝

ジャパンパラリンピック陸上競技大会が仙台市で開催され、地元宮城出身の佐藤真海(サントリー)は、走り幅跳びで4m37を記録し、F44・46のクラスで優勝しました。

佐藤は、今シーズンから踏み切り足を変えていて、その中で自己ベストの4m46に近い記録を出したことに手応えを感じているようです。自身のブログで、「思ったよりはいい再スタートとなったと思います。今年の国内の大きな大会はこれで終わりなのですが、一般の試合や国際大会に向けて引き続き挑戦を続けたいと思います」とコメントしています。

また、山本篤(スズキ)は、走り幅跳びと100mに出場し、走り幅跳びで5m48を記録し、F42・44・46クラスで優勝。同クラスの選手の出場がなかった100mは、13秒76でゴールし、1位でした。

北田瑠衣は全英女子オープンの2日目アンダーパーの好スコアも3日目に進めず
[女子ゴルフ:2010全英リコー女子オープン]
◇7月29日(木)〜8月1日(日) ◇イギリス/ロイヤルパークデールGC

全英リコー女子オープンに初めて挑戦した北田瑠衣は、初日、8オーバー127位タイと苦しいスタートとなりました。2日目は、4バーティ3ボギーとアンダーパーで回り、巻き返しましたが、86位タイと予選通過ラインに届かず、残念ながら決勝ラウンドに進むことはできませんでした。

本人はブログで、「悔しい気持ちもあり得るものも沢山ありました」とコメントし、国内ツアーの後半戦は、「今季2勝目」を目標にすると前向きです。

グランドスラムポーランド大会で、田中・溝江ペアは予選1回戦で敗退
[ビーチバレー:ワールドツアー グランドスラムポーランド大会] 
◇8月3日(火) ◇ポーランド/ヤブロンキ

ビーチバレーのワールドツアーを転戦中の田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、グランドスラムポーランド大会に出場しましたが、予選1回戦でオーストラリアペアに敗れ、本選には進めませんでした。
2人はヨーロッパ遠征から帰国し、来週末は湘南・鵠沼海岸での国内大会に出場します。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・ワールドツアー グランドスラムポーランド大会
予選1回戦 ● 0(19-21,16-21)2 vs オーストラリアペア