「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2010年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■8月4日更新
卓球の全日本選手権カブ(小学4年生以下)の部で伊藤美誠が強さ発揮し優勝!
[卓球:平成22年度全日本選手権 カブ女子]
◇7月23日(金)〜25日(日) ◇神戸市須磨区・グリーンアリーナ神戸
卓球の全日本選手権カブ(小学4年生以下)の部で伊藤美誠が強さ発揮し優勝!

卓球の小学生年代の全日本選手権が神戸市で開催され、小学4年生以下が出場できる女子カブの部で、伊藤美誠(豊田町卓球スポーツ少年団)が、優勝しました。

3年生で上級生と戦った昨年は3位でしたが、4年生となった今年は、実力通りの強さを発揮して、8試合を戦って落としたのは準々決勝の1ゲームだけ。準決勝、決勝もストレート勝ちという圧勝でした。

なお、伊藤美誠は、8月4日から始まっている香港ジュニア&カデットオープンに日本代表として参加しています。

台北オープンに出場した岡紀彦は、団体4、クラス別で4位、オープンベスト8
[障害者卓球:台北オープン]
◇7月20日(火)〜23日(金) ◇台湾/台北
台北オープンに出場した岡紀彦は、団体4、クラス別で4位、オープンベスト8

台北オープンに出場した岡紀彦(写真前列右から2人目)は、団体4位、クラス別個人戦4位とメダルにあと一歩と迫りました。また、オープン個人戦でもベスト8に入っています。

岡は、大会期間中に23試合を戦い、15勝8敗と健闘。ランキングで下の選手への取りこぼしがなく、ランキング上位の選手から5勝を上げ、今回の好成績となりました。

岡は大会について、「今回は、3種目ともメダル獲得にあと一歩及びませんでしたが、新しいラケット、ラバーの効果が思いのほか大きく、これまでにない得点パターンが多く出て、今後につながる大会となりました。残りの3ヶ月、世界選手権でのメダル獲得を目標に更に創意工夫を重ね練習に励みたいと思います」とコメントしています。

なお、世界選手権は、10月25日から韓国の光州市で開催されます。

マウンテンバイクのW杯女子クロスカントリー第5戦で片山梨絵は今季最高32位
[MTB クロスカントリー:ワールドカップ女子クロスカントリー第5戦]
◇7月31日(土) ◇イタリア/ヴァル・ディ・ソーレ
マウンテンバイクのW杯女子クロスカントリー第5戦で片山梨絵は今季最高32位

イタリアで開催されたマウンテンバイクのワールドカップ第5戦に出場した片山梨絵(SPECIALIZED)は、今シーズン最高順位の32位でゴールしました。タイムは1時間32分07秒でトップから8分7秒遅れでした。

レースの模様は、本人がブログで、詳しくレポートしています。レポートによれば、毎周回ごとに順位を上げ、ゴールが近づいてからは、実力の近い選手との競り合いにも勝利したことに手応えを感じているようです。
W杯の第6戦は、8月末にアメリカのウィンダンで開催予定です。

■7月28日更新
フラットランド全日本選手権第2戦に出場した佐々木元が4年ぶりの優勝!
[BMX:フラットランド全日本選手権第2戦 KING OF GROUND in KOBE]
◇7月25日(日) ◇神戸ハーバーランド スペースシアター特別会場
フラットランド全日本選手権第2戦に出場した佐々木元が4年ぶりの優勝!

フラットランドの全日本選手権第2戦が神戸ハーバーランドで行なわれ、佐々木元が2006年の第2戦で初優勝して以来、4年ぶり2度目の優勝を果たしました。今シーズンは第1戦も2位となっているため、シーズンポイントでもトップに立ちました。

本人は自身のブログ「Artist of ground」で「一回優勝してから戻ってくるまで長かったなー!!練習してて良かったと心から思えます☆」と優勝を噛みしめるようなコメントをしていて、さらに「家族や友達、仕事の仲間、応援してくれてる方。今回も本当に皆さんの声援に助けられました。声本当にありがとうございました」と周囲のサポートや応援に感謝しています。

世界選手権も兼ねた、最終第3戦は、10月に横浜で開催されます。

なお、プロクラス決勝の模様がyoutubeに上がっています。佐々木元のランの様子は、リンク先の動画の6分20秒くらいからご覧いただけます。

U-20女子W杯ドイツ大会、日本代表は最終戦勝利も悔しいグループリーグ敗退
[サッカー:FIFA U-20女子ワールドカップ ドイツ2010]
◇大会期間:7月13日(火)〜8月1日(日)
U-20女子W杯ドイツ大会、日本代表は最終戦勝利も悔しいグループリーグ敗退

佐々木則夫監督が率いたU-20日本女子代表は、U-20女子ワールドカップドイツ大会のグループリーグ3試合を戦い、1勝1分1敗の勝ち点4で、惜しくも決勝トーナメント進出を逃がしました。

メキシコに引き分け(3-3)、ナイジェリア(1-2)に敗れた日本が決勝トーナメントに進出するためには、3試合目のイングランド戦に最低でも勝って、同時刻に行なわれるメキシコ対ナイジェリア(ともに1勝1分で勝ち点4同士)の結果を待つ必要がありました。

プレッシャーのかかる一戦でしたが、日本代表チームは、ヨーロッパチャンピオンのイングランドに対し3-1と快勝、勝ち点を4として他会場の結果を待ちました。しかし、メキシコとナイジェリアは引き分けに終わり、ともに勝ち点を5に伸ばしたため、残念ながら、日本は決勝トーナメントに進出できませんでした。

試合後の佐々木監督と選手のコメントは、日本サッカー協会の公式サイトでご覧ください。

マウンテンバイクのW杯女子クロスカントリー第4戦に出場した片山梨絵は52位
[MTB クロスカントリー:ワールドカップ第4戦]
◇7月25日(日) ◇スイス/シャンペリー

マウンテンバイクのワールドカップ第4戦がスイスのシャンペリーで開催され、片山梨絵(SPECIALIZED)は、タイムオーバーでラスト1周を走ることはできず、52位(108人中)でした。

本人は、ブログで、「大きなトラブルはなく、普通に52位でした。前日までの雨で掘れたこのコンディションでは完璧にやられました。体調もうまく整えられず、気持ちだけで何とかしようと思ったら何ともならなかった。今日は凹みます」と、悔しそうにコメントしています。
次はイタリアでのW杯第5戦に臨みます。

エビアンマスターズに出場した北田瑠衣は、74位タイでフィニッシュ
[女子ゴルフ:米国女子ツアー第15戦 エビアンマスターズ]
◇7月22日(木)〜25日(日) ◇フランス/エビアンマスターズGC

フランスで開催されたアメリカ女子ツアーのエビアンマスターズに出場した北田瑠衣は、最初の2日間をトータル3オーバーとし、予選通過ラインギリギリで決勝ラウンドに進みました。3日目と最終日もスコアメイクに苦しみながらも3オーバー、1オーバーでそれぞれ終え、トータル7オーバー74位タイで大会を終えました。

次は、全英女子オープンに出場します。

グランドスラムオーストリア大会に出場した、田中・溝江ペアは予選初戦で敗退
[ビーチバレー:ワールドツアー グランドスラムオーストリア大会] 
◇7月27日(火) ◇オーストリア/クラーゲンフルト

ビーチバレーのワールドツアーを転戦中の田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、グランドスラムオーストリア大会に出場しましたが、残念ながら予選1回戦でドイツペアに敗れ、本選には進めませんでした。

次戦は8月3日から始まるポーランドでのグランドスラムヤブロンキ大会です。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・ワールドツアー グランドスラムオーストリア大会
予選1回戦 ● 0(19-21,16-21)2 vs ドイツペア

東北ブロック予選に尾川智子が出場。リード優勝、ボルダリング2位で国体へ
[平成22年度国体東北ブロック大会 兼 第37回東北総合体育大会・山岳競技]
◇7月24〜25日(土〜日) ◇岩手県盛岡市・岩手県営運動公園登はん競技場、岩手県青少年会館
東北ブロック予選に尾川智子が出場。リード優勝、ボルダリング2位で国体へ

尾川智子が、国体の東北ブロック予選に宮城県代表として出場しました。国体の山岳競技は、1チーム2人がリード競技とボルダリング競技をそれぞれ行ない、競技別で順位を競います。

宮城県成年女子は、尾川と宮澤恵里子選手が代表で、リード競技で見事に優勝、ボルダリング競技では2位となって、10月4日から千葉県印西市で行なわれる千葉国体山岳競技への出場を決めました。

全日本クラブ選手権で、湘南ベルマーレ女子ソフトボールチームはベスト8
[第31回全日本クラブ女子ソフトボール選手権大会]
◇7月23日(金)〜25日(日) ◇熊本県山鹿市・鹿央運動公園、菊鹿運動広場ほか

全日本クラブ女子ソフトボール選手権に、関東代表として出場した湘南ベルマーレは、初戦で愛媛のアイクラブに6-1と勝利すると、2回戦は大分のサニースカイを4-0で破りベスト8に進出しました。

迎えた準々決勝は、山口県の山口ACドリームズに2-3で惜敗し、大会を終えています。

湘南ベルマーレ女子ソフトボールチーム監督の安藤美佐子は、自身のブログに大会開会式の模様をアップしています。

■7月21日更新
片山梨絵が全日本MTB選手権女子クロスカントリー優勝!前人未踏の7連覇!
[マウンテンバイク:第23回全日本MTB選手権大会 女子クロスカントリー]
◇7月19日(月祝) ◇長野県富士見町・富士見パノラマリゾート
片山梨絵が全日本MTB選手権女子クロスカントリー優勝!前人未踏の7連覇達成!

マウンテンバイクの全日本選手権が富士見パノラマリゾートで開催され、女子クロスカントリーで、片山梨絵(SPECIALIZED)が優勝し、見事に7連覇を達成しました。

レースは、4.55kmを5周する22.75kmのコースで争われ、2位の中込選手に5分5秒の大差をつける1時間33分12秒19でゴールしました。

片山はこのあと、ヨーロッパへ渡り、ワールドカップ2試合に出場する予定です。

北田瑠衣がスタンレーレディスゴルフトーナメントで3位タイ!
[女子ゴルフ:スタンレーレディスゴルフトーナメント]
◇7月16日(金)〜18日(日) ◇静岡県裾野市・東名カントリークラブ
北田瑠衣がスタンレーレディスゴルフトーナメントで3位タイ!

スタンレーレディスゴルフトーナメントに出場した北田瑠衣は、初日を首位と2打差の3アンダー2位タイと好スタートを切ると、残る2日間も安定したゴルフでアンダーパーで回り、トータル5アンダー3位タイで大会を終えました。

藤田幸希(TOSHIN)は、3日間通して出入りの激しいゴルフで、トータル1オーバー20位タイの成績でした。

車椅子バスケットボール日本代表は、世界選手権で7試合戦い2勝5敗10位
[車椅子バスケットボール:2010年イギリス・バーミンガムIWBF世界選手権大会]
◇7月7日(水)〜17日(土) ◇イギリス/バーミンガム
車椅子バスケットボール日本代表は、世界選手権で7試合戦い2勝5敗10位

イギリスのバーミンガムで開催された車椅子バスケットボールの世界選手権に出場した日本代表は、グループリーグを1勝4敗の5位で決勝トーナメント進出を逃がし、順位決定戦に回りました。

9-12位決定戦の初戦でアルジェリアに勝利しましたが、9-10位決定戦ではメキシコに惜敗し、10位で大会を終えました。

京谷和幸は、あまり多くの出場時間を得られなかった大会を振り返り、ブログで「今は、JAPANチームの力になれなかった事が、非常に悔しく、自分自身に腹立たしさを感じています。今回、出番が少なく、自分自身の置かれている状況も環境も、今まで以上に厳しいですが、それでも、『ロンドンを目指す!』と言った以上、チャレンジして行きます」とコメントしています。

ブログでは他にも、各試合について、コメントがありますので、ぜひご覧下さい。

◇試合結果◇
・グループリーグ
7月8日 ● 59(20-10,06-17,17-23,16-24)74 vs イギリス
7月9日 ○ 71(16-10,10-24,23-08,22-13)55 vs 韓国
7月10日● 61(17-24,19-18,15-12,10-28)82 vs ポーランド
7月11日● 46(09-25,12-16,11-29,14-19)89 vs アメリカ
7月12日● 60(21-10,17-21,12-23,10-13)77 vs イタリア

・9〜12位決定戦
7月14日○ 82(28-06,09-11,28-08,17-11)36 vs アルジェリア
7月16日● 59(11-12,14-21,20-16,14-14)63 vs メキシコ

ビーチバレーの国内ツアー第3戦大阪カップ中之島大会で田中・溝江ペアは5位
[ビーチバレー:JBVツアー2010第3戦 ビーチバレー大阪カップ 中之島大会] 
◇7月15日(木)〜18日(日) ◇大阪市北区・中之島ビーチ

大阪のオフィス街のど真ん中、中之島ビーチで開催されたビーチバレー国内ツアー第3戦に出場した田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、5位に終わりました。

第2戦の愛知大会で優勝し、今回も期待された田中・溝江ペアでしたが、初戦で駒田・菅山ペアにフルセットの末敗れると、敗者復活7位決定戦は勝利しましたが、敗者復活5位決定戦でもフルセットで楠原・三木ペアに敗れ、5位が確定しました。

大会後すぐにフランスに飛んだ2人は、マルセイユ大会に出場し、予選1回戦は勝利したものの、本選出場が懸かった予選2回戦で敗れてしまい、本選出場はなりませんでした。次は、オーストリアでのグランドスラムに出場予定です。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・JBVツアー2010第3戦 ビーチバレー大阪カップ 中之島大会
1回戦 ● 1(19-21,21-19,12-15)2 vs 駒田・菅山
敗者復活7位決定戦 ○ 2(18-21,21-14,15-8)1 vs 山田・幅口
敗者復活5位決定戦 ● 1(18-21,21-13,9-15)2 vs 楠原・三木

・ワールドツアー マルセイユ大会
予選1回戦 ● 2(21-17,21-15)0 vs ノルウェーペア
予選2回戦 ● 0(15-21,17-21)2 vs ドイツペア

ソフトテニスの東日本選手権で、平田・上原ペアはベスト8止まり
[ソフトテニス:第65回東日本選手権大会]
◇7月17日(土)〜18日(日) ◇石川県金沢市・金沢市城北市民テニスコート

ソフトテニスの東日本選手権に出場した平田清乃上原絵里ペア(ナガセケンコー)は、2回戦から出場し、5回戦まで順当に勝ち、ベスト8に進出しました。迎えた準々決勝で、佐藤仁美・高橋郁美ペア(タカギセイコー)に敗れ、5位で大会を終えました。

◇試合結果◇
2回戦 ○ 4-0 vs 川島千・川島真ペア(巴クラブ)
3回戦 ○ 4-3 vs 宮崎(タカギセイコー)・小峯(高岡市ソフトテニス連盟)ペア
4回戦 ○ 4-1 vs 櫛引・高橋ペア(和洋女子大学)
5回戦 ○ 4-1 vs 大野木(青山学院大学)・海江田(ヨネックス)ペア
準々決勝 ● 1-4 vs 佐藤・高橋ペア(タカギセイコー)

■7月14日更新
フリーダイビング世界選手権で男子日本チームは2位、銀メダル獲得!
[フリーダイビング世界選手権2010沖縄]
◇6月30日(水)〜7月10日(土) 
◇沖縄県恩納村真栄田岬沖、沖縄県総合運動公園プール
フリーダイビング世界選手権で男子日本チームは2位、銀メダル獲得!

フリーダイビング世界選手権2010沖縄は各国3選手が3つの競技を行ない、それぞれポイントを加算する団体戦で争われました。

大会オーガナイザーも務めた篠宮龍三が中心となった男子日本チームは、初日のコンスタント競技(申告した深度まで素潜り。100メートル潜って100ポイント)でトップに立ちましたが、プール競技のスタティック(息止め競技。5秒で1ポイント、8分で96ポイント)で、2位のデンマークチームに逆転され、同じくプール競技のダイナミック(潜水で何m泳げるかを競う。2メートルで1ポイント、200メートルで100ポイント)での再逆転はならず、2位で大会を終えました。

なお、篠宮は、コンスタントで102mの潜水に成功し、スタティックは6分58秒、ダイナミックは、203mを記録しました。

また、女子は、日本チームが見事に優勝し、金メダルを獲得しています。大会の記録や様子については、大会公式ブログをご覧ください。

文化シヤッター Buzz Bullets、世界クラブ選手権で銅メダル!連覇はならず
[フライングディスク:世界アルティメットクラブチーム選手権]
◇7月3日(土)〜10日(土) ◇チェコ/プラハ
文化シヤッター Buzz Bullets、世界クラブ選手権で銅メダル!連覇はならず

チェコのプラハで開催された世界アルティメットクラブチーム選手権で、4年前の前回大会チャンピオンとして連覇を狙った文化シヤッター Buzz Bulletsは、1次2次リーグの8試合を全勝し、順当に決勝トーナメントに進出しました。

迎えた決勝トーナメント初戦の準々決勝は圧勝しましたが、準決勝で優勝したRevolver(アメリカ)に惜しくも敗れてしまい、残念ながら最大の目標としていた連覇はなりませんでした。しかし、3位決定戦では、強豪のChain Lightning(アメリカ)を19-17と大接戦の末破って、銅メダルを獲得しました。

なお、26得点55アシストの松野政宏キャプテンが、大会MVPに選ばれています。
以下は、各試合のスコアです。

◇試合結果◇
・1次リーグ/pool C
 ○ 17-10 vs Silence(チェコ)
 ○ 17- 3 vs LOL(ハンガリー)
 ○ 17-11 vs Freespeed(スイス)

・2次リーグ/pool Q
 ○ 17-13 vs Invictus(カナダ)
 ○ 15- 7 vs Magon(ニュージーランド)
 ○ 15- 9 vs Clapham Ultimate(イギリス)
 ○ 15- 6 vs Nomadic Tribe(日本)
 ○ 17-11 vs Euforia(コロンビア)

・決勝トーナメント〜準々決勝、準決勝
 ○ 17- 5 vs Vlksjofors(スウェーデン)
 ● 14-17 vs Revolver(アメリカ)

・3位決定戦
 ○ 19-17 vs Chain Lightning(アメリカ)

明治チョコレートカップの最終日、藤田幸希がベストスコアをマーク!3位タイ!
[女子ゴルフ:明治チョコレートカップ]
◇7月9日(金)〜11日(日)
◇北海道北広島市・札幌国際カントリークラブ島松コース
明治チョコレートカップの最終日、藤田幸希がベストスコアをマーク!3位タイ!

明治チョコレートカップの最終日、藤田幸希(TOSHIN)は、アウトの9ホールで6バーディノーボギーと猛チャージでトップに肉薄しましたが、インは1バーディに止まり、通算10アンダー3位タイでトーナメントを終えました。なお、最終日の7アンダー65は、この大会のベストスコアとなりました。

北田瑠衣は、17位タイで最終日を迎え、5バーディ2ボギーの3アンダーでトータル5アンダーとし、順位を9位タイまで上げました。

小俣奈三香(アコーディア・ゴルフ)は、初日6位タイと好スタートを切りましたが、2日目に6オーバーとしたのが響き、3日間トータル4オーバー46位タイで大会を終えています。

片山梨絵が、東京ヒルクライムOKUTAMAステージで優勝!連覇達成!
[第2回東京ヒルクライム:OKUTAMAステージ]
◇7月11日(日) ◇東京都奥多摩町・奥多摩周遊道路

東京ヒルクライムOKUTAMAステージに片山梨絵(SPECIALIZED)が出場し、女子の部で優勝しました。昨年の第1回大会に続いての優勝で、見事連覇達成となりました。

レースは、11kmの距離で545m上るヒルクライムコースで行なわれ、片山は28分56秒でゴール。2位には1分11秒の差をつけ、昨年の自身の記録を4秒縮めてのゴールでした。

なお、レースについて、自身のブログ「RIDE! RIE! RIDE!」に報告がありますので、そちらもご覧下さい。

■7月7日更新
石井琢朗が歴代単独10位の通算2372安打をマーク!タイムリーも放ちお立ち台!
[プロ野球:セ・リーグ 広島-横浜戦]
◇7月4日(日) ◇広島市南区・マツダスタジアム
石井琢朗が歴代単独10位の通算2372安打をマーク!タイムリーも放ちお立ち台!

石井琢朗(広島東洋カープ)は4日、本拠地マツダスタジアムで行なわれた横浜戦で、通算2372安打目をマークし、2371安打で並んでいた落合博満氏(中日ドラゴンズ監督)を抜き、単独10位に躍り出ました。

さらに、その試合でダメ押しのタイムリーも放ち、今季2度目のお立ち台へ。08年まで20年間在籍した横浜戦での快挙に、「打つとしたらベイスターズ戦だと思った」とスタンドを和ませました。

フラットランドの世界戦「Barcelona Extreme」で佐々木元が6位!
[2010 BMX Flatland World Circuit Round 2:Movistar Barcelona Extreme]
◇7月3日(土)〜4日(日) ◇スペイン/バルセロナ
フラットランドの世界戦「Barcelona Extreme」で佐々木元が6位!

BMX FLATLAND WORLD CIRCUIT 2010の第2戦がバルセロナで開催され、第1戦でファイナリストとなった佐々木元は、予選7位で決勝トーナメントに進出を決めました。しかし、決勝トーナメントは1回戦で敗れ、6位で大会を終えました。

本人は「ボロ負けでした。決勝6位。成績は悪くないけど、技を決めれなかった」と、自身のブログ「Artist of ground」で報告しています。10月に横浜で行なわれる最終戦については、「もう全力を尽くすだけ」と決意を語っています。

日医工女子オープンゴルフトーナメントで、藤田幸希は単独4位!
[女子ゴルフ:日医工女子オープンゴルフトーナメント]
◇7月2日(金)〜4日(日) ◇富山県富山市・八尾カントリークラブ

日医工女子オープンの最終日、7位タイと好位置でスタートした藤田幸希(TOSHIN)は、上位陣がスコアメイクに苦しむ中、4バーディ3ボギーとアンダーパーで回って、首位と2打差の単独4位でホールアウトしました。

北田瑠衣は、17位タイで最終日を迎えましたが、6オーバーと崩れ、27位タイで大会を終えています。

小俣奈三香(アコーディア・ゴルフ)は、予選通過ラインとなった50位タイで進んだ決勝ラウンドで、3オーバーと踏み止まり、33位タイに順位を上げて大会を終えました。

車椅子バスケットボール日本代表チームは世界選手権前哨戦で1勝2敗
[車椅子バスケットボール:FSB World Wheelchair Basketball Challenge]
◇7月2日(金)〜4日(日) ◇イギリス/バーミンガム

7日から開催される車椅子バスケットボールの世界選手権の前哨戦に招待された日本代表チームは、イギリス、イタリア、カナダと対戦し、イタリア戦で勝利し、1勝2敗の3位でした。

代表メンバーの京谷和幸は、⇒ブログ「Kyoya Style」で、試合についてコメントしています。また、7日からの世界選手権についてもブログで報告するはずですので、ぜひチェックしていただき、応援をお願いします。

◇日本代表の試合結果◇
7月2日 ● 38-76 vs イギリス
7月3日 ○ 53-56 vs イタリア
7月4日 ● 57-68 vs カナダ