「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2010年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■7月7日更新
エリックが初の100kmマラソンに挑戦し優勝!小幡佳代子は50km女子の部優勝!
[第25回サロマ湖100kmウルトラマラソン]
◇6月27日(日) ◇北海道・サロマ湖周辺
エリックが初の100kmマラソンに挑戦し優勝!小幡佳代子は50km女子の部優勝!

日本第3位の面積を誇るサロマ湖周辺で開催された、第25回サロマ湖100kmウルトラマラソンの100kmの部には、3221人が挑戦し、ゲストランナーとしてエリック・ワイナイナが出場しました。

初の100kmにチャレンジしたエリックは、終盤に追いついてきた選手と並走し、デッドヒートを繰り返したものの、残り2〜3km付近でロングスパートをかけ、追いつかれることなく、そのままゴールしました!

記録は6時間39分52秒と、世界記録(6時間13分33秒)にはまだまだ届かない記録でしたが、最高気温32度の炎天下の中、奮闘の走りを見せました。

レース後はたくさんの参加者・応援者に「おめでとう!」と祝福され、本人も心から「ありがとう!(完走したランナーには)みなさんもおめでとう!」と、お互いの健闘を称え合いました。

なお、この大会には100kmの部の他に50kmの部もあり、女子50kmの部にゲストランナーとして出場した小幡佳代子が、3時間41分45秒の大会新記録で優勝しています。

グランドスラムスイス大会で、田中・溝江ペアは予選初戦で敗退
[ビーチバレー:ワールドツアー グランドスラムスタヴァンゲル大会] 
◇6月29日(火) ◇ノルウェー/スタヴァンゲル

スイスで行なわれたグランドスラムスタヴァンゲル大会に出場した田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、予選1回戦でドイツペアと対戦し、残念ながらストレートで敗れ、本選には進めませんでした。

次戦は15日から始まる大阪での国内ツアー第3戦となります。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・ワールドツアー グランドスラムスイス大会
予選2回戦 ● 0(16-21,16-21)2 vs ドイツペア

■6月30日更新
廣道純がスイス遠征で800mの日本記録更新!1500mと2種目でA標準突破!
[車いすレース:スイストラックミーティング、スイスオープンナショナル]
◇6月24日(木)、26日(土)〜27日(日) ◇スイス/アーボン
廣道純がスイス遠征で800mの日本記録更新!1500mと2種目でA標準突破!

スイスアーボンで行なわれた2つの国際大会に廣道純が出場しました。

レースについて、本人がブログで報告していて、24日に行なわれた800mで、自身の持つ日本記録(1分37秒86)を1秒01更新する1分36秒85でゴールしたとのことです(順位は4位)。また、同日の1500mは、2番目のグループで走り、3分01秒90でゴールしたとあります。なお、この2つの記録はともにA標準記録を上回っていて、世界選手権の出場権を確保したことになります。

今回の遠征では、他に5000mで10分11秒51、10000mで20分24秒79のB標準を突破する記録を出していて、こちらも世界選手権出場が有力となっています。

片山梨絵は全日本ロードで2年連続3位。クロスカントリーとの2冠ならず
[自転車:全日本自転車競技選手権大会ロード・レース]
◇6月27日(日) ◇広島県中央森林公園サイクリング・ロード

自転車ロードレースの全日本選手権が広島で開催され、片山梨絵(SPECIALIZED)が、エリート女子の部に出場しました。

12.3kmのコースを7周回、計86.1kmで争われたレースは、萩原麻由子選手(サイクルベースあさひレーシング)が序盤から独走し、そのまま逃げ切って優勝。片山梨絵は、集団をリードし、前を追おうとしましたが、思うようにタイムを詰められず、38秒差の3位でゴールしました。片山はこのレース、2年連続の3位です。

ブログ「RIDE! RIE! RIDE!」には、レースについて詳しく報告があります。本人は「最初から果敢に攻めた萩原選手は強かった!去年はスッキリ爽快全部だしきって3位。今年はちょっとモヤモヤの3位だった。これからは勇気あるレースだけをしていこう!」と振り返っています。

“本業”であるクロスカントリーの全日本選手権は、7月19日(月祝)に長野県の富士見パノラマリゾートで開催され、片山は7連覇の偉業に挑みます。

田中・溝江ペアはグランドスラムスタヴァンゲル大会予選2回戦敗退。33位
[ビーチバレー:ワールドツアー グランドスラムスタヴァンゲル大会] 
◇6月29日(火) ◇ノルウェー/スタヴァンゲル

ノルウェーで行なわれたグランドスラムスタヴァンゲル大会に出場した田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、予選1回戦でポーランドペアに勝利しましたが、本選進出を懸けた2回戦でグルジアペアに敗れ、33位に終わりました。次戦は、グランドスラムスイス大会です。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・ワールドツアー グランドスラムスタヴァンゲル大会
予選1回戦 ○ 2(23-21,21-16)0 vs ポーランドペア
予選2回戦 ● 0(12-21,15-21)2 vs グルジアペア

■6月23日更新
片山梨絵がJ2木島平優勝!男子と同時スタートで、国際大会をイメージした走り
[MTBクロスカントリー:ジャパンシリーズJ2木島平]
◇6月20日(日) ◇長野県木島平村・北信州木島平スキー場
片山梨絵がJ2木島平優勝!男子と同時スタートで、国際大会をイメージした走り

木島平でのJ2女子クロスカントリーに出場した片山梨絵(SPECIALIZED)は、4.2km×4周を55分33秒97(平均時速18.1km)で駆け抜け、2位に5分7秒97の差を付け優勝しました。

この大会、女子エリートは、男子エキスパート(エリートの下のクラス)の選手たちの最後尾から同時スタートとなり、国際大会をイメージした走りができたようです。60人以上の男子選手を次々に抜き去り、最後には全体の3位でゴールしています。(男子エキスパートは5周回のレース)。

レースの様子は、本人がブログにレポートをアップしていますので、そちらもご覧下さい。

札幌の街を駆ける「はまなす全国車いすマラソン」で、廣道純は4位
[車いすレース:2010はまなす全国車いすマラソン大会]
◇6月20日(日) 
◇札幌市南区・北海道立真駒内セキスイハイムスタジアムスタート/ゴール
札幌の街を駆ける「はまなす全国車いすマラソン」で、廣道純は4位

「はまなす全国車いすマラソン」に招待選手として出場した廣道純は、トップから3分14秒遅れの4位(タイム:1時間38分53秒)でフィニッシュしました。

現在はトラックレースに向けた練習をしている廣道は、「風と後半の登りで、タイムは悪かったけど、マラソン組相手に大健闘って感じかな?」とブログでコメントしています。

ニチレイレディスで、北田瑠衣は最終日粘って18位タイ、藤田幸希は50位タイ
[女子ゴルフ:ニチレイレディス]
◇6月18日(金)〜20日(日) ◇千葉市若葉区・袖ヶ浦カンツリークラブ 新袖コース

ニチレイレディスの最終日、20位タイでスタートした北田瑠衣は、最初の9ホールでノーバーディ3ボギーとスコアを落としましたが、上がりの9ホールで粘って4バーディ1ボギーとイーブン戻し、トータル1アンダー18位タイでトーナメントを終えました。

藤田幸希(TOSHIN)は2オーバー40位タイで迎えた最終日、2つスコアを落とし、4オーバー50位タイでした。

■6月16日更新
廣道純は大分県ナイター陸上の1500mで、大接戦の2位。惜しくも連覇ならず
[車いすレース:第19回大分県ナイター陸上記録会]
◇6月12日(土) ◇大分県大分市・大分市営陸上競技場
大分陸上2010で廣道純が個人2種目2位、2種目3位!400mでは日本記録更新!!

12日、大分県ナイター陸上記録会が開催され、車いす1500mに出場した廣道純は、ラスト300m付近でスパートをかけ先頭で最後の直線に向かいましたが、ゴールの直前でわずかに山本選手にかわされ、0.08秒差の2位でゴールしました(タイム:3分09秒25)。惜しくも2年連続優勝はなりませんでした。

自身のブログには、レースの動画がアップされています。ぜひご覧ください。

サントリーレディスオープンに出場した北田瑠衣は50位タイフィニッシュ
[女子ゴルフ:サントリーレディスオープンゴルフトーナメント]
◇6月4日(金)〜6日(日) ◇長野県御代田町・グランディ軽井沢ゴルフクラブ

アンダーパーが3人だけという厳しいコース設定で争われたサントリーレディスオープンで、北田瑠衣は、4日間出入りの激しいゴルフでスコアメイクに苦しみ、トータル16オーバー50位タイでトーナメントを終えました。

なお、小俣奈三香は、2日目を終え、わずかに1打届かず、決勝ラウンドに進むことができませんでした。藤田幸希(TOSHIN)も3打届かず、予選通過はなりませんでした。

■6月9日更新
大分陸上2010で廣道純が個人2種目2位、2種目3位!400mでは日本記録更新!!
[大分陸上2010]
◇6月6日(日) ◇大分県大分市・大分市営陸上競技場
大分陸上2010で廣道純が個人2種目2位、2種目3位!400mでは日本記録更新!!

廣道純が大会実行委員長を務め、5回目を迎えた大分陸上2010が、今年も大分市営陸上競技場で開催されました。

国内外のトップ選手が多く集い、好記録が続出した大会の中で、廣道も400mで自身の持つ日本記録を100分の39秒更新する50秒21をマークしたり、200mで追い風参考ながら自己ベストの27秒02を出すなど、好成績を残しました。

出場したレースと記録は以下の通りです。
・200m 27秒02(追い風参考 自己ベスト)3位
・400m 50秒21(日本新 世界選手権A標準突破)3位
・800m 予選1分39秒34 決勝1分40秒60(シーズンベスト B標準突破)2位
・1500m 3分04秒71 2位
・4×400mR 3分24秒35 韓国チームに敗れ、2位

本人のブログには、レースの動画もアップされていますので、ぜひご覧下さい。

リゾートトラストレディスで北田瑠衣が優勝争いを演じ3位タイ!
[女子ゴルフ:リゾートトラストレディス]
◇6月4日(金)〜6日(日) ◇長野県御代田町・グランディ軽井沢ゴルフクラブ
リゾートトラストレディスで北田瑠衣が優勝争いを演じ3位タイ!

リゾートトラストレディスに出場した北田瑠衣は、初日の1番ホール(パー4)でいきなりイーグルを奪い最高のスタートを切ると、3日間通して素晴らしいゴルフで優勝争いを演じ、最終日には一時単独首位に立ちました。しかし、その後の16番ホールで池に入れてしまいダブルボギーとすると、続く2ホールもバーディを奪えず首位と4打差の3位タイでトーナメントを終えました。

同トーナメントに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、初日は75位タイと苦しいスタートとなりましたが、残る2日間はアンダーパーにまとめ、33位タイでホールアウトしました。

なお、小俣奈三香は、2日目にスコアを崩し、残念ながら予選通過はなりませんでした。

車椅子バスケットボール日本代表チームはアメリカでの大会で手応え
[車椅子バスケットボール:2010 Joseph F. Lyttle World Basketball Challenge]
◇6月1日(火)〜5日(土) ◇アメリカ/ジョージア州ワームスプリングス
車椅子バスケットボール日本代表チームはアメリカでの大会で手応え

7月に世界選手権を控える車いすバスケットボール日本代表チームは、アメリカに遠征し、日本、アメリカ、イギリス、メキシコの4カ国によるJoseph F. Lyttle World Basketball Challengeに出場し、アメリカ、イギリスには善戦した試合があったものの6戦すべてで敗れ、メキシコには3戦3勝で3位となりました。

代表メンバーの京谷和幸はブログでこの大会について振り返っていて、「個人的には、以前に比べ、プレータイムは半分以下に減りましたが、与えられた時間、与えられた役割は、しっかりできたと思っています。プレーヤーである以上、たくさん試合に出たい気持ちは当然ありますが、まずは、与えられた時間で、しっかりと自分の役割を果たすことが大事ですからね!」と前向きにコメントしています。ぜひブログ全文をご覧ください。⇒京谷和幸オフィシャルブログ「Kyoya Style」

◇日本代表の試合結果◇
6月1日 ● 46-101vs アメリカ / ○ 67-66 vs メキシコ
6月2日 ● 52-67 vs イギリス / ○ 69-59 vs メキシコ
6月3日 ● 47-63 vs アメリカ / ● 76-70 vs イギリス
6月4日準決勝 ● 56-61 vs イギリス / 4位決定戦 ○ 73-60 vs メキシコ
6月5日2位3位決定戦 ● 44-70 イギリス

田中・溝江ペアはグランドスラムロシア大会の初戦で敗退。本選進出ならず
[ビーチバレー:ワールドツアー グランドスラムロシア大会] 
◇6月8日(火) ◇ロシア/モスクワ

グランドスラムロシア大会に出場した田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、5月のイタリア大会で戦って敗れたブラジルペアと再び対戦しましたが、残念ながら今回もストレート負けを喫し、予選敗退となりました。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・ワールドツアー グランドスラムロシア大会
予選1回戦 ●0(15-21,15-21)2 vs ブラジルペア

澤野大地は、まさかの記録なしに終わり、日本選手権5連覇はならず
[第94回 日本陸上競技選手権大会:棒高跳び]
◇6月5日(土) ◇香川県丸亀市・香川県立丸亀競技場

日本選手権に出場した澤野大地は、5m50からスタートし、3本とも失敗してしまい、まさかの記録なしに終わりました。残念ながら、日本選手権5連覇はなりませんでした。

本人はブログで、「体の状態はかなりよかっただけに悔しいです。でもバーを越えられませんでした」と気持ちを吐露し、「調子が悪いわけではないので、秋のシーズンでこの悔しさを爆発させられるように、また頑張ります」と、結んでいます。秋シーズンの巻き返しをご期待ください。