「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2010年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■6月2日更新
なでしこジャパンはアジアカップ3位で2011年ドイツW杯の出場権獲得!
[サッカー:AFC女子アジアカップ2010中国]
◇5月20日(木)〜30日(日) ◇中国/成都
なでしこジャパンはアジアカップ3位で2011年ドイツW杯の出場権獲得!

中国で開催されたアジアカップ2010で、佐々木則夫監督が率いるなでしこジャパン(コーチは望月聡)が、3位決定戦で中国を2-0で破り、来年ドイツで開催されるワールドカップの出場を決めました。

日本は、グループリーグで強豪の朝鮮民主主義人民共和国に勝利するなど、全勝で決勝トーナメントに進出しましたが、準決勝はオーストラリアに0-1で惜敗し、目指していた優勝を逃がしてしまいました。

6大会連続のワールドカップ出場を決めるには、3位決定戦で勝つしかなくなり、相手も地元の応援に後押しされる中国というプレッシャーのかかる大一番でしたが、ドイツでプレーする安藤梢選手、アメリカでプレーする澤穂希選手のゴールで重圧を撥ね退けました。

佐々木監督は、日本サッカー協会のオフィシャルサイトで次のようにコメントしています。全文は、上記の文字リンクから協会のサイトにてご覧ください。
「第3代表決定戦ということで、戦術やスキルではなく、精神的な部分が中国に少しだけ勝っていたのが勝因だと思います。準決勝から今日までの時間、選手たちは自分たちで必死に気持ちを高めて臨んでくれました。私は情報を入れただけ。準決勝で勝たせてあげられなかったのは、選手じゃなく、僕の反省点。目標の初優勝できる力を持っている選手たちでした。FIFA女子ワールドカップは強豪ひしめくアジアの代表としての誇りを持ってベスト4以上を目指したいと思います」
各試合のスコアは以下の通りです。

◇試合結果◇
5月20日 ○ 8-0 vs ミャンマー
5月22日 ○ 4-0 vs タイ
5月24日 ○ 2-1 vs 朝鮮民主主義人民共和国
5月27日 準決勝 ● 0-1 vs オーストラリア
5月30日 3位決定戦 ○ 2-0 vs 中国

国内初戦に出場した片山梨絵は、欧州遠征の疲れも見せず圧勝フィニッシュ!
[MTBジャパンシリーズ:富士見パノラマ大会 クロスカントリー第3戦]
◇5月30日(日) ◇会場:長野県富士見町・富士見パノラマリゾート
国内初戦に出場した片山梨絵は、欧州遠征の疲れも見せず圧勝フィニッシュ!

1ヶ月半にわたるヨーロッパ遠征のため、今シーズンのジャパンシリーズは初出場となった片山梨絵(SPECIALIZED)は、4.0kmを5周回するレースで、周回ごとに後続との差を広げ、2位に10分11秒の大差をつけて優勝しました。(タイム:1時間34分24秒20 平均時速12.7km)

本人はブログで「エキスパートやスポーツの男子に換算した平均時速が去年よりもワンランク上にいけたのが収穫!後半の方に追い付くことの出来たエキスパート男子の選手は、たぶん去年なら届かなかった順位を走っている人たちなので、抜かす瞬間に『え?!』と驚かれるのが何気に快感でした(笑)」と、圧勝でも男子選手と比較することで、自分の走りを冷静に測っているようです。

女子ソフトボール2部、湘南ベルマーレはリーグ戦第3節1勝1敗で連敗ストップ
[女子ソフトボール:2部リーグ ホープセクション第3節]
◇5月29日(土)〜30日(日) ◇島根県雲南市・木次運動公園野球場、加茂運動公園野球場
女子ソフトボール2部、湘南ベルマーレはリーグ戦第3節1勝1敗で連敗ストップ

ソフトボール女子2部リーグのホープセクションで戦う湘南ベルマーレ女子ソフトボールチーム(監督:安藤美佐子)は、第3節の2試合を戦い、1勝1敗でした。

1日目の東海理化戦は終盤の大量失点で敗れましたが、2戦目は大和電機工業に競り勝ち、前節から続く連敗を4で止めました。通算成績は3勝5敗で5位となっています。
各試合のスコアは以下の通りです。

◇試合結果◇
5月29日(土)           計
東海理化     101 108 0 11
湘南ベルマーレ 000 000 3 3
5月30日(日)           計
湘南ベルマーレ 010 013 0 5
大和電機工業  002 100 1 4

田中・溝江ペア、ソウルオープンで予選初勝利も2回戦で敗退、本選進出ならず
[ビーチバレー:ワールドツアー ソウルオープン] 
◇5月26日(水) ◇韓国/ソウル

ビーチバレーのワールドツアーソウルオープンに出場した田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、予選の1回戦でカザフスタンペアをストレートで破り、ワールドツアーの予選で初勝利を上げました。しかし、予選の2回戦はアメリカペアに2セットとも13点に抑えられて敗戦。本選進出することはできず33位で大会を終えました。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・ワールドツアー ソウルオープン
予選1回戦 ○ 2(21-10,21-13)0 vs カザフスタンペア
予選2回戦 ● 0(13-21,13-21)2 vs アメリカペア

ヨネックスレディスゴルフトーナメントに出場した北田瑠衣は41位タイ
[女子ゴルフ:ヨネックスレディスゴルフトーナメント]
◇5月28日(金)〜30日(日) ◇新潟県長岡市・ヨネックスカントリークラブ

ヨネックスレディスゴルフトーナメントに出場した北田瑠衣は、3日間トータル8オーバーの41位タイでした。

同トーナメントには藤田幸希(TOSHIN)も出場しましたが、初日のラウンドを終え棄権しています。

■5月26日更新
フラットランドの世界戦「FISE 2010」で佐々木元が準優勝!ブログには動画あり
[BMX FLATLAND WORLD CIRCUIT 2010 #1:FISE 2010]
◇5月14日(金)、15日(土) ◇フランス/モンペリエ
フラットランドの世界戦「FISE 2010」で佐々木元が準優勝!ブログには動画あり

BMX FLATLAND WORLD CIRCUIT 2010の1st STAGEとしてフランスモンペリエで開催された「FISE 2010」に佐々木元が出場しました。

予選7位で決勝トーナメントに進出した佐々木元は、予選上位の選手を2人破って、世界戦で初となる決勝進出を果たしました!決勝では、世界チャンピオンのマティアス・ダンドワ選手に敗れましたが、世界のトップが集まった大会で、準優勝という成績を収めました。

佐々木からは「年に3回あるワールドサーキットの第1戦で2位を獲得できました。次は7月にスペインで行われます!また応援宜しくお願いします!!」と報告があり、自身のブログ「Artist of ground」でも「応援してくれて有難うございました!! 今回の結果は本当に皆さんのおかげです! でもでも今年はまだまだ勝負します。 次の大会もその次も面白いランが出来るように頑張ります!!!」と、応援への感謝と、今後の意気込みをコメントしています。

ブログには、テリー・アダムス選手との準々決勝の動画がアップされていますので、その素晴らしいランをぜひご覧ください。

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンで藤田幸希が3位!北田瑠衣4位T
[女子ゴルフ:中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン]
◇5月21日(金)〜23日(日) ◇愛知県豊田市・中京ゴルフ倶楽部石野コース
中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンで藤田幸希が3位!北田瑠衣4位T

中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、2日間の予選ラウンドをボギーが1つだけの5アンダー7位タイで終えると、最終日も5バーディノーボギーと、素晴らしいゴルフでスコアを伸ばし、通算10アンダー単独3位でトーナメントを終えました。

シーズン開幕から好調を維持する北田瑠衣は、4アンダー10位タイで迎えた最終日、6バーディ1ボギーと藤田と同じく5つスコアを伸ばし、順位を4位タイまで上げました。

日本身体障害者陸上選手権で廣道純が出場した2種目でトップ!山本篤は3種目
[第21回日本身体障害者陸上競技選手権大会]
◇5月23日(日) ◇大阪市東住吉区・大阪市長居陸上競技場
日本身体障害者陸上選手権で廣道純が出場した2種目でトップ!山本篤は3種目

長居陸上競技場で行なわれた身体障害者陸上の日本選手権に出場した廣道純は、T53クラス(腹筋、背筋が機能しない)の200mと800mの2種目に出場し、いずれも1位でゴールしました。

ゴールタイムに関しては、前回大会のレポートにあるように、会場がタイムの出ないトラックだったことに加え雨という天候もあり、200mで31秒01、800mで2分00秒03と、自己記録からはかなり遅いものとなりました。

走り幅跳びと100mに出場した山本篤(スズキ浜松アスリートクラブ)は、走り幅跳びで5m49(自己ベスト5m90)を記録し、100mは1.7mの向かい風という悪条件の中13秒33(自己ベスト12秒85)のタイムでゴールしました。

また、1チームのみの出場でしたが、400mリレーも行なわれ、山本はアンカーとして出場し、48秒82(日本記録47秒04)のタイムでした。

マウンテンバイクのW杯女子クロスカントリー第3戦で片山梨絵は41位
[MTB クロスカントリー:ワールドカップ第3戦]
◇5月23日(日) ◇ドイツ/オッフェンブルグ
マウンテンバイクのW杯女子クロスカントリー第3戦で片山梨絵は41位

マウンテンバイクのワールドカップ第3戦はドイツのオッフェンブルグで開催され、この大会からロンドンオリンピックの出場に関わるポイントが加算されるということもあり、105人もの選手が出場しました。

今回のヨーロッパ遠征で最後のレースとなる片山梨絵(SPECIALIZED)は、1周に転倒してしまったのが響き、トップから12分11秒遅れの41位でのフィニッシュとなりました。

本人がブログでレースについて詳しくレポートしています。また、今回の遠征については、「この一ヶ月半、ヨーロッパの面白いコースとメンバーで毎週レースができて、多くの事を体で感じることができた。今はまだ消化不良気味なのかもしれないけど、これから日本に帰って休養とトレーニングを積んで、またこの舞台で走りたい!」とコメントしています。(Photo by Sonoko TANAKA )

■5月19日更新
田中・溝江ペア、国内ツアー第2戦で初優勝!田中は優勝回数個人単独トップ!
[ビーチバレー:ファイテンJBVツアー2010第2戦 大日本印章オープン] 
◇5月14日(金)〜5月16日(日) ◇愛知県知多市・新舞子マリンパーク ブルーサンビーチ特設コート
田中・溝江ペア、国内ツアー第2戦で初優勝!田中は優勝回数個人単独トップ!

ビーチバレーの国内ツアー第2戦は、出場8チームが2つのプールに分かれてリーグ戦を行ない、上位2チームがシングルトーナメントに進出する形式で開催されました。田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、開幕戦で優勝した浦田聖子・西堀健実ペアなどと同組となったプール戦を全勝で1位通過すると、準決勝ではワイルドカードで出場の山田・幅口ペアを破り決勝進出を決めました。

決勝はプール戦でも戦った浦田・西堀ペアと再び対戦。第1セットを先取しましたが、第2セットはリードを許す展開に。16-19と苦しいスコアになりましたが、ここから怒涛の5連続ポイントで逆転し、ペアを組んで初となる優勝を決めました。

この優勝で田中姿子は、個人としてツアー12回目の優勝となり、優勝回数で単独トップとなりました。また、パートナーの溝江明香は個人としても初優勝で、19歳でのツアー優勝は史上最年少優勝記録となりました。

優勝を決めた2人は、その日のうちにワールドツアー・イタリア大会に旅立ちました。到着したその日に予選2回戦に出場した2人は残念ながらストレートで敗れています。ワールドツアーの次の大会は25日からのソウルオープンです。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・JBVツアー2010第2戦 大日本印章オープン
大会1日目 5月14日(金)
 プール戦1 ○ 2(21-19,21-18)0 vs 楠原・三木
 プール戦2 ○ 2(21-15,13-21,17-15)1 vs 浦田・西堀
大会2日目 5月15日(土)
 プール戦3 ○ 2(21-12,21-12)0 vs 保立・松山
 準決勝  ○ 2(21-11,21-14)0 vs 山田・幅口
大会3日目 5月16日(日)
 決勝 ○ 2(21-18,21-19)0 vs 浦田・西堀

・グランドスラム イタリア大会
予選2回戦 ●0(18-21, 15-21)2 vs ブラジルペア

菊地奈々子が東洋太平洋ライト・フライ級タイトルマッチで2度目の防衛に成功
[女子プロボクシング:OPBF東洋太平洋女子ライト・フライ級王座防衛戦]
◇5月18日(火) ◇東京都文京区・後楽園ホール
菊地奈々子が東洋太平洋ライト・フライ級タイトルマッチで2度目の防衛に成功

OPBF東洋太平洋女子ライト・フライ級王者の菊地奈々子(白井・具志堅スポーツジム)が、2度目となる防衛戦を行ない、挑戦者のジェレミー・タバスタバス(フィリピン)を4R1分29秒TKOで降し、タイトル防衛に成功しました。

この勝利でいよいよ世界王者・富樫直美(ワタナベジム)との再戦が現実味を帯びてきました。

片山梨絵がイタリアで開催された4日間のステージレースで総合優勝!
[MTBクロスカントリー:Tour de la Ville d'Aoste]
◇5月13日(木)〜16日(日) ◇イタリア/ヴァッレダオスタ州
片山梨絵がイタリアで開催された4日間のステージレースで総合優勝!

ヨーロッパ遠征中の片山梨絵(SPECIALIZED)は、イタリアで開催された4日間のステージレースに出場し、第1ステージのタイムトライアルは2位でしたが、その後の3日間のステージを全て制し、見事に総合優勝を果たしました。

本人のブログ「RIDE!RIE!RIDE!」によれば、レースはオフロードだけではなくアスファルトのコースもあり、2日目からは体調不良に見舞われるなど、様々なものと戦いながらの4日間だったようです。詳しいレースの模様はブログにレポートがありますので、そちらをご覧ください。

◇レース結果◇
・Women Elite 総合
優勝 片山梨絵 4時間04分38秒
2位 CALVETTI SERENA(イタリア) 4時間15分06秒
3位 PEZZATI SOFIA(スイス) 4時間19分28秒

・5月13日(木)18:00〜 第1ステージ タイムトライアル6.5km
1位 CALVETTI SERENA 0:15:47.0
2位 片山梨絵 +0:00:11
3位 PEZZATI SOFIA +0:00:30

・5月14日(金)15:15〜 第2ステージ XCO(4×5460m)
1位 片山梨絵 1:33:07
2位 CALVETTI SERENA +0:05:35
3位 GIOVANNIELLO MARTINA +0:06:32

・5月15日(土)12:00〜 第3ステージ XCO(4×5320m)
1位 片山梨絵 1:24:35
2位 CALVETTI SERENA +0:04:36
3位 PEZZATI SOFIA +0:05:27

・5月16日(日)13:00〜 第4ステージ XCC(4×4700m)
1位 片山梨絵 0:51:24
2位 GOGOLEVA ELENA +0:00:27
3位 CALVETTI SERENA +0:00:30

フリーダイビングのインドアカップで、篠宮龍三は2種目に出場しどちらも2位
[フリーダイビング:インドアカップ2010 & AIDA Japan Trial]
◇5月15日(土)〜16日(日) ◇千葉県館山市・館山市営温水プール
フリーダイビングのインドアカップで、篠宮龍三は2種目に出場しどちらも2位

フリーダイビングの競技会「インドアカップ2010 & AIDA Japan Trial」が千葉県館山市で開催され、篠宮龍三が2種目に出場しました。

15日は、スタティック・アプネアという静止状態で、どれだけの時間息を止めることができるかを競う競技に出場し、6分31秒で2位となり、16日は、ダイナミック・アプネア・ウィズ・フィンという原則として、フィンを着用し、息継ぎをしないで、どれだけの距離を泳げるかを競う競技で162mを記録し、こちらも2位でした。

篠宮は、「約1年半ぶりにこの競技に出場しましたが、少し緊張していたということと、久しぶりということで感覚を取り戻せなかった部分があるが、来月の世界選手権までにはしっかりと調整したい」と話していました。

フンドーキンレディースは北田瑠衣14位T、藤田幸希20位T、小俣奈三香54位T
[女子ゴルフ:フンドーキンレディース]
◇5月14日(金)〜5月16日(日) ◇福岡県朝倉市・福岡センチュリーゴルフ倶楽部

フンドーキンレディースに出場した北田瑠衣は、3日間ともに安定したゴルフで通算2アンダーにまとめ、14位タイでトーナメントを終えました。

藤田幸希(TOSHIN)は、初日1アンダー5位タイというスタートを切りましたが、2日目に4オーバーと乱れて31位タイに順位を落とし、3日目には3アンダーで巻き返すという波のあるゴルフでトータルイーブンパー20位タイとなりました。

小俣奈三香は初日7オーバー79位タイと出遅れましたが、2日目に1アンダーで巻き返して決勝ラウンド進出を決めました。最終日は、4オーバーとし、トータル10オーバー54位タイの成績でした。

女子ソフトボール2部、湘南ベルマーレはリーグ戦第2節の3試合を戦い3連敗
[女子ソフトボール:2部リーグ ホープセクション第1節]
◇5月14〜16日(金〜日) ◇愛知県大口町・大口町総合運動場

ソフトボールの女子2部リーグのホープセクションで戦う湘南ベルマーレ女子ソフトボールチーム(監督:安藤美佐子)は、第2節の3試合を戦い、3連敗という結果でした。

対戦相手がいずれもリーグの上位チームということもあり、3試合とも失点が多く、湘南の得点は静甲戦であげた1点のみという悔しい敗戦で、通算成績は2勝4敗の5位となりました。各試合のスコアは下記の通りです。

◇試合結果◇
5月14日(金)           計
日立マクセル   010 130 1 6
湘南ベルマーレ 000 000 0 0
5月15日(土)           計
湘南ベルマーレ 010 000 0 1
靜甲        145 304 X 17
5月16日(日)           計
島根三洋電機  202 002 0  6
湘南ベルマーレ 000 000 0  0

■5月12日更新
廣道純がソウル国際車椅子マラソン、ハーフの部で優勝!仙台ハーフは4位
[第19回ソウル国際車椅子マラソン] 
◇5月2日(日) ◇韓国/ソウル・チャムシルオリンピックスタジアム
[第19回仙台国際ハーフマラソン大会・車いすの部] 
◇5月9日(日) ◇宮城野原公園東側スタート〜仙台市役所前市民広場ゴール
廣道純がソウル国際車椅子マラソン、ハーフの部で優勝!仙台ハーフは4位

ソウル国際車椅子マラソンのハーフマラソンに出場した廣道純は、上田隆司選手、松永仁志選手という日本人選手同士の同タイムの争いを制し、47分05秒で優勝しました。

優勝を報告するブログには、接戦のゴールシーンの写真もアップされていますので、そちらもご覧ください。

翌週、仙台で開催された仙台国際ハーフマラソン大会では、坂道で先頭グループから離され、単独走行となり、4位でフィニッシュしています。こちらも、本人のブログに報告がありますので、ぜひご覧ください。

車椅子バスケの日本選手権で千葉ホークスが13年連続のファイナリストに!
[第39回日本車椅子バスケットボール選手権大会]
◇5月3〜5日(月祝〜水祝) ◇渋谷区千駄ヶ谷・東京体育館
車椅子バスケの日本選手権で千葉ホークスが13年連続のファイナリストに!

車椅子バスケの日本選手権で12年連続してファイナルに進んでいる千葉ホークス(京谷和幸所属)は、準決勝のNO EXCUSE戦で、大接戦の末4クォーターに逆転して60-57で勝利し、13年連続の決勝進出を決めました。

決勝の相手は、2年続けて決勝で苦杯をなめた宮城MAXとなりましたが、リベンジを果たすことはできず、残念ながら46-76で敗れ、3年連続の準優勝となりました。

京谷はブログ「Kyoya Style」でこの決勝戦について「全くホークスらしいバスケが出来ずに、MAXに惨敗・・・今は何も言うことはありません。というか、言葉になりません(涙)」と綴りながらも「また明日から、新たな1年が始まります。来年こそは、宮城MAXを倒して、日本一に返り咲きたいと思います!」とチームとして、個人としての成長を誓っています。

◇試合結果◇
2回戦 ○69-48 vs 三重チャリオッツ
3回戦 ○89-43 vs 岡山ウィンディア
準決勝○60-57 vs NO EXCUSE
決勝  ●46-76 vs 宮城MAX

マウンテンバイクW杯ベルギー大会女子クロスカントリーで片山梨絵は37位
[MTB クロスカントリー:ワールドカップ第2戦 ベルギー・ウッファリーズ大会]
◇5月2日(日) ◇ベルギー/ウッファリーズ
マウンテンバイクW杯ベルギー大会女子クロスカントリーで片山梨絵は37位

マウンテンバイクのワールドカップ第2戦に出場した片山梨絵(SPECIALIZED)は、トップから12分4秒遅れの37位でフィニッシュしました。

第1戦の33位よりもいい順位でのフィニッシュを目指していたため、本人は、「ステップアップすることができませんでした。フランス、イタリアのUCI公式戦で練習を積んで、今遠征最後のレースとなるワールドカップ第3戦@ドイツではもう一段階前のパックで走りたいと思います」とコメントしています。

自身のブログに詳しくレポートが上がっていますので、そちらをご覧下さい。

なお、5月8日のクラス1のレース、フランスカップでは7位でフィニッシュしています。こちらのレースについても本人のブログにレポートがありますので、ぜひご覧ください。(Photo by Sonoko TANAKA)

田中・溝江ペア、国内開幕戦は優勝ペアに勝利も最終5位。上海OPは予選敗退
[ビーチバレー:ファイテンJBVツアー開幕戦 東京オープン] 
◇5月1日(土)〜5月3日(月祝) ◇東京都港区・お台場海浜公園
[ビーチバレー:ワールドツアー上海オープン] ◇5月5日(水) ◇中国/上海
田中・溝江ペア、国内開幕戦は優勝ペアに勝利も最終5位。上海OPは予選敗退

ビーチバレーの国内ツアー開幕戦に臨んだ田中姿子(エコ計画)・溝江明香(産業能率大学)ペアは、初戦で、大会優勝ペアとなる浦田聖子・西堀健実ペアと対戦し、フルセットの末に勝利して、幸先の良いスタートを切りました。

大会2日目の2回戦は尾崎睦(湘南ベルマーレ)・金田洋世(上越マリンブリーズ)ペアと対戦し、ストレートで敗れると、敗者復活・5位決定戦の相手は前日と同じ浦田・西堀ペアに。1セット目を落として迎えた第2セットではどちらがセットを取ってもおかしくない展開となりましたが、一歩及ばず敗れ、惜しくも5位で大会を終えました。

5日に開催されたワールドツアー上海オープンの予選2回戦は、相手が浅尾美和・草野歩ペア(エスワン)となり、奇しくも日本人ペア同士の対戦となりました。2セットともにデュースにもつれましたが、どちらも惜しくも落としてしまい、予選2回戦敗退となりました。

なお、東京オープンを5位で終えた田中姿子は、自身のブログで「結果には納得していないし、もっと練習をして強くなれると信じている。サーブ・レシーブ・ブロック・スパイク、自分の技術はもちろん、パートナーの明香もまだまだ技術ののびしろがたくさんある。だからチームで悔しい思いを沢山して場数を踏んで学習をして沢山の技術を身につけて行って強くなりたい。勝った試合も負けた試合も無駄にしないように一歩ずつ一歩ずつ明香と頑張ります」とコメントし、しっかり前を見据えています。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
・JBVツアー東京オープン
1回戦 ○2(21-16,13-21,15-11)1 vs 浦田・西堀
2回戦 ●0(13-21,17-21)2 vs 尾崎・金田
敗者復活5位決定戦 ● 0(13-21,19-21)2 vs 浦田・西堀

・上海オープン
予選2回戦 ●0(23-25,22-24)2 vs 浅尾・草野

藤田幸希がサイバーエージェントレディスで5位T!北田瑠衣は国内メジャー35位T
[女子ゴルフ:サイバーエージェント レディスゴルフトーナメント] 
◇4月30日(金)〜5月2日(日) ◇千葉県市原市・鶴舞カントリー倶楽部 東コース
[女子ゴルフ:ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ]
◇5月6日(木)〜9日(日) ◇茨城県つくばみらい市・茨城ゴルフ倶楽部西コース

サイバーエージェント レディスゴルフトーナメントに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、初日3ボギー33位タイから2日目は通算イーブンパーの12位タイと順位を上げました。最終日は前日のいい流れのまま5バーディ1ボギーの68で回って、通算4アンダー5位タイと、今シーズン最高の成績でホールアウトしました。

北田瑠衣は、3日間ともにアンダーパーで回ることができず、トータル7オーバー39位タイで大会を終えました。

翌週は、今シーズン最初のメジャー大会のワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップが開催されました。北田瑠衣は5オーバー22位タイで予選ラウンドを終えると、3日目はイーブンパーでまとめて24位タイで最終日に臨みました。しかし、最終日はスコアメイクに苦しみ、77で回って通算10オーバー35位タイで4日間のトーナメントを終えました。

なお、藤田幸希、小俣奈三香の2人は2日間の予選ラウンドを終え、残念ながら決勝ラウンドに進めませんでした。