「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2009年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■1月6日更新
新ペアで出場したアジアビーチバレー選手権で、新シーズンへの手応え掴む4位!
[アジアビーチバレー選手権]
◇12月24〜26日(水〜土) ◇中国/海南省海口市
新ペアで出場したアジアビーチバレー選手権で、新シーズンへの手応え掴む4位!

昨年末、中国の海口市でアジアビーチバレー選手権が行なわれ、田中姿子は新たにペアを組むこととなった産業能率大学の溝江明香選手とのペアでこの大会に出場しました。

1試合のみとなったプール戦は、スリランカペアと対戦し、相手に10点と8点しか与えずに完勝。新ペア初の公式戦として上々のスタートとなりました。 決勝トーナメント1回戦は、苦しみながらも逆転勝ちを収めると、2回戦も勝ってベスト4に進出しましたが、準決勝はワールドツアーでも実績を残す中国ペアに敗れ3位決定戦に回りました。

3位決定戦の相手は、日本の尾崎・草野ペア。残念ながら敗れてしまいましたが、国内大会で優勝するなど、チームとして熟成しているペアを相手に、17点、19点と取り、新ペアの可能性を感じられる試合となりました。何より、新ペアを結成して間もない段階で公式戦に出場し、様々なレベルの相手と5試合も戦えたことが新シーズンに向けて大きかったのではないでしょうか。

田中は本人のブログで、「今回の大会を通して見えて来た課題や更なるレベルアップを目指してオフシーズンにやりたい事がいっぱい出てきたよ。まだまだこれからっ。頑張ります!」とコメントし、日本からの応援に感謝しています。

◇田中・溝江ペアの試合結果◇
予選プールB ○ 2(21-10,21-8)0 vs Sevw-Sujeew(SRI)
1回戦 ○ 2(19-21,21-17,17-15)1 vs Kou-Chang(TPE)
2回戦 ○ 2(21-16,21-18)0 vs Tanpaksee-Sannok(THA)
準決勝● 0(17-21,14-21)2 vs Jin-Yue(CHN)
3位決定戦 ● 0(17-21,19-21) vs 尾崎・草野

■12月24日更新
家根谷がW杯2戦連続決勝T進出し12位!いよいよオリンピックイヤーを迎えます!
[スノーボード・アルペン:ワールドカップ パラレル大回転]
◇12月17日(木) ◇アメリカ/コロラド州テルライド
家根谷がW杯2戦連続決勝T進出し12位!いよいよオリンピックイヤーを迎えます!

スノーボードアルペンのワールドカップの第2戦が、アメリカコロラド州のテルライドで行なわれ、開幕戦で9位に入った家根谷依里(へそ曲りスキークラブ)は、予選1本目コース16位とギリギリのタイムで2本目に進むと、2本目はしっかり修正して総合順位を11位に上げ、2戦続けて決勝トーナメント進出を果たしました。迎えた決勝トーナメントでは残念ながら1回戦で敗退となり、12位で大会を終えました。

本人はブログで、「以前だと、追い込まれた状況の中で自分のやるべき事だけに集中できず、気持ちが空まわって失敗していた思います。“心”の部分での成長の確認をすることができたと思います」とコメントし、今大会も自身の成長を実感できているようです。

家根谷は一時帰国し、年明けすぐのヨーロッパ遠征に向けてトレーニングしています。年明け最初のワールドカップは6日、オーストリアで開催されます。

■12月16日更新
家根谷依里がW杯開幕戦で決勝T進出し9位!予選タイムは表彰台が見える4位!!
[スノーボード・アルペン:ワールドカップ パラレル大回転]
◇12月15日(火) ◇アメリカ/コロラド州テルライド
家根谷依里がW杯開幕戦で決勝T進出し9位!予選のタイムは総合4位!!

スノーボードアルペンのワールドカップの初戦は、キャンセルとなったイタリア大会の代替としてアメリカコロラド州のテルライドで行なわれました。オリンピック種目のパラレル大回転に出場した家根谷依里(へそ曲りスキークラブ)は、予選1本目で初体験となるトップタイムをマーク、2本の合計タイムで4位となって予選を通過しました。決勝トーナメントでは惜しくも1回戦で敗れてしまい、ベスト8進出を逃がしましたが、W杯のパラレル大回転では、自己最高タイとなる9位に入りました。

レース後更新されたブログで、「いやぁ、悔しい。でも嬉しい。レースで自分の力が出せるって幸せ。」とコメントし、予選での滑りに自信を得た様子が伝わってきます。17日には同じスキー場でW杯第2戦が開催されますので、今度は決勝で予選1本目のような会心の滑りが期待されます。

なお、11日に開催されたノースアメリカンカップ(コロラド州スティームボート・スプリングス)では、予選を通過しましたが、決勝トーナメントは初戦で敗れ16位に終わっています。

梅村礼が2試合で単複計4戦し3勝1敗。チームの連勝に貢献しシーズン前半終了
[卓球:ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)09-10 第8節、第9節]
◇12月12、13日(土、日) ◇ドイツ
梅村礼が2試合で単複計4戦し3勝1敗。チームの連勝に貢献しシーズン前半終了

卓球のドイツ1部リーグ、ブンデスリーガのホルスターハウゼンに所属する梅村礼(文化シヤッター)は、12日トステッド、13日ベルリンといずれも敵地での試合に出場し、トステッド戦ではシングルス2勝、ベルリン戦ではダブルス1勝をあげ(シングルス1敗)、チームの連勝に貢献しました。

ホルスターハウゼンは通算5勝4敗の5位でリーグの前半戦を終えました。また、梅村は個人成績では11勝3敗でブンデスリーガ3位タイとなっています。なお、シーズン後半戦は来年1月30日のホームでのビンゲン戦から始まります。

本人のブログでは、12日のトステッド戦について振り返っていますので、ご覧ください。

◇梅村の試合結果◇
10月12日 ○3-1 vs トステッド
第2シングルス ○ 3(12:14,4:11,11:8,11:6,11-7)2 Bollmeier Nadine
第4シングルス ○ 3(17:15,11:6,8:11,11:6)1 Han Ying

10月13日 ○3-2 vs ベルリン
第3シングルス ● 2(11:8,9:11,11:8,9:11,11-13)3 Pota Georgina
ダブルス(Schall Elkeとペア)○ 3(11:8,11:7,11:3)0 Pota Georgina/Hain-Hofmann Tanja

全日本実業団女子駅伝で第一生命が3位。昨年優勝の豊田自動織機は9位
[駅伝:第29回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会]
◇12月13日(日) ◇岐阜県岐阜市・長良川競技場発着6区間42.195km

全日本実業団女子駅伝で、山下佐知子監督が率いる第一生命が3位に、小出義雄代表が委託を受け指導する豊田自動織機は9位、同じくユニバーサルエンターテインメント(アルゼからチーム名変更)は13位でゴールしました。

第一生命は、ベルリン世界陸上のマラソンで銀メダルを取った尾崎好美選手が1区を務め、3位でたすきを渡すと、4区の垣見優佳選手が区間賞の走りを見せるなど、全員が役割を果たす走りで3位を勝ち取りました。

昨年優勝し、今年は東日本実業団駅伝でも初優勝して臨んだ豊田自動織機は、1区2区での出遅れが響き、残念ながら連覇はなりませんでした。

なお、大会は、昨年2位の三井住友海上が2年ぶりに優勝しました。

■12月9日更新
篠宮龍三がバハマでフリーダイビングの新記録樹立!Jマイヨール超える107m!!
[フリーダイビング:世界選手権及びミニ大会]
◇11月25日〜12月5日(水〜土) ◇バハマ/ロング島
篠宮龍三がバハマでフリーダイビングの新記録樹立!Jマイヨール超える107m!!

11月25日〜12月5日、AIDA(国際フリーダイビング連盟)フリーダイビング世界選手権がバハマ・ロング島のディーンズブルーホールにて行なわれ、世界17ヶ国から53名のトップフリーダイバーが集結しました。

今大会は、フィンを履いて潜る「Constant with fin」と、フィンを履かずに潜る「Constant no fin」の2種目が行なわれ、篠宮龍三は、105mの日本記録を持つ「Constant with fin」に出場しました。

大会前のトレーニングも順調で、101mを申告し臨んだ予選。問題なくクリアできる深度のはずでしたが、本人によれば「耳管のコンディションがいつになく悪く、耳抜きがほとんど出来ない状態」になってしまい、90mで無念の浮上、まさかの予選敗退となってしまいました。

しかし、世界選手権の合間に行なわれたミニ大会「Locals Dive-Off」では、コンディショニングの手応え通り、自己最高記録105mを更新し、107mに到達。見事に日本新記録を樹立しました。なお、この記録はアジア新記録でもあります。

篠宮は今回の遠征を終え次のようにコメントしました。
「本戦へ出場できなかった悔しさはありますが、10年間追いかけてきた憧れのジャック・マイヨール氏の記録(105m)を超えることができ、日本人ダイバーの代表としてとても誇りに思います。今回の世界選手権では今後の課題が見え、手応えを感じることができたので、非常に得るものが大きな大会となりました。今後も引き続き応援よろしくお願いします」

自身のブログ「One Ocean〜海はひとつ!」には、世界選手権の模様や、新記録を樹立したことについての報告がたくさん上がっていますので、ぜひそちらもご覧ください。

菊地奈々子が東洋太平洋王座防衛! 具志堅会長は来年5月に世界再挑戦を宣言!
[女子プロボクシング:OPBF東洋太平洋女子ライト・フライ級王座防衛戦]
◇12月2日(水) ◇東京都文京区・後楽園ホール
菊地奈々子が東洋太平洋王座防衛!具志堅会長は来年5月に世界再挑戦を宣言!

OPBF東洋太平洋女子ライト・フライ級王者の菊地奈々子(白井・具志堅スポーツジム)は、6月に王座に就いて初めてとなる防衛戦の相手に、ランキング1位のヤニ・ゴーキャットジム(タイ)選手を迎えました。

試合は、終始攻め続けたチャンピオンの菊地が、9ラウンド1分26秒レフェリーストップによるTKOで挑戦者を下し、菊地が王座防衛に成功。新調され輝くチャンピオンベルトを腰に巻きました。

試合後菊地は「気持ちの強い選手で、素晴らしい相手と試合がてきて嬉しいです」と話し、気持ちと気持ちがぶつかる“殴り合い”の展開となったことに満足そうでしたが、倒しきれなかったことには不満が残ったようです。

具志堅会長は来年5月に世界に再挑戦させると話し、菊地は自身のウェブサイトで、「倒しきることができず引退という事も頭をよぎりましたが、来年、世界タイトルのチャンスもあるということなので、もう一年頑張りたいと思います」と、コメントしています。

応援への感謝のコメントをはじめ、詳しい試合内容については、菊地奈々子公式サイトをご覧ください。

家根谷依里は、ヨーロッパカップのパラレル大回転で決勝に進み12位
[スノーボード・アルペン:ヨーロッパカップ]
◇12月5日(土) ◇イタリア/ノーヴァ・レヴァンテ

バンクーバーオリンピックを目指す家根谷依里(へそ曲りスキークラブ)は、雪不足のためにワールドカップがキャンセルとなったためにヨーロッパカップに急遽出場しました。予選を通過した家根谷は、決勝の合計タイムで12位となりました。

スキー場のコンディションがかなり悪かったようで、決勝の2本目に関して「久々に『怖い』と思いました」とブログに書いています。

家根谷は既にアメリカに渡っていて、コロラド州で開催されるワールドカップ2戦に出場する予定です。

梅村礼はマッチポイント3度逃がし惜しくも敗れ、チームも0-3で黒星が先行
[卓球:ドイツ1部リーグ(ブンデスリーガ)09-10 第7節]
◇12月5日(日) ◇ドイツ

卓球のドイツ1部リーグ、ブンデスリーガのホルスターハウゼンに所属する梅村礼(文化シヤッター)は、5日ホームで行なわれたクロパッハ戦で、1番手として登場し、フルセットの末惜しくも敗れました。

ファイナルセットでは3度もマッチポイントを握りましたが、あと1点が取れず、ブンデスリーガのシングルスでは9月以来となる敗戦を喫しました。チームも0-3で敗れ、通算3勝4敗と黒星が先行してしまいました。

ブログでは、本人が試合について「見ている人にとっては白熱した面白い試合だったようですが負けは負け。悔しさが残る一戦でした」と、コメントしています。

◇梅村の試合結果◇
12月5日 ●0-3 vs クロパッハ
第1シングルス ● 2(11:9,10:12,7:11,11:4,12:14)3 Jiaduo