「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2009年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■9月2日更新
JBVツアー東京オープンで、田中・鈴木ペアは3位。2週連続優勝はならず
[ビーチバレー:ファイテンJBVツアー第4戦 東京オープン]
◇8月28〜30日(金〜日) ◇東京都港区・お台場海浜公園
JBVツアー東京オープンで、田中・鈴木ペアは3位。2週連続優勝はならず

ビーチバレーの国内ツアー第4戦東京オープンに出場した田中姿子鈴木洋美ペアは、準決勝で尾崎睦・草野歩(湘南ベルマーレ)ペアに敗れてしまい、期待された2週連続優勝はなりませんでした。
しかし、最終日に行なわれた3位決定戦では、苦しみながらも保立沙織・山田寿子ペアをストレートで降し、3位を確保しています。

また、小泉栄子は、周藤玲美とのペアで出場し、1回戦は勝利しましたが、続く2回戦の相手は、田中・鈴木ペアで、勝利を収めることはできませんでした。続く敗者復活戦でも敗れてしまい、9位で大会を終えています。

なお、大会は、準決勝で田中・鈴木ペアを破った尾崎・草野ペアがそのまま決勝戦でも勝利し、若いペアがツアー初優勝を飾っています。

◇試合結果◇
・田中姿子・鈴木洋美ペア
2回戦 ○ 2(21-13,21-17)0 vs 小泉・周藤
3回戦 ○ 2(21-14,22-20)0 vs 金田・村上
準決勝● 0( 9-21,19-21)2 vs 尾崎・草野
  3決 ○ 2(21-17,21-16)0 vs 保立・山田

・小泉栄子・周藤玲美ペア
1回戦 ○ 2(21-15,14-21,15-8)1 vs 川越・幅口
2回戦 ● 0(13-21,17-21)2 vs 田中・鈴木
敗者復活9位決定戦 ● 0(25-27,14-21)2 vs 松村・渡邉

藤田幸希がヨネックスレディス最終日に好スコア、今季最高の3位タイに浮上!
[女子ゴルフ:ヨネックスレディスゴルフトーナメント]
◇8月28〜30日(金〜日) ◇新潟県長岡市・ヨネックスカントリークラブ
藤田幸希がヨネックスレディス最終日に好スコア、今季最高の3位タイに浮上!

ヨネックスレディスゴルフトーナメントに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、4アンダー12位タイで迎えた最終日、5バーディノーボギーの67と好スコアをマークし、今シーズン最高となる3位タイまで順位を上げました。今週は、昨年優勝しているゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントで連覇に挑みます。

なお、北田瑠衣は、昨年優勝した大会でしたが、2日目に崩れ、1打及ばずに悔しい予選落ちとなりました。小俣奈三香も残念ながら最終日に進むことができませんでした。

東アジアホープス大会で伊藤美誠所属の日本Bが団体準V!史上最年少メダル
[卓球:東アジアホープス選手権国際招待大会]
◇8月25.26日(火.水) ◇大阪市浪速区・大阪府立体育会館
東アジアホープス大会で伊藤美誠所属の日本Bが団体準V!史上最年少メダル

東アジアホープス選手権に出場した伊藤美誠は、団体戦(日本B)で準優勝、個人ではベスト16という成績でした。

団体戦は香港、マカオに勝ち予選リーグを突破。決勝トーナメントで中国に3-2で勝ちましたが、韓国には2-3で惜しくも敗れ、準優勝でした。伊藤美誠は出場自体が大会史上最年少でのものだったため、メダル獲得ももちろん最年少記録となりました。

■8月26日更新
ビーチバレージャパンレディース2009で田中・鈴木ペアが1セットも失わず完全V!
[ビーチバレー:ビーチバレージャパンレディース2009]
◇8月21〜23日(金〜日) ◇大阪府泉南郡岬町淡輪・せんなん里海公園ビーチバレー競技場
ビーチバレージャパンレディース2009で田中・鈴木ペアが1セットも失わず完全V!

ビーチバレー女子の国内大会の最高峰、ビーチバレージャパンレディースが今年も大阪のせんなん里海公園ビーチバレー競技場で開催され、田中姿子鈴木洋美ペアは、6試合を戦い、すべてストレート勝ちを収め見事に優勝しました。
順当に勝ち進んだ準決勝の相手は、前の週に苦杯をなめた西堀健実・浅尾美和(エスワン)ペア。勢いのあるペアを21-18,21-18で降して借りを返すと、決勝では浦田聖子(MDI)・楠原千秋ペアを21-17,21-17で退け、田中は2006年以来、鈴木は2007年以来となる優勝を果たしました。

◇試合結果◇
・田中姿子・鈴木洋美ペア
 1回戦 ○ 2(21-12,21-16)0 vs 吉田・田中
 2回戦 ○ 2(21-16,21-19)0 vs 金田・村上
 3回戦 ○ 2(21-14,21-19)0 vs 梁川・浦田
 4回戦 ○ 2(21-13,22-20)0 vs 尾崎・草野
準決勝 ○ 2(21-18,22-18)0 vs vs 西堀・浅尾
決勝戦 ○ 2(21-17,22-17)0 vs vs 浦田・楠原

小泉栄子は、国内ツアーを共に戦う周藤玲美とのペアで出場し、1回戦でフルセットと苦しみながらも勝利すると、2回戦ではストレート勝ちを収めました。しかし、3回戦で山田寿子・保立沙織ペアに敗れると、その後の敗者復活9位決定戦でも惜しくも敗れ、9位で大会を終えています。

◇試合結果◇
・小泉栄子・周藤玲美ペア
 1回戦 ○ 2(19-21,21-13,15-7)1 vs 樽井・増田
 2回戦 ○ 2(22-20,21-15)0 vs 溝江・藤井
 3回戦 ● 0(15-21,16-21)2 vs 山田・保立
敗者復活9位決定戦 ● 0(21-23,21-23)2 vs 金田・村上

世界陸上で澤野大地が2大会ぶりの決勝進出! 惜しくも入賞はならず10位
[世界陸上ベルリン大会:棒高跳び]
◇8月20.22日(木.土) ◇ドイツ/ベルリン
世界陸上で澤野大地が2大会ぶりの決勝進出! 惜しくも入賞はならず10位

世界陸上ベルリン大会に出場した澤野大地は、20日に行なわれた男子棒高跳びの予選で、5m55から試技を始めて1回目で成功。続く5m65は3本とも失敗してしまいましたが、5m55を1回でクリアしたことが効き、22日の決勝に進みました。

2大会ぶりに進出した決勝では、5m50から始めて1本目に綺麗な跳躍を見せ難なくクリア。やはり2大会ぶりとなる入賞が期待されましたが、続く5m65は惜しくも3本とも失敗し、10位という結果で終わりました。

TBSのテレビ中継内でのインタビューでは、「正直悔しいです。でも本当に、日本でたくさんの人が応援してくれて、本当に感謝しています。ありがとうございました」と答えていました。また、帰国後に更新された本人のブログでも、「たくさんの応援、コメントありがとうございました!! 1つだけ、ベルリンで決勝を終えてから、更にモチベーションがあがりました。絶対自己ベスト更新したいです」と応援への感謝と、これからへの前向きな気持ちを表わしています。

山下佐知子が指導する尾崎好美選手が女子マラソンで銀メダル獲得!
[世界陸上ベルリン大会:女子マラソンほか]
◇8月15〜23日(日) ◇ドイツ/ベルリン

ライツメンバーである山下佐知子小出義雄が指導する4選手が、世界陸上ベルリン大会には出場していました。

第一生命で監督を務める山下佐知子が指導する尾崎好美選手は、女子マラソンに出場し、先頭争いを繰り広げ、2時間25分25秒の2位でゴール。監督が東京大会で獲得したのと同じ、世界陸上の銀メダルを獲得しました。 テレビ中継では、レース後の尾崎選手のインタビュー中に姿を表わして、師弟で喜びの抱擁を交わしていました。
最後は中国人選手と2人での金メダル争いとなったため、「あそこまでいったら、勝ってほしかった」と本音も漏らしましたが、選手も監督も満足そうな表情に変わりはありませんでした。

小出義雄が指導する佐倉アスリート倶楽部からは、3選手が出場し、大会初日の15日の10000mに佐伯由香里選手(アルゼ)が出場し、タイムは伸びませんでしたが20位で完走。5000mに出場した小林祐梨子選手(豊田自動織機)は予選を通過して決勝では15分12秒44のタイムで11位に入りました。女子マラソンにはケニア代表としてジュリア・モンビ選手(アルゼ)が出場し、2時間28分59秒で12位完走を果たしています。

CAT Ladies、北田瑠衣は最終日4アンダーで回り11位T。藤田35位T、小俣51位T
[女子ゴルフ:CAT Ladies]
◇8月21〜23日(金〜日) ◇神奈川県箱根町・大箱根カントリークラブ

ツアー屈指のロングコース(6,648ヤード、パー73)で争われたCAT Ladiesで、北田瑠衣は、1アンダー14位タイで迎えた最終日に、5バーディ1ボギーとスコアを伸ばし、トータル5アンダー11位タイでトーナメントを終えました。

なお、藤田幸希(TOSHIN)は、3日間トータル1アンダー35位タイ、小俣奈三香は、同じく3オーバー51位タイという成績でした。

■8月19日更新
U-19女子選手権大会で佐々木則夫監督率いる日本代表がアジアチャンピオンに!
[女子サッカー:AFC U-19女子選手権大会2009]
◇8月1〜12日(土〜水) ◇中国/武漢
U-19女子選手権大会で佐々木則夫監督率いる日本代表がアジアチャンピオンに!

8月1日から中国で開催されていたサッカーのAFC U-19女子選手権大会2009には、佐々木則夫監督が率いるU-19女子日本代表チームが出場していました。

グループリーグを2位で通過した日本代表は、準決勝で北朝鮮を破って来年の7月からドイツで行なわれるU-20女子ワールドカップの出場権を獲得すると、12日の決勝戦では、韓国代表を2-1で退け、この年代2回目となるアジア制覇を果たしました。

各試合のスコアは以下の通りです
1日グループリーグ:△ 1-1 vs オーストラリア
3日グループリーグ:○ 5-0 vs チャイニーズタイペイ
5日グループリーグ:△ 1-1 vs 中国 ※1勝2分の2位でグループリーグ突破!
9日準決勝:○ 1-0 vs 北朝鮮
12日 決勝:○ 2-1 vs 韓国

片山梨絵が東京ヒルクライムNARIKIステージ女子優勝、シリーズの総合Vも!
[自転車:第3回東京ヒルクライム NARIKIステージ]
◇8月16日(日) ◇東京都青梅市・常盤林道
片山梨絵が東京ヒルクライムNARIKIステージ女子優勝、シリーズの総合Vも!

今年で3回目となる東京ヒルクライムのNARIKIステージが開催され、片山梨絵(SPECIALIZED)が女子の部で見事に優勝しました。

レースは、5kmで430m上る厳しいヒルクライムコースで、1本目は45分以内にゴールすれば2本目に進むことができ、2本目は本番のタイムアタックというレギュレーションで行なわれ、片山は2本目女子の2位に1分2秒の差をつける17分36秒でゴールしました。男女合わせて400人近い選手が2本目に挑戦し、男女総合でも22位の好タイムで、オリンピック出場選手の実力を見せつけました。

また、このレースは7月26日に行なわれたOKUTAMAステージとの総合優勝の表彰もあり、両レースで女子のトップだった片山は、もちろん女子の総合優勝。思いがけず賞金も出たことをブログで報告しています。ぜひご覧ください。

ビーチバレージャパンに出場の田中・鈴木ペアは準決勝で惜しくも敗れ3位
[ビーチバレー:MasterCardビーチバレージャパン]
◇8月14〜16日(金〜日) ◇神奈川県藤沢市・鵠沼海岸

ビーチバレーの国内大会、ビーチバレージャパンが藤沢市の鵠沼海岸で行なわれ、田中姿子鈴木洋美ペアは、順当に勝ち進んだ準決勝で、敗者復活戦で上がってきた西堀健美・浅尾美和(エスワン)ペアと対戦しフルセットの末敗れ、惜しくも3位で大会を終えました。

なお、決勝では西堀・浅尾ペアが、浦田聖子(MDI)・楠原千秋ペアをストレートで降し、優勝しています。

また、小泉栄子は、この大会に菅山かおる(WINDS)選手とのペアで出場し、初戦で田中・鈴木ペアに敗れると、敗者復活1回戦にも敗れてしまい、大会を終えています。

◇試合結果◇
・田中姿子・鈴木洋美ペア
1回戦 ○ 2(21-16,21-16)0 vs 小泉・菅山
2回戦 ○ 2(21-17,21-17)0 vs 尾崎・草野
準決勝 ● 1(21-19,17-21,10-15)2 vs 西堀・浅尾

・小泉栄子・菅山かおるペア
1回戦 ● 0(16-21,16-21)2 vs 田中・鈴木
敗者復活1回戦 ● 0(11-21,16-21)2 vs 保立・山田

NEC軽井沢72ゴルフ、藤田幸希は11位T、北田瑠衣と小俣奈三香は共に26位T
[女子ゴルフ:NEC軽井沢72ゴルフトーナメント]
◇8月14〜16日(金〜日) ◇長野県軽井沢町・軽井沢72ゴルフ 北コース

NEC軽井沢72ゴルフトーナメントに出場した藤田幸希(TOSHIN)は、1アンダー8位タイで迎えた最終日、3バーディ2ボギーで回ってトータル2アンダー11タイでトーナメントを終えました。

北田瑠衣は藤田と同じく8位タイで最終日を迎えましたが、3オーバーと崩れ、トータル2オーバー26位タイに順位を落としてしまいました。

2オーバー30位タイで最終日に進んだ小俣奈三香は、1バーディ1ボギーのイーブンパーでまとめ、北田と同じ2オーバー26位タイで大会を終えました。

■8月12日更新
フラットランド世界選手権第3戦で内野洋平が決勝進出、2位! 世界ランクも2位に!!
[BMXフラットランド:BMX FLATLAND WORLD CIRCUIT第3戦 Voodoo Jam]
◇8月1日(土) ◇アメリカ/ルイジアナ州・ニューオーリンズ
フラットランド世界選手権第3戦で内野洋平が決勝進出、2位! 世界ランクも2位に!!

アメリカ、ニューオーリンズで行なわれたBMXフラットランドの世界選手権の第3戦で、内野洋平が2年連続の決勝進出を果たし、準優勝に輝きました。
なお、優勝はフランスのMatthias Dandois選手でした。

この結果、世界総合ランキングも2位となり、来年1月に東京の代々木第一体育館で行なわれる、世界選手権でのシード権を獲得しました。

本人は、ブログで優勝を報告し、「ワールド年間ランキング2位。昨年は年間3位だったので、一つ順位をあげられました」と喜びを表わしています。

アクサレディス、北田瑠衣は最終Hで順位を落とし26位Tに。藤田幸希は40位T。
[女子ゴルフ:アクサレディスゴルフトーナメント]
◇8月7〜9日(金〜日) ◇北海道苫小牧市・苫小牧ゴルフリゾート72 エミナゴルフクラブ

アクサレディスゴルフトーナメントに出場した北田瑠衣は最終日、3アンダー24位タイでスタートし、17番ホールまでは3バーディノーボギーと安定したゴルフを展開しましたが、最終18番ホールでトリプルボギーを叩いてしまい、12位タイグループから26位タイまで順位を落としトーナメントを終えました。

藤田幸希(TOSHIN)は、初日2日目とイーブンパーで回って43位タイで最終日を迎え、4バーディ5ボギーと出入りの激しいゴルフでトータル1オーバー40位タイで大会を終えました。

小俣奈三香は2日目を終え予選通過ラインにわずか1打届かず、最終日に進むことができませんでした。

■8月5日更新
Jシリーズ白馬大会で片山梨絵が優勝!クロスカントリーレースは今季全勝!
[MTB:2009JCF・Jシリーズ クロスカントリー第6戦]
◇8月2日(日) ◇長野県白馬村・スノーハープ
Jシリーズ白馬大会で片山梨絵が優勝!クロスカントリーレースは今季全勝!

毎年、白馬さのさかスキー場特設コースで行なわれていた白馬での大会が、今年からオリンピックのクロスカントリースキー競技に使われたスノーハープへ会場を移して開催されました。

当日のコースコンディションはMUD(泥)でしたが、片山梨絵(SPECIALIZED)は、実力を発揮し優勝しました。レース後は、「今回は合宿直後で、かなり追い込んだ練習をした後だったのですが、勝てたのは嬉しかったです。体力はボロボロでしたが、泥を楽しくこなせたのが勝因だったと思います!」とコメントしています。

上位は以下のようになっています。
  1位 片山梨絵(SPECIALIZED)
  2位 田近郁美(GOD HILL)
  3位 中込由香里(SY-Nak SPECIALIZED)

田中・鈴木ペアのヨーロッパ遠征最終戦は、残念ながら本戦出場ならず
[ビーチバレー:ワールドツアー ポーランドオープン]
◇8月4日(火) ◇ポーランド/スタレヤブロンキ

ビーチバレーの田中姿子鈴木洋美ペアは、ポーランドオープンに出場しましたが、予選の2回戦でオーストリアペアにストレート負けを喫し、本戦出場はなりませんでした。

2人は1ヶ月以上に及ぶヨーロッパ遠征を終え、帰国の途に着いています。8月は国内で多くの大会に出場しますので、活躍にご期待ください。

◇試合結果◇
予選2回戦 ● 0(18-21, 18-21)2 vs Swoboda-Jasper(AUT)

種子島サンセット車いすマラソンに出場した廣道純は3位でゴール
[第11回種子島サンセット車いすマラソン大会]
◇8月1日(土) ◇鹿児島県西之表市(種子島)・山下建設前〜よきの海水浴場

種子島サンセット車いすマラソンに出場した廣道純(TDKラムダ)は、48分19秒、3位の成績でした。

本人はブログ「これがヒロミチジュン」で、「今回は湿気に苦しめられ、トップのホッキーと2位のヒロさんの争いには加われんかったのが残念ですが、何とか3位やったので良しとしときます」と報告しています。

小泉栄子・周藤玲美ペアはサテライト神奈川大会で残念ながら2回戦敗退
[ビーチバレー:JBVサテライト神奈川大会]
◇8月2日(日) ◇川崎市川崎区・川崎マリエンビーチバレーコート

9月の国内ツアー第5戦、岡山オープンの予選を兼ねたサテライト神奈川大会が行なわれ、小泉栄子・周藤玲美ペアは、2回戦から登場した初戦でストレート負けを喫し、9位に終わりました。

残念ながらこの大会で岡山オープン出場を決めることはできませんでしたが、第4戦の東京オープンの結果などで出場のチャンスはまだ十分残っています。

◇試合結果◇
2回戦 ● 0(12-21,19-21)2 vs 住田清子・中村裕子

望月聡監督代行が指揮を執ったなでしこジャパンは、ドイツ・フランス遠征で2勝1分
[サッカー:なでしこジャパン(日本女子代表)ドイツ・フランス遠征]
◇試合日:7月29日(水)、8月1日(土)、2日(日)

AFC U-19女子選手権大会に出場中の佐々木則夫監督に代わって、望月聡が監督代行を務め、なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)が、ドイツ・フランス遠征を行ないました。

遠征中の29日にはドイツ女子代表と試合を行ない、0-0ながら強豪ドイツと史上初めて引き分け、続く1日のフランス女子代表戦では4-0と快勝しました。翌2日にもサブのメンバーを中心にフランスと試合を行ない、これも5-1と勝利し、2勝1分で今回の遠征を終えています。

1日のフランス戦を終えての望月監督代行のコメントが、JFA(日本サッカー協会)の遠征レポートに上がっていますので、ご覧ください。