「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2009年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■3月4日更新
W杯パラレル大回転、3戦連続決勝T進出の家根谷依里は2戦連続の14位!
[スノーボードアルペン:ワールドカップ サンデイリバー大会]
◇2月26日(木) ◇アメリカ/サンデイリバー
W杯パラレル大回転、3戦連続決勝T進出の家根谷依里は2戦連続の14位!

スノーボードのW杯は26日、アメリカのサンデーリバーでパラレル大回転が行なわれ、家根谷依里(へそ曲りスキークラブ)は予選1本目、13位(全体でも13位)、2本目は全体の15位のタイムでフィニッシュし、予選14位で決勝に進みました。

決勝トーナメント1回戦の相手は、オーストリアのリーグラー選手で、1本目0.61秒のビハインドと逆転できる差でしたが、2本目はミスが出て敗れ、最終順位は14位でした。なお、この大会で日本の竹内智香選手(ロイズスキー部)は、またも決勝まで勝ち上がり2試合連続の2位となっています。

家根谷はブログで、「歯車が合えばすごくいいタイムを出せるし、勝てる自信もでてきました。でも、その歯車が合う回数がまだすごく少ないです」と手応えと課題に触れ、竹内選手の活躍が刺激になっているようで、「ともかさんと一緒に表彰台に立てたら最高やな」と自身も表彰台を見据えています。

CAGE FORCE初参戦の永田克彦は、残念ながらドローで勝利ならず
[CAGE FORCE EX-eastern bound ライト級5分3R]
◇2月28日(土) ◇埼玉県・所沢市民体育館

ケージフォースの金網リングに初参戦した永田克彦(新日本プロレス)は、金原泰義(チーム・クラウド)と5分3Rを戦い、判定で3人のジャッジ全員がドローとなり、残念ながら勝利はなりませんでした。

本人もブログで「悔しいので少し休んだらすぐに練習を始めて来月にでも試合したいです」と悔しさを表わし、次への意欲を見せています。

■2月25日更新
北京パラリンピックのファイナリストを集めたハイレベルレースで廣道純が表彰台!
[車いすレース:1st Fazaa International Competition]
◇2月22〜24日(日〜火) ◇UAE/ドバイ
北京パラリンピックのファイナリストを集めたハイレベルレースで廣道純が表彰台!

UAEのドバイで、北京パラリンピックのファイナリストを招待し開催された国際大会「第1回Fazaa International Competition」に廣道純(TDKラムダ)が出場しました。

本人のブログ「これがヒロミチジュン」での報告によれば、22日に行なわれた800mでは韓国のソンマン選手に続く2位(1分50秒32)となり銀メダルを獲得し、23日の1500mは8位(3分12秒76)、24日の200mはタイムレースで5位(29秒12)、最終種目の5000mは5位(11分33秒22)となっています。

ブログには、大会で感じた手応えなども綴られていますので、ぜひご覧ください。
(写真は800mの表彰の様子〜本人ブログより)

W杯パラレル大回転で家根谷依里が決勝T進出、世界選手権優勝者と対戦14位!
[スノーボードアルペン:ワールドカップ ストーンハム大会]
◇2月22日(日) ◇カナダ/ケベック ストーンハム
W杯パラレル大回転で家根谷依里が決勝T進出、世界選手権優勝者と対戦14位!

前の週にバンクーバーでのプレ五輪がコンディション不良のためキャンセルとなったスノーボードのW杯は22日、同じカナダのケベックにてストーンハム大会が行なわれ、家根谷依里(へそ曲りスキークラブ)は、オーストリアクライシュベルク大会に続きパラレル大回転で決勝トーナメント進出を果たしました。

予選1本目、ブルーコースで10位(全体13位)のタイムで2本目に進んだ家根谷は、レッドコースは全体の16位のタイムでフィニッシュし、予選14位で決勝に進みました。決勝トーナメント1回戦の相手は、1月の世界選手権で優勝したマガート・コーリー選手(スイス)で、1本目2本目ともミスが出て残念ながら初戦敗退となり、最終順位は14位でした。

なお、この大会で日本の竹内智香選手(ロイズスキー部)が、W杯ポイントトップのドリス・ギュンター選手(オーストリア)を破るなど素晴らしい滑りで決勝まで進みました。決勝ではわずか100分の5秒差で優勝を逃がしましたが、今シーズン3度目の2位表彰台に上がっています。

ブンデスリーガ、梅村のシングルスの連勝は8でストップ!チームも敗れ3連敗
[卓球:ドイツ1部ブンデスリーガ第11節]
◇2月20日(金) ◇ドイツ/ラングバイト

卓球ドイツ1部ブンデスリーガのホルスターハウゼンに所属する梅村礼(文化シヤッター)は、20日アウェイで行なわれた古巣のラングバイト戦に出場し、第2シングルスと第4シングルスともにフルセットの末敗れ、2敗の結果でした。これにより昨年9月から続いていたシングルスの連勝は8でストップしました。

本人はブログで、「内容的には決して悪い訳ではなかったと思うのですが、要所要所でミスが出てしまいました」と試合を振り返っています。

なお、チームはも1-3で敗れ、梅村が帰国中で出場しなかった1月の試合を合わせ3連敗となり、通算成績5勝6敗の暫定7位(10チーム中)に後退しました。

堺BZは最下位の大分三好に辛勝も、プレーオフ進出を争うJTには快勝!
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド 第21戦、第22戦]
◇2月21.22日(土.日) ◇静岡県三島市・三島市民体育館

中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、第3レグの最終戦と最終第4レグの初戦という節目の2試合を戦いました。21日、最下位の大分三好戦は2セット連取からフルセットまで粘られて辛くも勝利を上げ、翌22日は、1勝差のJTと対戦しストレート勝ちを収めました。
レギュラーラウンドは残り6試合となり、チームはセミファイナル進出圏内の3位をキープしています。

◇堺BZの試合結果◇
21日 ○3(25-21,25-21,23-25,35-37,15-13)2 vs 大分三好
22日 ○3(25-18,25-21,25-23)0 vs JT

アイシンはリンク栃木に勝利し、残り4試合でレギュラーシーズン3位以内確定
[バスケットボール:JBL2008-2009:第19週]
◇2月21日(土)宮城県白石市・ホワイトキューブ

JBL第19週が行なわれ、アイシンシーホース(佐古賢一所属)は、リンク栃木ブレックスと1試合を戦い、ゲーム序盤こそリードを許しましたが、前半を1点リードで終えると、第3ピリオドには11点差にリードを広げ、安定した戦いで勝利しました。

既にプレーオフ進出を決めているアイシンは、この勝利で3位以内が確定しました。レギュラーシーズンは残り4試合となり、チームはパナソニックと同率ながら首位を守っています。

◇アイシンの試合結果◇
21日 ○ 76(16-19,20-16,26-16,14-15)66 vs リンク栃木

豊田通商ファイティングイーグルス13連勝!リーグ戦全勝へついに王手!!
[バスケットボール:JBL2部2008-2009 第17週]
◇2月22日(日) ◇岐阜県大垣市・大垣市総合体育館

JBL2部は第17週が行なわれ、全勝で首位の豊田通商ファイティングイーグルス(宮ノ腰達也所属)は、レノヴァ鹿児島と対戦し、85-58で快勝し、開幕以来13連勝を飾りました。この試合、スターターとして出場した宮ノ腰は、14分間の出場でチーム最多となる13得点を上げ、勝利に貢献しています。

レギュラーシーズンはあと1試合となり、全勝でのレギュラーシーズン終了を賭ける相手は、プレーオフでも優勝を争う可能性が高い、2位のアイシンAWアレイオンズ安城となります。

なお、JBL2部のプレーオフは、3月14日(土)石川県のいしかわ総合スポーツセンターでセミファイナルが、翌15日(日)金沢市総合体育館にてファイナルが行なわれます。

◇豊田通商の試合結果◇
8日(日) ○ 85(19-13,19-17,23-15,24-13)58 vs レノヴァ鹿児島

■2月18日更新
2日で観衆13513人、堺BZ4試合連続ストレート勝ち! 首位サントリーには惜敗
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド 第19戦、第20戦]
◇2月14.15日(土.日) ◇北九州市八幡東区・北九州市立総合体育館
2日で観衆13513人、堺BZ4試合連続ストレート勝ち! 首位サントリーには惜敗

中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、2日間で13000人を超える観衆を集めた北九州市立総合体育館で2試合を戦い、初戦のNEC戦で4試合連続となるストレート勝ちを収めると、翌日は首位サントリーとフルセットの熱戦を演じ惜しくも敗れました。

連勝は4でストップしましたが、チームは11勝9敗で依然3位。セミファイナル進出圏内をキープしています。

◇堺BZの試合結果◇
14日 ○3(25-20,25-20,19-25)0 vs NEC
15日 ●2(25-20,21-25,25-22,13-25,10-15)3 vs サントリー

アイシンは東芝に1勝1敗で4位以内確定、プレーオフ進出決定!
[バスケットボール:JBL2008-2009:第18週]
◇2月13日(金)川崎市中原区・川崎市とどろきアリーナ
◇2月14日(土)神奈川県横須賀市・横須賀アリーナ
アイシンは東芝に1勝1敗で4位以内確定、プレーオフ進出決定!

JBL第18週が行なわれ、アイシンシーホース(佐古賢一所属)は、東芝ブレイブサンダースと対戦し、初戦は第3ピリオド終了間際に最大13点差付けられながら、最終第4ピリオドの残り40秒で同点に追いつく粘りを見せましたが惜敗。翌日は競り合いから第4ピリオドにリードを広げ快勝。雪辱を果たしました。

チームはレギュラーシーズン5試合を残して4位以内を確定させ、プレーオフ進出を決めました。また、首位パナソニックが連敗したため、20勝10敗と同率ながら対戦成績で逆転首位となっています。

◇アイシンの試合結果◇
13日 ● 70(16-21,20-17,16-23,18-13)74 vs 東芝
14日 ○ 84(19-13,15-20,22-17,28-20)70 vs 東芝

廣道純がUAEの国際レースで6種目に出場。100m2位、ほか3種目で3位
[車いすレース:Al-Ain International Wheelchair Meeting]
◇2月11〜14日(水〜土) ◇UAE/アルアイン
廣道純がUAEの国際レースで6種目に出場。100m2位、ほか3種目で3位

UAEのアル・アインでの国際大会に廣道純(TDKラムダ)が出場しました。

11日、12日はトラックレースが行なわれ、100m16秒87で2位(トップの選手は16秒14)、200mは29秒45で3位(同27秒72)、400mは54秒88で3位(同51秒59)、800mは1分54秒19で3位(同1分48秒21)、1500mは3分26秒73で6位(同3分24秒34)の結果でした。
また、最終日に行なわれた10kmロードでは、20分09秒50で4位(同20分08秒50)でした。

本人のブログ「これがヒロミチジュン」の11日から15日のエントリーに大会の報告と遠征の様子が上がっていますので、そちらもぜひご覧ください。(写真は10kmの表彰の様子〜本人ブログより)

豊田通商ファイティングイーグルス12連勝!リーグ戦は残り2試合
[バスケットボール:JBL2部2008-2009 第16週]
◇2月14日(土) ◇茨城県水戸市・茨城県立スポーツセンター

JBL2部は第16週が行なわれ、全勝で首位の豊田通商ファイティングイーグルス(宮ノ腰達也所属)は、日立電線ブルドッグスと対戦し、26点差をつけ完勝し、開幕以来の連勝を12に伸ばしました。

◇豊田通商の試合結果◇
8日(日) ○ 99(18-16,26-18,30-12,25-27)73 vs 日立電線

■2月11日更新
スキー技術選甲信越予選、松沢聖佳が安定の滑りで1位。8連覇目指す全日本へ !
[第46回甲信越ブロック スキー技術選手権大会]
◇2月2〜5日(月〜木) ◇長野県山ノ内町・よませ温泉スキー場
スキー技術選甲信越予選、松沢聖佳が安定の滑りで1位。8連覇目指す全日本へ!

甲信越ブロックスキー技術選手権が長野県のよませ温泉スキー場で行なわれ、現在全日本で7連覇中の松沢聖佳が、荒天のためキャンセルとなった3種目を除く5種目中2種目で1位、3種目で2位の安定した成績で総合1位となり、全日本スキー技術選手権への出場を決めました。

全日本スキー技術選手権は、3月10日から14日の日程で、長野県の白馬八方尾根スキー場で開催される予定です。

堺ブレイザーズ好調!3試合連続ストレート勝ちの快勝で3位浮上!
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド 第17戦、第18戦]
◇2月7.8日(土.日) ◇広島県呉市・呉市総合体育館(オークアリーナ)
堺ブレイザーズ好調!3試合連続ストレート勝ちの快勝で3位浮上!

中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、広島県呉市で7位豊田合成、3位パナソニックと対戦し、2試合ともにストレート勝ちを収めました。

チームは、前週のJT戦から3試合連続のストレート勝ちが功を奏し、セット率でパナソニックをかわし3位に浮上しています。

◇堺BZの試合結果◇
7日 ○3(27-25,25-20,25-21)0 vs 豊田合成
8日 ○3(25-20,25-22,25-22)0 vs パナソニック

アイシンはレラカムイに苦戦も終盤突き放し勝利。首位との1勝差堅持
[バスケットボール:JBL2008-2009:第17週]
◇2月8日(日) ◇広島市中区・広島グリーンアリーナ

JBLは第17週は各チーム1試合を戦い、2位のアイシンシーホース(佐古賢一所属)は、レラカムイ北海道を相手に苦しみながらも終盤突き放し、84-78で勝利しました。
佐古は第3ピリオド、6点にリードを広げられた苦しい場面で3ポイントシュートを決め、終盤のフリースローの機会には4回すべて決めるなど勝利に貢献しています。

チームは依然パナソニックと1勝差は変わらず2位につけていて、プレーオフ進出の4位以内確定が次の試合で決まる可能性も出てきました。

◇アイシンの試合結果◇
8日 ○ 84(16-24,20-11,17-22,31-21)78 vs レラカムイ

豊田通商ファイティングイーグルス開幕11連勝!リーグ戦はあと3試合
[バスケットボール:JBL2部2008-2009 第15週]
◇2月8日(日) ◇名古屋市東区・名古屋市東スポーツセンター

JBL2部は第15週が行なわれ、全勝で首位の豊田通商ファイティングイーグルス(宮ノ腰達也所属)は、黒田電気ブリットスピリッツと対戦し、前半こそ29-25とやや苦戦したものの、後半突き放し、93-65で勝利しました。

◇豊田通商の試合結果◇
8日(日) ○ 93(17-14,12-11,27-17,37-23)65 vs 黒田電気