「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2008年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■4月2日更新
アイシンシーホースがプレーオフファイナルを3勝2敗で制し優勝!
[JBL2007-2008 プレーオフ・ファイナル アイシン vs トヨタ自動車]
◇3月20.22.23.25.26日 ◇渋谷区神南・国立代々木競技場第二体育館
アイシンシーホースがプレーオフファイナルを3勝2敗で制し優勝 2勝2敗で迎えたプレーオフファイナルの第5戦は、第3Qを終えて15点リードと、アイシンが終始リードする展開でしたが、最終第4クオーターには一時1点差にまで詰め寄られ、どちらが勝ってもおかしくないゲームとなりました。しかし、残り3分となってから、アイシンがレギュラーシーズン1位の底力を発揮し、再びリードを広げ、93-79で勝利し、前身のスーパーリーグから数えて4シーズンぶりの優勝を決めました。
佐古賢一は、スターターではありませんでしたが、チームが苦しいとき、ゲームを落ち着かせたいときに起用され、しっかりと役割を果たし、優勝に貢献しました。

◇試合結果◇
20日(祝)○81(19-27,21-12,22-12,19-14)65
22日(土)●76(22-20,21-19,17-24,16-19)82
23日(日)●72(17-21,17-26,17-17,21-22)86
25日(火)○88(19-20,20-15,19-19,30-15)69
26日(水)○93(22-18,23-20,23-15,25-26)79

トランポリンの上山容弘が、2008年初の国際大会で3位表彰台!
[トランポリン:2008 Pacific Alliance Championships]
◇3月30日(日) ◇場所:アメリカ/サンノゼ
トランポリンの上山容弘が、2008年初の国際大会で3位表彰台! トランポリンのパンパシフィック選手権がアメリカ・サンノゼで行なわれ、上山容弘は予選決勝ともに3位の成績を収め、2008年最初の国際大会でまずまずのスタートを切りました。本人は、自身のブログで「課題がいっぱいです」としながらも、久々の試合で緊張感を感じたり、他の選手の実力を間近に見たことで、良い刺激を得られたようで、まずは5月に大阪で行なわれるワールドカップへ向けて、気持ちを新たにしています。
なお、大会の優勝者は、ライバルであり、シンクロ競技のパートナーでもある外村哲也選手でした。
BMXフラットランドの佐々木元が絶好調。2008年3試合連続優勝!
[フラットランド:チャンプルーゲーム Vol.14]
◇3月30日 ◇沖縄県那覇市・天久新都心公園スケートパーク
BMXフラットランドの佐々木元が絶好調。2008年3試合連続優勝! 3月30日、BMXフラットランドプロライダー・佐々木元が、那覇市天久新都心公園スケートパークで行なわれた「チャンプルーゲーム Vol.14」で優勝しました。今年に入ってから試合は3連覇と、その勢いは留まることを知りません。本人は「自分の実力が確かめられてよかったです。来週の全日本選手権でも、がんばりたいと思います!」と話し、4月6日に横浜で行なわれる全日本選手権への意欲を示しました。
キッズチアダンスチームHONEY DROPが全国大会で3位入賞!
[チアダンス:USA Jr. Spirit Nationals in Japan 2008]
◇3月28日(金) ◇千葉市美浜区・幕張メッセ
キッズチアダンスチームHONEY DROPが全国大会で3位入賞! 幕張メッセで行なわれたチアダンスの全国大会「USA Nationals in Japan 2008」に、豊田典子が指導するキッズチアダンスチームHONEY DROPが出場しました。この大会は、2008年1月から2月にかけて全国8ヶ所の各地区予選を勝ち抜いてきた強豪チームが終結するUSA Japan(United Spirit Association Japan)で最もステイタスの高い大会です。
HONEY DROPは一度は都大会で予選落ちしましたが、最後のチャンスである神奈川県大会で出場を決め、本選では見事3位入賞を勝ち取りました。最後まで諦めず、努力をした結果でした。
また、ショータイムに出場したHONEY ANGEL(豊田典子指導)は、元気でかわいらしいパワーで観客を魅了していました。
プロ野球は、パ・リーグに続きセ・リーグも開幕!ライツメンバーに注目を!
[プロ野球2008シーズン開幕レポート]
プロ野球がセ・パ両リーグともに開幕しました。今シーズンもライツネットワークメンバーのプロ野球選手にご注目とご声援をお願いします。
まず、ひと足先に開幕を迎えたパ・リーグでは、千葉ロッテの堀幸一が、開幕カードとなった北海道日本ハムとの第2戦では、決勝適時二塁打を放つなど幸先のいいスタートを切り、9試合を終えた時点で17打席15打数5安打2打点の打率.333と好調です。 3月28日に開幕したセ・リーグは、東京ヤクルトスワローズが読売ジャイアンツに3連勝を飾り、吉川昌宏は3戦目で初登板を迎え、2番手として1回を投げ失点0の好救援でチームの勝利に貢献しました。
横浜ベイスターズは、阪神タイガースに3連敗を喫し、苦しいスタートとなりました。石井琢朗は3試合すべてで1番ショートとして出場し、14打数4安打で打率.286という成績でした。今シーズンは2年ぶりの全試合出場を目指します。木塚敦志は初戦、2戦目と計1回1/3を投げ被安打0、無失点の好リリーフを見せました。昨年の76試合登板以上で今シーズン中に通算500試合を目指します。
ワールドツアー08開幕!シーズン初戦を快勝も2戦目で敗れ本戦進出ならず
[ビーチバレー:ワールドツアー開幕戦 アデレード大会]
◇3月25.26日(火.水) ◇オーストラリア/アデレード
ビーチバレーの2008年シーズンがオーストラリアのアデレードで開幕し、今年もワールドツアーに参戦する田中姿子小泉栄子ペアも今シーズン最初の大会に臨みました。初戦となった予選2回戦はカザフスタンペアと対戦し、相手に11点と6点しか与えず快勝しましたが、本戦進出をかけた予選3回戦のカナダペアとの対戦では、惜しくも敗れ、33位で大会を終えました。2人はすでに帰国し、4月4日からの国内ツアー初戦に備えトレーニングをしています。

◇試合結果◇
予選2回戦 ○2-0(21-11,21-6)vs カザフスタンペア
予選3回戦 ●0-2(19-21,17-21)vs カナダペア

堺BZはセミファイナルラウンドで3連敗を喫し、3位決定戦へ
[V・プレミアリーグ男子:セミファイナル]
◇3月28〜30日(金〜日) ◇江東区有明・有明コロシアム
中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、レギュラーラウンド4位でセミファイナルラウンドに進出し、初戦サントリーにストレートで敗れ、2戦目の東レには、2-0から逆転負けを喫し、最後のパナソニック戦は、1-3で敗れ3連敗となり、4月5日にさいたまスーパーアリーナで行なわれる3位決定戦に回ることになりました。 なお、3位決定戦の相手は、レギュラーラウンド1位のサントリーに決まりました。

◇試合結果◇
28日(金) ●0(23-25,21-25,16-25)3 vs サントリー(レギュラーラウンド1位)
29日(土) ●2(25-20,25-23,23-25,13-25,12-15)3 vs 東レ(同3位)
30日(日) ●1(18-25,25-16,19-25,20-15)3 vs パナソニック(同2位)

■3月26日更新
世界選手権の日本代表にBuzz Bulletsから16名が選出されました!
世界選手権の日本代表にBuzz Bulletsから16名が選出されました!
[アルティメット:日本代表最終選考会]
◇3月22.23日(土.日) ◇静岡県富士市
8月の世界アルティメット選手権に向けた最終選考会が行なわれ、アルティメット オープンの部 日本代表が決定しました。代表選手全19名のうち、文化シヤッターBuzz Bulletsからは16名が選出され、今週末から世界のタイトルを見据えたナショナルチームとしての練習が始まります。
なお、日本代表のキャプテンを務めるのは、前回の世界選手権に続き吉川洋平選手(Buzz #12 写真左)で、副キャプテンには、Buzz Bulletsの前キャプテンで、06年の世界クラブ選手権においてチームを世界一に導いた阿部洋平選手(Buzz #13 写真右)が就任し、「真の世界一」を目指します。
ヨコハマタイヤゴルフ、小俣奈三香と北田瑠衣は揃って6オーバー21位タイ
[女子ゴルフ:ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ]
◇3月21〜23日(金〜日) ◇高知県香南市・土佐カントリークラブ

2日目を終え、2オーバー16位タイの小俣奈三香と、4オーバー24位タイの北田瑠衣は、最終日のラウンドを終え、ともに6オーバー21位タイの成績でした。なお、藤田幸希は、2日目を終え、予選通過ラインに届かず最終日には進めませんでした。

堺BZは最終週で連敗し、レギュラーラウンド4位でセミファイナルラウンドへ
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド第25、26戦]
◇3月22日(土)堺市堺区・新日本製鐵堺製鐵所体育館
◇3月23日(日)大阪府・枚方市立総合スポーツセンター体育館

中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、レギュラーラウンドの最終週に臨み、豊田合成戦、パナソニック戦と連敗し、15勝13敗の4位でレギュラーラウンドの全日程を終えました。上位4チームが総当たりでファイナルを目指すセミファイナルラウンドは、28日から3日間にわたって、東京有明コロシアムで行なわれます。

◇試合結果◇
22日(土) ●3(25-22,23-25,25-21,23-25,11-15)2 vs 豊田合成
23日(日) ●0(14-25,23-25,22-25)3 vs パナソニック

■3月19日更新
松沢聖佳、女王の底力を発揮し、前人未踏の7連覇達成!
松沢聖佳、女王の底力を発揮し、前人未踏の7連覇達成!
[第45回全日本スキー技術選手権大会]
◇3月12〜15日(水〜土) ◇新潟県湯沢町・苗場スキー場
全日本スキー技術選で7連覇を目指す松沢聖佳は、13日の本選から登場し、本戦、準決勝を終え1位で、15日の決勝戦3種目に臨みました。 午前は「小回り・急斜面・ナチュラル」と「中回り・総合斜面・ハードorノーマルパック」、そして午後は「総合滑降・総合斜面・ハードパック」が行なわれました。
午前は他の選手が好調で苦戦しますが、それでも1位を譲らず、2位の選手との差が5ポイントで迎えた最後の種目。他の上位選手の滑りを見届け、最後に登場すると、守ることはせず、攻めの滑りでフィニッシュ。見事に技術選史上初の7連覇を達成しました。 嶺村聖佳として6連覇を達成し、松沢聖佳となって初めての全日本であり、これまで以上の重圧があったと思いますが、女王の底力を見せる結果となりました。ご声援、ありがとうございました。
大会の公式サイトには、大会の様子がわかる写真や、選手の滑りが見られる動画、各選手のコメントがありますので、そちらもご覧ください。
岡紀彦がジャパンカップで21連覇達成!スポーツ界で稀有の大記録を更新!
岡紀彦がジャパンカップで21連覇達成!スポーツ界で稀有の大記録を更新!
[第28回障害者卓球ジャパン・カップ大阪大会]
◇3月15、16日(土、日) ◇大阪市舞洲障害者スポーツセンター(アミティ舞洲)
昨年達成した20連覇の表彰も行なわれ、TBSの「朝ズバッ!」の取材もあるなど、岡紀彦にとってこれまで以上にプレッシャーのかかる大会かと思われましたが、試合は、4試合すべてストレートの完全勝利で21連覇を達成。応援が多く注目度が高かったことが、より力になったようで、「今までプレッシャーが無かったのは、若い勢いで勝った4連覇までで、あとはプレッシャーの連続でした。今日は、皆で戦ってくれている感じがして心強かった」と話していました。
なお、16日に行なわれた団体戦は、残念ながら1回戦で敗退しています。 TBS「朝ズバッ!」の放送は、17日に試合結果が放送され、この後、25日か26日のどちらかで午前6時40分頃から、岡山での取材の模様が放送される予定です。
九州チャレンジで廣道純が2種目優勝、佐藤真海は日本新で優勝!北京内定!
九州チャレンジで廣道純が2種目優勝、佐藤真海は日本新で優勝!北京内定!
[第11回九州チャレンジ陸上競技選手権大会]
◇3月16日(日) ◇熊本県民総合運動公園陸上競技場 KKWING
九州チャレンジ陸上に出場した廣道純(デンセイ・ラムダ)は、400m54秒40、800m1分47秒18で2種目ともに優勝しました。 また、女子走り幅跳びに出場した佐藤真海は、自身の持つ日本記録を更新する4m46を跳び、見事に優勝しました。 この大会で北京オリンピックの選考大会はすべて終わり、18日に日本身体障害者陸上競技連盟より発表があり、廣道純は、400m、800m、5000m、マラソンの4種目、佐藤真海は、走り幅跳びでの出場が内定しました。さらに、山本篤も100mと走り幅跳びの2種目での出場が内定となりました。これからも各選手へのご注目とご声援をよろしくお願いします。
Buzz Bulletsが世界選手権の優勝候補を破りドリームカップ5連覇!
Buzz Bulletsが世界選手権の優勝候補を破りドリームカップ5連覇!
[2008クラブジュニア・アルティメット・ドリームカップ]
◇3月15.16日(土.日) ◇静岡県富士市・富士川緑地公園他
第10回の記念大会となったドリームカップは、実力世界一ともいわれ夏の世界選手権アメリカ代表チームでもある「Sockeye」が招待され、参加した各チームの選手たちはDVD以外で見たことのない本場アメリカのアルティメットと、その実力に圧倒されていました。 そのSockeyeと文化シヤッターBuzz Bulletsとが対戦した決勝戦は、世界TOPレベルの試合が見られるとあって、多くの観客が取り囲み、スピード・高さ・走力・技術をフル稼働させた両チームの熱戦が繰り広げられました。
くしくも昨年の夏、1点差で惜敗した展開とほぼ同じ状況となりつつも冷静さを失わなかったBuzz Bulletsが14-13で勝利。「どんな形でも絶対に勝つ」という言葉通り、リベンジを果たしシーズン初戦を飾りました。
MVPは、大きな外国人選手に空中戦でも競り勝つなど会場を沸かせた松野政宏(#10)が、昨年に続き獲得しています。 以下は、キャプテン鮫島暁(#17)のコメントです。
「最高です!集大成と位置付けた今シーズン。その初戦で、昨年の海外遠征で負けたアメリカチームにリベンジが果たせました!夏の世界選手権でも優勝候補筆頭のチームなので、前哨戦としても最高の結果です。勝因はチーム力で戦えたこと。ミスも周りがカバーしあえる、一番いい形の試合が決勝でできたと思います」
DREAMライト級GP開幕戦1回戦、永田克彦がウマハノフに判定勝ち!
DREAMライト級GP開幕戦1回戦、永田克彦がウマハノフに判定勝ち!
[FEG HEIWA DREAM.1 ライト級GP2008 開幕戦]
◇3月15日(土) ◇さいたま市中央区・さいたまスーパーアリーナ
DREAM.1 ライト級グランプリ開幕戦に出場した永田克彦は、ロシアのアルトゥール・ウマハノフ選手と対戦し、3-0で判定勝ちしました。 試合を終えて、永田本人からコメントが届きました。
「DREAMライト級グランプリの1回戦、内容には満足していませんが何とか勝ち上がることができました。幸いダメージもほとんどなく早速次の5月11日の2回戦に向けて自分自身を鍛え直していきたいと思います!みなさんこれからも応援よろしくお願いします!」 オフィシャルブログでも、試合前後に複数のエントリーを上げていますので、そちらもご覧ください。
小俣奈三香が最終日、6アンダー66の好スコアで8位T!藤田幸希は11位タイ
[女子ゴルフ:アコーディア・ゴルフレディス]
◇3月14〜16日(金〜日) ◇宮崎市・青島ゴルフ倶楽部
最終日、39位タイでスタートした小俣奈三香は、7アンダー1ボギーの6アンダーと好スコアをマークし、通算3アンダー8位タイに順位を上げて大会を終えました。同じく26位タイでスタートした藤田幸希も、3アンダー69とスコアを伸ばし、2アンダー11位タイでホールアウトしています。なお、北田瑠衣は、2日目を終え、予選通過ラインに2打及ばず、最終日には進めませんでした。
プレーオフ・セミファイナル、アイシンが三菱電機に連勝し、決勝進出決定!
[バスケットボール:JBL2007-2008 プレーオフ・セミファイナル]
◇3月15.16日(土.日) ◇国立代々木競技場第二体育館
レギュラーシーズン1位でプレーオフに出場したアイシンは、同4位の三菱電機と対戦しました。初戦は終始リードを許す苦しい展開を延長戦に持ち込み逆転勝ちを収め、第2戦目は終始リードを守って勝ち切り、連勝でファイナル進出を決めました。なお、佐古賢一は、初戦が20分、第2戦は23分の出場で、ベテランらしいゲームコントロールを見せ、チームの勝利に貢献しています。 ファイナルは、3月20日から、5戦先勝方式で行なわれ、対戦相手はオーエスジーを降したトヨタ自動車に決まっています。

◇試合結果◇
15日(土)○91(17-23,20-18,22-21,19-16,13‐10)88 vs 三菱電機
16日(日)○70(21-16,17-13,10-15,22-16)60 vs 三菱電機

堺BZは連勝で、2年ぶりのセミファイナルラウンド進出を決めました!
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド第25、26戦]
◇3月15日(土)大分市・大分県立総合体育館
◇3月16日(日)大分県・日田市総合体育館
中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、大分三好戦、NEC戦と連勝し、2試合を残して4位以内を確定し、28日から東京有明コロシアムで開催されるセミファイナルラウンド進出を決めました。

◇試合結果◇
15日(土) ○3(22-25,25-14,25-18,25-23)1 vs 大分三好
16日(日) ○3(25-14,25-21,25-22)0 vs NEC

家根谷依里はワールドカップ最終戦20位、今シーズン最後の滑りに納得
[スノーボード:W杯ヴァルマレンコ大会 PGS]
◇3月15日(土) ◇イタリア/ヴァルマレンコ
ワールドカップパラレル大回転に出場した家根谷依里は、1本目13位(2本終了時25位)で2本目に進み、2本目は15位のタイムで差を縮めましたが、決勝トーナメント進出はならず20位で大会を終えました。
本人は、2本目の滑りにとても納得しているようで、ブログで「来シーズンに向けて意欲マンマンに終わることができたので良かったと思います」と、コメントしています。
阪神デルフィーノは3勝15敗の9位でシーズンを終了
[V・チャレンジリーグ男子:第7週(第17戦、第18戦)]
◇3月15日(土)島根県出雲市・浜山体育館
◇3月16日(日)島根県浜田市・島根県立体育館

V・チャレンジリーグの阪神デルフィーノは、15日の警視庁戦、フルセットで惜しくも敗れ、リーグ最終戦となった16日の富士通戦は第1セットの接戦を落としたのが響き、1-3で敗れました。阪神デルフィーノはV・チャレンジリーグ参戦初年度を3勝15敗の9位で終えました。なお、明名雄大は、この2試合もベンチ入りはしていませんでした。

◇試合結果◇
15日(土) ●2(20-25,14-25,25-12,25-22,14-16)3 vs 警視庁
16日(日) ●1(25-27,20-25,25-19,18-25)3 vs 富士通

■3月12日更新
澤野大地が世界室内選手権でシーズンベストの5m65を記録
澤野大地が世界室内選手権でシーズンベストの5m65を記録
[陸上:世界室内選手権大会]
◇3月8.9日(土.日) ◇スペイン/バレンシア
スペインのバレンシアで行なわれた世界室内選手権に出場した澤野大地(ニシ・スポーツ)は、予選の跳躍で5m45を2回目、5m55は1回目でクリア。5m65は、3回目でクリアしましたが、予選通過ラインとなった5m70では、3回とも失敗し、試技数で決勝進出はならず、10位で大会を終えました。決勝進出はなりませんでしたが、大会を通じて手応えを感じたようで、自身のブログ「6m00への道。」には前向きな言葉が並んでいます。
アジアプロツアー、スーパースラロームin車山で川口晃平が圧勝!
全日本選手権で家根谷が3年ぶり2度目のV! 川口晃平は2位で連覇はならず
[スノーボード:PSA ASIAプロツアー第7戦 Giant Slalom]
◇3月1日(土) ◇長野県茅野市・車山高原SKY PARK
車山大会はジャイアントスラローム2本で争われ、川口晃平が、1本目、2本目ともに2位に0.5秒以上の差をつけ、2本合計では1秒39の大差をつけて優勝しました。大会を終えた川口は「全日本選手権では、後半集中力が欠けてしまい、失敗しないでいいところで、失敗を招いてしまいました。今回は自分のパフォーマンスを発揮することができました!」と話し、本人も納得の滑りだったようです。
大南敬美は30km手前で集団から遅れ18位でゴール
[2008名古屋国際女子マラソン]
◇3月9日(日) ◇名古屋市瑞穂公園陸上競技場付属マラソンコース

日本中の注目を集め、名古屋国際女子マラソンが行なわれ、2003年大会で優勝している大南敬美(トヨタ車体)が北京オリンピックの切符を掴むべく出場しました。スローペースで展開したレースでしたが、少しペースが上がった30km手前で集団から遅れ、2時間35分08秒の18位でフィニッシュしました。残念ながら、悲願であるマラソンでのオリンピック出場はなりませんでした。

女子ゴルフ開幕!藤田は初日2位スタートも53位、小俣、北田は予選落ち
[女子ゴルフ:ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメント]
◇3月7〜9日(金〜日) ◇沖縄県南城市・琉球ゴルフ倶楽部

女子ツアーの開幕戦で、藤田幸希は初日8バーディー2ボギーの6アンダー単独2位という素晴らしいスタートを切りましたが、2日目と最終日で大きくスコアを崩し、9オーバー53位で大会を終えました。小俣奈三香北田瑠衣の2人は、ともに初日2オーバー60位タイと出遅れ、2日目も挽回できず最終日に進むことができませんでした。

カナダ・ストーンハムでのワールドカップに出場した家根谷依里は29位
[スノーボード:W杯ストーンハム大会 PGS]
◇3月8日(土) ◇カナダ/ストーンハム

ワールドカップパラレル大回転に出場した家根谷依里は、1本目ブルーコース12位(最終19位)で2本目に進みましたが、2本目で失敗し、総合29位という結果でした。家根谷は既にイタリアに移動し、15日の今シーズンW杯最終戦に臨みます。

堺BZは東レに苦杯も、眼下の敵JTにストレート勝ち
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド第23、24戦]
◇3月8.9日(土.日) ◇広島市中区・広島県立総合体育館(広島グリーンアリーナ)

中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、3位を争う東レには1-3と敗れたものの、前週まで5位のJTにはストレート勝ちを収め、ファイナルラウンドに進出に一歩近づいています。

◇試合結果◇
8日(土) ●1(17-25,25-23,21-25,19-25)3 vs 東レ
9日(日) ○3(25-21,25-17,27-25)0 vs JT

最下位トヨタ自動車に快勝し、阪神デルフィーノの連敗は10でストップ!
[V・チャレンジリーグ男子:第7週(第15戦、第16戦)]
◇3月8.9日(土.日) ◇愛知県刈谷市・ジェイテクト体育館

V・チャレンジリーグの阪神デルフィーノは、8日つくばユナイテッド戦は1-3と敗れ10連敗を喫しましたが、翌9日のトヨタ自動車にはストレートで勝利し、連敗を10で止めました。なお、明名雄大は、前週に続いてベンチ入りはなりませんでした。阪神デルフィーノは最終週には試合がなく、15、16日に一足早くチームの最終戦を迎えます。

◇試合結果◇
8日(土) ●1(25-21,18-25,21-25,20-25)3 vs つくばユナイテッド
9日(日) ○3(25-21,25-18,25-18)0 vs トヨタ自動車

■3月5日更新
澤野大地が国内初戦を5m43で優勝!世界室内につながる跳躍
澤野大地が国内初戦を5m43で優勝!世界室内につながる跳躍
[陸上:第18回西田修平・高橋公一記念国際室内棒高跳競技大会]
◇3月1日(土) ◇愛知県豊田市・中京大学豊田学舎
中京大学で行なわれた第18回西田修平・高橋公一記念国際室内棒高跳競技大会に出場した澤野大地(ニシ・スポーツ)は、5m33までをパスし、最初の跳躍となった5m43を一発でクリアし、2008年の国内初戦の優勝を決めました。その後は、5m53にバーの高さを上げましたが、3回とも失敗に終わっています。試合後、「いい感触で終わったので、次の世界室内でもこの調子をうまくつないでいきたいと思います」と話していました。澤野はすでに世界室内選手権に出場するためスペインに飛んでいます。
写真の中央が澤野、左は2位鈴木選手(東海大学)で、右が3位張選手(中国)です。
全日本選手権で家根谷が3年ぶり2度目のV! 川口晃平は2位で連覇はならず
全日本選手権で家根谷が3年ぶり2度目のV! 川口晃平は2位で連覇はならず
[スノーボード:全日本スキー選手権スノーボード競技]
◇2月27日(水) ◇新潟県南魚沼市・上越国際スキー場
全日本選手権のパラレル大回転に出場した家根谷依里は、2本の予選を終え順当に決勝トーナメントに進出し、決勝では佐藤彩佳選手を抑え、3年ぶり2度目となる日本一に輝きました! 自身のブログには「日本一〜」と題し、トロフィーを持つ写真とともに、喜びと感謝のコメントが綴られていますので、ぜひご覧ください。
男子パラレル大回転で連覇を狙った川口晃平は、決勝でベテランの鶴岡剣太郎選手に敗れ、おしくも2位という結果でした。
また、家根谷依里は3月3日に行なわれたワールドカップ・レークプラシッド大会に出場し、予選2本を滑り28位で決勝トーナメントに進むことはできませんでした。
尾川智子が祝子川流域で行なわれた岩場のコンペで優勝!
尾川智子が祝子川流域で行なわれた岩場のコンペで優勝!
[ボルダリング:祝子川 Boulder Hunt 08]
◇3月2日(日) ◇宮崎県延岡市(旧北川町)
宮崎県延岡市の大崩山系祝子川流域で行なわれた祝子川 Boulder Huntで、尾川智子が優勝しました!上位3位までの成績は、1位尾川智子2240点、2位津田まどか1890点、3位鈴木清美 1610点となっています。
アイシンは最終週、プレーオフで対戦する三菱電機に1勝1敗
[バスケットボール:JBL2007-2008 第18週]
◇3月1.2日(土.日) ◇名古屋市中区・愛知県体育館

佐古賢一が所属し、既にプレーオフに1位での進出を決めているアイシンは、プレーオフ進出を狙う三菱電機と2試合を戦い、初戦は延長戦を制しましたが、レギュラーシーズンの最終戦となった2戦目は、三菱電機のプレーオフへの執念の前に15点の大差で敗れてしまいました。プレーオフのセミファイナルは15日から始まりますが、対戦相手は奇しくも最終週の2戦を戦った三菱電機に決まりました。

◇試合結果◇
1日(土)○101(10-27,25-17,24-20,28-23,14‐11)98 vs 三菱電機
2日(日)● 80(17-18,19-19,23-21,21-37)95 vs 三菱電機

堺BZは3位を争う東レ、首位サントリーに連敗
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド第21、22戦]
◇3月1.2日(土.日)甲府市・山梨県小瀬スポーツ公園体育館

中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、東レ戦、サントリー戦と連敗し、12勝10敗となり、勝ち星で並ぶ東レとわずかなセット率の差で4位に後退しました。リーグ戦のレギュラーラウンドも残り6試合、ファイナルラウンドに進出するために、まずは8日の3位東レ戦、9日の5位JT戦が山となります。ご注目とご声援をお願いいたします。

◇試合結果◇
1日(土) ●1(22-25,25-23,21-25,23-25)3 vs 東レ
2日(日) ●0(16-25,23-25,26-28)3 vs サントリー

阪神デルフィーノは9連敗し、順位も9位に後退
[V・チャレンジリーグ男子:第7週(第13戦、第14戦)]
◇3月1.2日(土.日) ◇堺市堺区・新日本製鐵堺製鐵所体育館

V・チャレンジリーグの阪神デルフィーノは、大同特殊鋼にストレート負けを喫すると、最初の対戦時には勝利した近畿クラブ戦でも1-3と敗れ、チームは9連敗となりました。明名雄大はこの2試合はともにベンチメンバーから外れています。9日は、最下位トヨタ自動車との対戦がありますので、連敗脱出と最下位回避とともに明名が出場し活躍することを期待したいと思います。

◇試合結果◇
1日(土) ●0(21-25,19-25,18-25)3 vs 大同特殊鋼
2日(日) ●1(25-21,15-25,21-25,21-25)3 vs 近畿クラブ