「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2008年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■2月27日更新
ワールドカップで川口晃平が自己最高24位! 家根谷依里は29位
ワールドカップで川口晃平が自己最高24位! 家根谷依里は29位
[スノーボード:ワールドカップ岐阜/郡上大会]
◇2月24日(日) ◇岐阜県郡上市・高鷲スノーパーク
男子PGS(パラレル大回転)に出場した川口晃平は、1本目のブルーコースを14位(総合25位)で2本目に進むと、2本目のブルーコースは22位の滑りで自身ワールドカップ最高順位となる24位で終えました。予選通過ラインの16位まではわずか100分の43秒差で、試合後「新しいボードに変えて4日目でしたが、とてもいい感覚です。自己最高位となったので、この調子を保って、27日の全日本選手権で2連覇を果たしたいと思います」と好感触のコメントを残しました。
女子PGSに出場した家根谷依里は、1本目のレッドコース14位(総合24位)、2本目のブルーコースは29位、最終順位も29位で大会を終えました。家根谷は自身のブログはで「決勝トーナメントに進めなかったのですが、とても手ごたえを感じたレースとなりました」と語り、さらには国内(特に本州)で開催されたワールドカップの喜びと感謝を綴っています。
川口、家根谷ともに、27日の全日本選手権でのいい滑りをご期待ください。速報は、全日本スキー連盟のウェブサイトでチェックをお願いします。
アイシンがレギュラーシーズン1位でプレーオフ進出を決めました!
アイシンがレギュラーシーズン1位でプレーオフ進出を決めました!
[バスケットボール:JBL2007-2008 第17週]
◇2月23.24日(土)
愛知県刈谷市・ウィングアリーナ刈谷
ホームのウィングアリーナ刈谷に東芝を迎えたアイシンは、23日の試合で、延長戦にもつれた試合を制し、3試合を残してレギュラーシーズン1位でのプレーオフ進出を決めました。続く24日の試合でも勝利しています。なお、佐古賢一は2試合ともに途中出場でチームの勝利に貢献しています。プレーオフは3月15日から国立代々木競技場第二体育館で、4位のチームと戦うこととなります。

◇試合結果

23日(土)○89(21-22,19-13,12-24,23-16,14‐5)80 vs 東芝
24日(日)○74(15-28,24-15,18-13,17-15)71 vs 東芝

全国車いす駅伝で大分県チームは2位、9連覇ならず
[第19回全国車いす駅伝競走大会]
◇2月24日(日)
◇国立京都国際会館前〜西京極総合運動公園陸上競技場

24日、第19回全国車いす駅伝競走大会が行なわれ、大会8連覇中の大分Aチームは、初優勝した福岡チームに3分4秒差の2位でフィニッシュし、9連覇はなりませんでした。主将で1区を走った廣道純(デンセイ・ラムダ)は、雪の影響でグローブが滑って苦しんだようで、区間3位で2区に繋ぎました。積み上げてきた連勝を止められた悔しさもあると思いますが、ブログでは「また来年の復活V目指します」と、前向きにコメントしています。

堺BZは豊田合成、大分三好の下位2チームに連勝!
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド第19、20戦]
◇2月23日(土)愛知県小牧市・パークアリーナ小牧
◇2月24日(日)岐阜市・岐阜メモリアルセンター(で愛ドーム)

中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、7位豊田合成、8位大分三好の下位2チームとの負けられない連戦をしっかり勝ち、4位東レとの勝ち数の差を2に広げています。次戦3月1日は、その東レとの直接対決、2日が今シーズンまで1度も勝っていない首位サントリーとのレギュラーラウンド最終戦と、大事な試合が続きます。

◇試合結果◇
23日(土) ○3(26-28,25-23,25-19,25-20)1 vs 豊田合成
24日(日) ○3(25-15,25-21,25-16)0 vs 大分三好

阪神デルフィーノは上位2チームに敗れ、7連敗
[V・チャレンジリーグ男子:第6週(第11戦、第12戦)]
◇2月23.24日(土.日)
◇東京都・稲城市総合体育館

V・チャレンジリーグに今シーズンから参戦している阪神デルフィーノは、リーグ2位の東京ヴェルディ、同1位のFC東京とそれぞれ2度目の対戦を迎え、どちらも最初の対戦と同じセットカウント1-3、0-3で敗れています。明名雄大は、東京ヴェルディ戦では出番はなく、FC東京戦の1、2セットで交代出場しています。

◇試合結果◇
23日(土) ●1(19-25,25-21,18-25,26-28)3 vs 東京ヴェルディ
24日(日) ●0(14-25,12-25,19-25)3 vs FC東京

澤野大地が今シーズン初戦、アジア室内選手権で優勝!
澤野大地が今シーズン初戦、アジア室内選手権で優勝!
[第3回アジア室内陸上競技選手権大会:棒高跳び]
◇2月15日(金) ◇カタール/ドーハ
棒高跳びの澤野大地(ニシ・スポーツ)は、アジア室内選手権に出場し、5m45を跳び優勝しました。2位には5m35で、東海大の鈴木崇文選手が入り、日本人選手がワンツーフィニッシュを決めました。
優勝後に更新されたブログで「記録が全くでした。体は十分浮いていたのですが、空中で止まってしまいバーを越えられませんでした。原因は踏み切りです。(続きはリンク先の本人ブログへ)」と、優勝に満足した様子はまったくありません。大会で見つけた課題を克服できるか、3月7日から始まる次戦の世界室内選手権にご注目ください。
「マラソンは難しい」 エリック・ワイナイナは東京マラソン27位
「マラソンは難しい」 エリック・ワイナイナは東京マラソン27位
[東京マラソン2008]
◇2月17日(日)
◇東京都庁〜皇居前〜品川〜日本橋〜浅草雷門〜築地〜東京ビッグサイト
東京マラソン2008に出場したエリック・ワイナイナは、4km付近で先頭集団から遅れたものの、15km通過が46分35秒と、想定していたタイムから少し遅い程度。しかし、その後ラップタイムは落ちていき、ゴールタイムは2時間20分1秒、順位は27位という結果でした。ゴール後、エリックは「マラソンは難しい。体調は悪くなかったけれど、後半動かなくなってしまいました」と、失速の理由が自分でもわからないと話していました。それでも、「沿道でたくさんの人たちが応援してくださって、嬉しかったです」と、応援してくれた大観衆に感謝していました。写真はレース前の選考レース出場選手たちとの様子です。
家根谷依里はワールドカップ・韓国ソンウ大会で決勝T進出ならず30位
[スノーボード:W杯ソンウ大会]
◇2月17日(日) ◇韓国/ソンウ

韓国ソンウで行なわれたスノーボードのワールドカップ、パラレル大回転に出場した家根谷依里は、予選1本目13位(総合16位)とまずまずのタイムを出して2本目に進みましたが、2本目は失敗し、30位で大会を終えました。 24日は、日本(岐阜県郡上市・高鷲スノーパーク)でのワールドカップです。ご注目、ご声援をお願いいたします。

アイシンは2位オーエスジーに連敗。レギュラーシーズン1位確定は持ち越し
[バスケットボール:JBL2007-2008 第16週]
◇2月16日(土)鹿児島市・鹿児島県総合体育センター体育館
◇2月17日(日)宮崎市・宮崎県体育館

プレーオフ進出まであと1勝のアイシンは、オーエスジーとの連戦を戦い、初戦は完敗、2戦目は終了間際に追いつかれ延長戦にもつれた末に敗れました。
佐古賢一は、2試合ともに交代出場し、それぞれ18分、23分プレーしています。

◇試合結果◇
16日(土)●68(24-16,8-29,19-20,17-28)93 vs OSG
17日(日)●95(20-23,23-19,22-32,23-14,7-12)100 vs OSG

堺BZは2位のパナソニックにフルセットで敗れ、3位のままも差が開く
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド第17、18戦]
◇2月16.17日(土.日)
◇堺市北区・金岡公園体育館

中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは16日、17日にリーグ戦を戦い、16日のNEC戦は3-1で勝利しましたが、17日の2位パナソニック戦は2-0のリードから逆転され、惜しい星を落としました。チームは10勝8敗で順位は依然3位ですが、2位の背中が少し遠のきました。

◇試合結果◇
16日(土) ○3(18-25,25-15,25-18,25-21)1 vs NEC
17日(日) ●2(25-17,26-24,19-25,19-25,11-15)3 vs パナソニック

阪神デルフィーノの明名がシーズン初の先発メンバー。しかし、勝利ならず
[V・チャレンジリーグ男子:第5週(第9戦、第10戦)]
◇2月16日(土)長崎県・諫早市小野体育館
◇2月17日(日)長崎県佐世保市・体育文化館

V・チャレンジリーグ、阪神デルフィーノの明名雄大が、16日の警視庁戦で今シーズン初めてセッターとして先発出場し、第1セットと第2セットでチームの攻撃をリードしましたが、残念ながらストレート負けを喫しました。翌日の大同特殊鋼戦では明名の出場機会はなく、チームも1-3で敗れチームは5連敗となっています。

◇試合結果◇
23日(土) ●1(19-25,25-21,18-25,26-28)3 vs 東京ヴェルディ
24日(日) ●0(14-25,12-25,19-25)3 vs FC東京

マウンテンバイク片山梨絵が怪我から復帰し、2008シーズン初戦で独走V!
マウンテンバイク片山梨絵が怪我から復帰し、2008シーズン初戦で独走V!
[MTB:ジャパンシリーズオープニングレース J2南さつま市大会]
◇2月11日(月祝) ◇鹿児島県南さつま市・金峰レクの森公園特設コース
マウンテンバイククロスカントリーの2008年シーズンのオープニングレースが、鹿児島県南さつま市金峰レクの森公園特設コース20.4km(5.1km×4Laps)で行なわれ、骨折の怪我から復帰した片山梨絵(SPECIALIZED)が、2位に10分近い差を付け優勝しました。優勝報告が本人ブログ「rie-katayama blog」にありますので、そちらもご覧ください。
昨年10月に負った骨折を克服し、移籍初戦でありオリンピックイヤー初戦を優勝で飾ったことで、次に目指すのは、北京五輪の出場権獲得となりました。今シーズンの片山の走りにご注目ください。
なお、選考レースは5月25日の「J八幡浜 国際クロスカントリー」(愛媛県)です。
アイシン6連勝!6試合残し、プレーオフ1位進出まであと1勝!!
アイシン6連勝!6試合残し、プレーオフ1位進出まであと1勝!!
[バスケットボール:JBL2007-2008 第14週]
◇2月9、10日(土、日) ◇札幌市豊平区・月寒アルファコートドーム
既にプレーオフ進出を決めているアイシンは、レラカムイ北海道との連戦で、接戦をものにし6連勝を飾り、レギュラーラウンド1位でのプレーオフ進出まであと1勝となりました。
試合は、2試合ともに終盤までもつれ、特に10日の試合では、終了のホイッスルが鳴っている間に決勝ゴールが決まる劇的な展開となりました。なお、2試合ともに交代出場した佐古賢一は、9日の試合で勝負を決定付ける78点目のフリースローを決めるなど、チームの勝利に貢献しています。。

◇試合結果

9日(土)○78(26-22,14-24,20-19,18-10)75 vs レラカムイ
10日(日)○75(24-15,18-10,13-24,20-24)73 vs レラカムイ

堺BZは3連戦1勝2敗。初戦、首位サントリーと2時間超の大接戦も惜敗
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド第14〜16戦]
◇2月9〜11日(土〜月祝) ◇渋谷区千駄ヶ谷・東京体育館
中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは9日、首位サントリーと対戦し、第2セットで35点に及ぶデュースを制するなど、2時間9分に及ぶフルセットを戦いましたが惜しくも敗れました。翌10日のJT戦は、3-0のストレート勝ちでリーグ戦3巡目の初戦を飾り、11日は再びサントリーと対戦し、この日はストレート負けを喫してしまいました。堺BZは、9勝7敗で3位のままですが、4位から7位までが7勝9敗の2勝差に並んでいるため、気の抜けない戦いが続きます。

◇試合結果

9日(土) ●2(20-25,35-33,25-27,25-22,9-15)3 vs サントリー
10日(日) ○3(25-23,25-19,26-24)0 vs JT
11日(祝) ●0(17-25,24-26,16-25)3 vs サントリー

アイシンは連勝で4位以上が確定、プレーオフ出場を決めました!
アイシンは連勝で4位以上が確定、プレーオフ出場を決めました!
[バスケットボール:JBL2007-2008 第14週]
◇2月1、2日(金、土) ◇大阪府枚方市・松下電器体育館
1日、2日と敵地松下電器体育館で行なわれたパナソニックとの連戦を連勝したアイシンは、リーグ戦8試合を残して早くも4位以内を確定させ、プレーオフ出場を決めました。
2位との勝利数も4に開き、レギュラーシーズン1位でのプレーオフ進出も見えてきました。
なお、佐古賢一はパナソニックとの2試合ともに交代出場し、勝利に貢献しています。

◇試合結果

1日(金)○ 92(24-16,13-13,30-24,25-22)75 vs パナソニック
2日(土)○101(22-18,24-24,28-19,27-31)92 vs パナソニック

堺ブレイザーズは痛い連敗。8勝5敗で3位に後退
堺ブレイザーズは痛い連敗。8勝5敗で3位に後退
[V・プレミアリーグ男子:レギュラーラウンド第12、13戦]
◇2月2、3日(土、日) ◇北九州市小倉北区・北九州市立総合体育館
中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは2日に豊田合成に0-3のストレート負けを喫すると、翌3日には東レに1-3で破れ、3位に後退しました。

◇試合結果

2日(土) ●0(16-25,23-25,24-26)3 vs 豊田合成
3日(日) ●1(29-27,28-30,22-25,16-25)3 vs 東レ

阪神デルフィーノはジェイテクト戦、富士通戦ともにストレートで敗れる
[V・チャレンジリーグ男子:第4週(第7戦、第8戦)]
◇2月2、3日(土、日) ◇渋谷区千駄ヶ谷・東京体育館

今シーズンからチャレンジリーグに参戦している阪神デルフィーノは、東京体育館で行なわれた2日のジェイテクト戦、3日の富士通戦ともにストレート負けを喫しました。チームは2勝6敗で10チーム中8位となっています。なお、明名雄大は、富士通戦1セット目で途中出場し、3セット目には、シーズンで初めてセットの最初から出場しています。

◇試合結果◇
2日(土) ●0(17-25,21-25,20-26)3 vs ジェイテクト
3日(日) ●0(15-25,14-25,19-25)3 vs 富士通