「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2007年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■10月3日更新
トランポリンの全日本選手権で上山容弘が個人3連覇!
トランポリンの全日本選手権で上山容弘が個人3連覇!
[トランポリン:第44回全日本選手権]
◇9月29、30日(土、日)
◇会場:大阪府熊取町・ひまわりドーム
全日本選手権に出場した上山容弘(大体大大学院)は、昨シーズン世界ランキング1位の貫禄を見せ、男子個人で見事に3年連続4回目の優勝を飾りました。また、外村哲也(ビッグ・エス茨城)とのペアで2年ぶりの優勝を目指したシンクロナイズドは惜しくも2位、団体戦では、決勝演技トップの成績で大阪体育大学チームの2位に貢献しました。
日本女子オープンで藤田幸希が3日目にホールインワン達成!最終9位タイ
日本女子オープンで藤田幸希が3日目にホールインワン達成!最終9位タイ
[ゴルフ:日本女子オープンゴルフ選手権競技]
◇9月27〜30日(木〜日)
◇開催コース:北海道苫小牧市・樽前カントリークラブ
北海道の樽前カントリークラブで行なわれた日本女子オープンゴルフ選手権に出場した藤田幸希は、3日目8番ショートホールで見事にホールインワンを達成しました。この日は、それまで1バーディー3ボギーとややスコアを崩しかけていましたが、8番のホールインワンでなんとか踏みとどまり、最終日はイーブンパー、トータル2オーバーの9位タイで大会を終えました。

同じく日本女子オープンに出場した小俣奈三香は、3日目まで安定したゴルフで藤田と同じ2オーバー10位タイにつけ、最終日は2オーバーとややスコアを崩したもののトータル4オーバーの13位タイで4日間のトーナメントを終えました。

国体の山岳競技成年女子で、尾川智子の宮城県がクライミング優勝!
国体の山岳競技成年女子で、尾川智子の宮城県がクライミング優勝!
[秋田わか杉国体:山岳競技]
◇日程:30日/クライミング予選、1日/縦走競技、2日/クライミング決勝
◇会場:秋田県北秋田市・森吉スポーツ公園及び森吉山特設コース
秋田わか杉国体の山岳競技は、30日から3日間に渡って行なわれ、尾川智子が所属する宮城県チームは、縦走で8位、クライミングはみごと優勝しました。
廣道純はベルリンマラソンで4位。本人からレース報告が届きました!

[車椅子レース:ベルリンマラソン]
◇9月30日(日) ◇場所:ドイツ・ベルリン

30日に行なわれたベルリンマラソンの車椅子の部(フルマラソン)に出場した廣道純(デンセイ・ラムダ)よりレースの報告が入りました。結果は1時間33分28秒で4位でした。以下は本人からのメールです。

「9月1日の世界陸上が終わって長距離練習に切り替えて来たんですが、かなり苦しいレース展開でした。体中がパンパンです。なんとかゼッケンの3番以内でと思ってたんですが、スタート後7kmで副島選手(ボストン優勝、日本記録保持者)に逃げられ、これをスイスのハインツ(世界記録保持者)とマルセル、廣道で追いかけます。このまま差は詰まらず、結局4位でのフィニッシュでした。次の大分国際ではきっちり合わせて表彰台に上がれるよう頑張ります。 応援、ありがとうございました」

荒天に見舞われたスーパー陸上で、室伏は4位、澤野は記録なし

[陸上:セイコースーパー陸上2007ヨコハマ]
◇9月30日(日) ◇会場:横浜市港北区・日産スタジアム

あいにくの荒天に見舞われた「セイコースーパー陸上2007ヨコハマ」。男子ハンマー投げは、風雨が強く底冷えのする厳しいコンディションのもとで行なわれ、室伏広治(ミズノ)は74m31を記録し4位でした。

また澤野大地(ニシ・スポーツ)が出場した棒高跳びは、荒天の影響をもろに受け、出場選手全員が記録なしという珍しい、残念な結果となりました。

田中・小泉ペア、ワールドツアーブラジルオープンは本戦出場ならず

[ビーチバレー:ワールドツアー・ブラジルオープン]
◇9月25日(火) ◇場所:ブラジル・フォルタレーザ

予選1回戦をシードされた田中姿子小泉栄子ペアは、勝てば本戦出場が決まる予選2回戦で、オランダのVan Iersel-Wesselinkペアと対戦し、0-2(18-21,19-21)のストレートで敗れ、本戦出場を逃しました。ワールドツアーも今シーズンは残すところあと1戦(10月末のタイ・プーケット大会)のみとなりました。なお、ジャパンツアーは6日土曜から行なわれる福岡大会に出場します。(出場は7日から)
■9月26日更新
全日本選手権9連覇へ向け、Buzz Bulletsが快調発進!

[フライングディスク・アルティメット:全日本アルティメット選手権大会]
◇9月22、23日(土、日) ◇茨城県ひたちなか市

全日本選手権9連覇へ向け、Buzz Bulletsが快調発進! 日本一を決める全日本アルティメット選手権大会の予選が各地方で始まり、大会9連覇がかかる文化シヤッターBuzz Bulletsが、東日本の2次予選に出場しました。
チームは2日間で4試合を戦い、みごと全勝・東日本1位で予選を通過しました。 この予選で東日本は9チーム、西日本・中部から7チームの合計16チームが10月13、14日に行なわれる本選に出場し、翌週20日の決勝を目指します。
(写真は昨年8連覇達成時のもの)

◇試合結果

○17-2 vs立教大学
○17-3 vs早稲田大学
○17-3 vsロキートス
○17-3 vsディスクマニア

片山梨絵がプレオリンピックに出場。五輪と同じコースで納得の走り

[マウンテンバイク・クロスカントリー:MTB国際招待大会(プレオリンピック)]
◇9月22日(土) ◇中国・北京

片山梨絵がプレオリンピックに出場。五輪と同じコースで納得の走り 北京で行なわれたマウンテンバイクのプレオリンピック、女子クロスカントリーに出場した片山梨絵(TREK)は、4km×7周の28kmを走り切り、トップと11分44秒差の12位でフィニッシュしました。 レースを終えた片山は次のように手応えを語っています。

「今ある自分のすべてを出し切っての結果でした。トップと11分44秒のビハインドは現時点では悪くありません。オリンピックと同じコースを、同じ出走人数で走れた事で課題とゴールまでの道筋がより明確になり、モチベーションもUPしています!今の気持ちをあと11ヶ月鮮明に保って日々努力していきます」

「IAAFワールド・アスレチック・ファイナル(世界ファイナル)」77m95を投げ3位

[陸上:ワールド・アスレチック・ファイナル]
◇9月23日(日) ◇ドイツ・シュトゥットガルト

「IAAFワールド・アスレチック・ファイナル(世界ファイナル)」77m95を投げ3位 各種目のグランプリ成績上位者のみが出場できる「IAAFワールド・アスレチック・ファイナル(世界ファイナル)」が、9月22日、23日の2日間にわたり開催されました。男子ハンマー投げは23日に行なわれ、室伏広治(ミズノ)は77m95を記録し3位に入りました。なお、優勝したのは、82m05を投げたイワン・チホン(ベラルーシ)、2位は78m42を記録したクリスチャン・ポルシュ(ハンガリー)でした。
(写真提供:aflo sport)
佐藤ルミナ、復帰戦はスリーパーホールドで一本負け

[プロフェッショナル修斗公式戦:BACK TO OUR ROOTS 5]
◇9月22日(土) ◇場所:後楽園ホール

観客2180人と立ち見も出る超満員の後楽園ホールで復帰戦に臨んだ佐藤ルミナは、門脇英基(ライト級環太平洋8位)と対戦しました。たくさんのファンの声援で出迎えられた佐藤ルミナでしたが、1R4分9秒、スリーパーホールドで一本負けを喫してしまいました。
試合について、本人がブログでコメントしていますので、ぜひご覧ください。
世界選手権に出場した尾川智子は、ボルダリング21位、スピード24位

[クライミング世界選手権]
◇9月17〜23日(月〜日) ◇スペイン・アヴィレス

スペイン・アヴィレスで行なわれたクライミング世界選手権に出場した尾川智子は、ボルダリングの予選Bグループで11位となり、準決勝に進出できる10位には惜しくも届かず、全体で21位の結果でした。また、スピードにも出場し、こちらは予選24位で次のラウンドに進むことはできませんでした。
ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンで北田17位タイ、小俣40位タイ

[女子ゴルフ:ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフトーナメント]
◇9月21〜23日  ◇開催コース:宮城県利府町・利府ゴルフ倶楽部

ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンに出場した北田瑠衣は、3オーバー42位タイで迎えた最終日、この日のベストに1打差の2アンダー70で回り、トータル1オーバー17位タイまで順位を上げ大会を終えました。また、ウェイティングから出場が決まった小俣奈三香は、1オーバー25位タイでスタートした最終日にスコアを崩し、5オーバー40位タイでホールアウトしました。
■9月19日更新
決勝ファイナルセット、デュース7回の激闘!田中・小泉組は惜しくも敗れ準優勝

[ビーチバレー:JBVツアー第4戦東京オープン]
◇9月14〜16日(金〜日) ◇東京都港区・お台場ビーチ

決勝ファイナルセット、デュース7回の激闘!田中・小泉組は惜しくも敗れ準優勝! ビーチバレーの国内ツアーは、お台場ビーチで第4戦が行なわれました。昨年の女王、田中姿子小泉栄子ペアは、エントリーの不備があり予選スタートとなりましたが、予選はなんなく通過。本戦の初戦で西堀・浅尾ペアをストレートで破ると、三木・岩名ペアとの試合もストレートで退け、準決勝では敗者復活で上がってきた西堀・浅尾ペアと再び対戦し、やはりストレートで降し決勝進出を決めました。

決勝の相手は、今シーズン出場した過去2大会と同じ楠原・佐伯ペア。決勝での対戦成績1勝1敗で迎えた試合は、フルセットまでもつれ、1時間30分に及ぶ大熱戦となりました。ファイナルセットはどちらが勝ってもおかしくない7回のデュースの末、田中・小泉ペアが20-22で惜敗しました。

◇本戦の結果は以下の通りです。

本戦2回戦 ○2-0(21-9,21-19)vs 西堀-浅尾
本戦3回戦 ○2-0(21-11,21-8)vs 三木-岩名
準決勝  ○2-0(21-9,21-11)vs 西堀-浅尾
決勝   ●1-2(18-21,21-17,20-22)vs 楠原-佐伯

廣道純3連覇ならず!鳥取さわやか車いすマラソンで2位

[車いすマラソン:第19回鳥取さわやか車いすマラソン大会]
◇9月16日(日) ◇場所:鳥取市・鳥取県立布勢総合運動公園陸上競技場及び周辺道路

廣道純3連覇ならず!鳥取さわやか車いすマラソンで2位 鳥取さわやか車いすマラソンが今年も行なわれ、ハーフマラソンの部で、一昨年、昨年と連覇している廣道純(デンセイ・ラムダ)は、10km過ぎに接触し転倒した影響もあり、トップに約1分30秒ほど離され2位でゴール。惜しくも3連覇はなりませんでした。
「Athletic Bridge2007-Dubunica」に出場した室伏広治は78メートル73で2位

[陸上:Athletic Bridge2007-Dubunica]
◇9月16日(日) ◇スロバキア・ドブニッツァ

イタリアのリエティGPで優勝した室伏広治(ミズノ)は、スロバキア・ドブニッツァで行なわれた「Athletic Bridge2007-Dubunica」に出場し、ヨーロッパでの連勝を目指しましたが、78メートル73で2位に終わりました。優勝は、世界選手権で3連覇を達成したベラルーシのイワン・チホン選手で、記録は81メートル29でした。
マンシングウェアレディースで北田瑠衣は24位タイ

[女子ゴルフ:マンシングウェアレディース東海クラシック]
◇9月14〜16日(金〜日)
◇開催コース:愛知県美浜町・南愛知カントリークラブ美浜コース

マンシングウェアレディース東海クラシックに出場した北田瑠衣は、1アンダー15位タイとまずまずの成績で初日を終え、2日目に4オーバーとスコアを崩したものの、最終日は持ち直し、トータル2オーバー24位タイでホールアウトしました。
■9月12日更新
室伏が「リエティ・グランプリ」で今季自己最高の82m62を投げ優勝

[陸上:IAAFワールドアスレチックツアー・リエティGP]
◇9月9日(日) ◇イタリア・リエティ

室伏が「リエティ・グランプリ」で今季自己最高の82m62を投げ優勝 IAAFワールドアスレチックツアー「リエティGP」の男子ハンマー投げで、室伏広治(ミズノ)が今季自己最高の82m62を投げ優勝しました。

室伏は、5投目に80m46で首位に立ちましたが、世界選手権大阪大会で優勝したイワン・チホン(ベラルーシ)が82m61を記録して逆転。しかし、最終6投目に室伏がさらに記録を伸ばし、チホンを1センチ差で再逆転してトップに立ち、劇的な優勝を飾りました。
(写真提供:aflo sport)

ヨーロッパCL開幕戦、梅村がシングルスで1勝。チームは黒星スタート

[卓球:ヨーロッパチャンピオンズリーグ予選リーグ第1戦]
◇9月7日(金)  ◇イタリア/ヴィッツォーロ・プレダビッシ(ミラノ郊外)

ヨーロッパCL開幕戦、梅村がシングルスで1勝。チームは黒星スタート 卓球のイタリア1部プロリーグ・セリエAのサンドナテーゼに所属する梅村礼(文化シヤッター)は7日、ホームで行われたクロパッハ(ドイツ)とのヨーロッパチャンピオンズリーグに出場し、シングルスで1勝をあげました。サンドナテーゼは、梅村の1勝だけにとどまり1-3で初戦を落としました。次の試合は9月23日(日)アウェイのへーレン(オランダ)戦です。

移籍後初の試合を終えた梅村は次のようにコメントしています。

「私自身は3セットがデュースというもつれた試合でしたが、粘って逆転することができました。若いチームなので次の試合には是非とも勝って勢いに乗りたいです」

武藤英紀がインディカー・シリーズデビュー戦で大健闘8位!

[インディカー・シリーズ:最終戦]
◇9月9日(日) ◇アメリカ・イリノイ州シカゴランドスピードウェイ

武藤英紀がインディカー・シリーズデビュー戦で大健闘8位! 今シーズン、インディカー・シリーズの下位リーグであるインディ・プロ・シリーズ(IPS)に参戦した武藤英紀(スーパーアグリ・パンサーレーシング)は、IPSでの走りが認められ、インディカー・シリーズ最終戦にスポット参戦するチャンスを得ました。初めてのインディカー・シリーズで、武藤は堂々の走りを披露し、予選13位、決勝8位と素晴らしい結果を残しました。
なお、今回の挑戦のためインディ・プロ・シリーズの最終戦出場は回避しましたが、15戦を終えた時点でシリーズ2位を確定しており、見事にルーキー・オブ・ザ・イヤーも獲得しています。
今シーズンのご声援ありがとうございました。来シーズンの更なる飛躍と活躍にご期待ください。
世界選手権に出場した片山梨絵は、女子クロスカントリー45位

[マウンテンバイク:世界選手権]
◇9月3〜9日(月〜日) ◇イギリス・フォートウイリアム(スコットランド)

世界選手権に出場した片山梨絵は、女子クロスカントリー45位 マウンテンバイクの世界選手権女子クロスカントリーに出場した片山梨絵(TREK)は45位でした。また、片山は、世界選手権で初めて行なわれたクロスカントリーリレーに日本代表チームの一員として出場しました。日本チームは16チーム中13位の結果でした。レースの模様については、ブログ「rie-katayama blog」で詳しく本人が報告しています。

また、片山は、22日に北京で開催されるプレオリンピックに向けて、「プレ五輪では意地でも言い訳なんてなしの納得できる走りをして、来年の本番に繋げます」とコメントしています。ご期待ください!

女子ソフトボール2部第4節、ベルマーレは1勝2敗

[ソフトボール:女子2部リーグ第4節]
◇9月8〜10日(土〜月) ◇富山県黒部市・宮野運動公園多目的グランド

女子ソフトボール2部第4節、ベルマーレは1勝2敗 安藤美佐子が所属する湘南ベルマーレ女子ソフトボールチームは、富山県黒部市で行なわれた第4節3試合を戦い、1勝2敗の結果でした。試合は7日(金)が雨で10日(月)に延期となり、日程・結果は下記の通りです。
なお、湘南ベルマーレは、今シーズン13試合を終えて5勝8敗、残り1節4試合を残しています。

8日(土)○ 5-2 vs 旅亭紅葉・甲賀医専
9日(日)● 4-5 vs YKK
10日(月)● 3-8 vs 日立マクセル

日本女子プロゴルフ選手権大会に出場した2人は、予選通過ならず

[女子ゴルフ:第40回日本女子プロゴルフ選手権大会]
◇9月6〜9日(木〜日)
◇開催コース:広島県安芸高田市・リージャスクレストゴルフクラブグランドコース

日本女子ゴルフ選手権に出場した北田瑠衣藤田幸希の2人は、ともに予選2日間を終えて決勝進出ラインに到達せずトーナメントを終えました。
■9月5日更新
トランポリンのW杯第7戦ポーランド大会で上山がシングル3位!シンクロ2位!!

[トランポリン:ワールドカップ第6戦、第7戦]
◇8月27、28日第6戦ロシア・サンクトペテルブルグ大会
◇8月31日、9月1日第7戦ポーランド・ジェロナ大会

トランポリンのW杯第7戦ポーランド大会で上山がシングル3位!シンクロ2位!! 昨シーズンのトランポリン世界ランキング1位の上山容弘(大体大大学院、写真左)は、8月31日、9月1日ポーランド・ジェロナで行なわれたワールドカップ第7戦に出場し、男子シングルは予選通過5位、決勝で3位となりました。外村哲也(写真右)とペアを組む男子シンクロナイズドは、予選1位通過で、決勝2位となりました。

なお、直前のロシアでの第6戦は、消化器系の不調もあり、思うような演技をすることができず、個人18位、シンクロ5位に終わっています。今回の遠征の様子は、本人のブログ「Road To Beijing」にも綴られていますので、ぜひご覧ください。

世界陸上の舞台で廣道純が1500mを力走。しかし惜しくもメダルはならず6位

[世界陸上大阪大会:車椅子1500m]
◇9月1日(土) ◇大阪・長居陸上競技場

バスケットボール男子日本代表はアジア選手権8位でオリンピック出場ならず 世界陸上の舞台で行なわれた車椅子1500m決勝に出場した廣道純(デンセイ・ラムダ)は、最後の直線で外側に出て伸びず、トップと1秒83差の6位でゴールしました。レース展開のあやもありますが、2人の日本人選手が自分よりも上位に入ったことで、悔しさはあるはずです。本人の生の言葉は、ブログ「これがヒロミチジュン」をご覧ください。レースの写真もアップされています。
澤野大地は記録なしで、2大会連続の決勝進出ならず

[世界陸上大阪大会:棒高跳び]
◇8月30日(木) ◇大阪・長居陸上競技場

8月30日(木)に行なわれた男子棒高跳び予選に出場した澤野大地(ニシ・スポーツ)は、5m55の1回目で手を滑らせて失敗。2回目の試技では、足をつり失敗。予選突破のためバーの高さを5m65に上げてチャレンジしましたが、やはり痙攣で失敗し、記録なしに終わりました。残念ながら世界陸上2大会連続の決勝進出はなりませんでしたが、澤野の世界大会でのメダル獲得と、6m00への挑戦は終わりません。これからもご声援をお願いいたします。
ビーチバレーのワールドツアーロシア大会は予選通過も本戦2敗し25位に終わる

[ビーチバレー:ワールドツアー・ロシア大会]
◇8月29日(水)〜  ◇ロシア・サンクトペテルブルグ

猛暑の鵠沼マーメイドカップを終え、ロシアに飛んだ田中姿子小泉栄子ペアを待っていたのは、気温8度というロシアの寒さでした。そのロシア大会では、予選を順当に通過し本戦に臨みましたが、1回戦と敗者復活戦を連敗。25位に終わりました。帰国した2人は3週間後のブラジル大会に向け日本で調整します。

<ロシア大会試合結果>

予選2回戦 ○0-2(21-19,22-20)vs Osheyko-Baburina(ウクライナ)
本戦1回戦 ●1-2(21-17,14-21,8-15)vs Uryadova-Shiryaeva(ロシア)
敗復or25位●0-2(15-21,24-26)vs Hamzaoui-Giaoui(フランス)

WPMFスーパーフライ級王座決定戦、TOMONORIは僅差の判定で王座奪取ならず

[ムエタイ:WPMFスーパーフライ級王座決定戦]
◇9月1日(土)  ◇タイ・国立競技場内チャンタナインヨン体育館

バスケットボール男子日本代表はアジア選手権8位でオリンピック出場ならず 日タイ修好120周年記念事業として行なわれた「WPMFスーパーフライ級王座決定戦」でTOMONORI(OGUNIジム)はダーウサミン・イングラムジムと対戦。タイの国外に流出したことのない軽量級のタイトルに挑み3分5ラウンドを戦い抜きましたが、0-3(3者ともに48-49の僅差)で敗れました。
ゴルフ5レディスで北田瑠衣が15位タイ、藤田幸希は47位タイ

[女子ゴルフ:ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント]
◇8月31日〜9月2日(金〜日) ◇北海道美唄市・アルペンゴルフクラブ美唄コース

ゴルフ5レディスで北田瑠衣が15位タイ、藤田幸希は47位タイ ゴルフ5レディスに出場した北田瑠衣は、長い不調から脱し6月のサントリーレディス以来となる予選通過を果たすと、最終日は69の好スコアで3日間トータル1アンダーとし、15位タイでトーナメントを終えました。また、同トーナメントに出場した藤田幸希は6オーバー47位タイ、小俣奈三香は残念ながら予選通過できませんでした。