「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2007年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■5月30日更新
日本選手権で廣道純が400mの日本新!山本篤は2種目で新記録!
日本選手権で廣道純が400mの日本新!山本篤は2種目で新記録!
[車椅子陸上:
第18回日本身体障害者陸上競技選手権]
◇5月27日(日)
◇会場:大阪府堺市・金岡公園陸上競技場
30度を超える暑さの中、廣道純(デンセイ・ラムダ)は、400m、800m、1500mの3種目に出場しました。400mでは自己のもつ日本記録を0秒70更新する、50秒94で優勝、800mでは1分40秒06と国内レースでの最高記録で優勝し、選手権2冠を達成しました。
この結果について、廣道本人は「北京の選考レースの1つでもありますが、2種目とも世界記録にかなり近いタイムが出たので出場権はほぼ獲得したと手応えを掴んでます」とコメントしています。なお、1500mでは3分11秒74で2位と惜しくも3冠達成はなりませんでした。

また、100mと走り幅跳びの2種目に出場した山本篤(大阪体育大学)は、100mで13秒02、走り幅跳びで5m88といずれも自身の持つ日本最高記録(100m13秒11、幅跳び5m51)を大きく更新しました。
(photo by ZIN 07)

MTBジャパンシリーズで3連勝!片山がトップ選手の貫禄見せる
[マウンテンバイク:ジャパンシリーズ泉ヶ岳・XCO第3戦]
◇5月27日(日) ◇会場:宮城県仙台市・泉ヶ岳
ジャパンシリーズのクロスカントリー第3戦女子エリートの部は、1周6.0kmを4周する24kmのコースで行なわれ、片山梨絵(TREK)が1時間36分1秒30のタイムで優勝しました。これによりジャパンシリーズは今シーズン3戦3勝となっています。
廣済堂レディスにライツメンバー4人が出場。最高位は藤田の8位タイ
ビーチバレーの国内初戦、田中・小泉ペアは苦しみながらも実力を発揮し優勝
[女子ゴルフ:廣済堂レディスゴルフカップ]
◇5月25〜27日(金〜日)
◇開催コース:千葉県市原市・千葉廣済堂カントリー倶楽部
廣済堂レディスに出場した藤田幸希は、初日2オーバー74の32位タイから2日目2アンダー、3日目3アンダーとスコアを伸ばし、3アンダー8位タイでホールアウトしました。なお、小俣奈三香北田瑠衣は、ともに3日間トータル5オーバー35位タイ、中嶋千尋は残念ながら決勝ラウンドに進めませんでした。
武藤英紀は4位スタートで5位フィニッシュ!〜インディ・プロ・シリーズ第4戦
[インディ・プロ・シリーズ:2007第4戦]
◇5月24.25日(木.金) ◇場所:アメリカ・インディアナ州インディアナポリス
今季からアメリカのインディ・プロ・シリーズに参戦している武藤英紀(スーパーアグリ・パンサーレーシング)は、オーバルコースで行なわれた第4戦で、4位スタートの5位フィニッシュ。A.Lloydが4連勝したためポイント差は開いたものの、依然ドライバーポイントで2位に付けています。
田中・小泉ペアは、ワールドツアーで今季初の本戦進出を逃がす
[ビーチバレー:ワールドツアー・シンガポールオープン]
◇5月23〜27日(水〜日) ◇場所:シンガポール・セントサ
ビーチバレーのワールドツアーを転戦中の田中姿子・小泉栄子ペアは、シンガポールオープンに出場し、勝てば本戦出場となる予選ラウンドの2試合目で惜しくも敗退しました。予選の初戦となったロシアペアとの対戦は、21-16,21-19のストレート勝ちを収めましたが、本戦を懸けたフランスペアとの対戦では、25-23,19-21,13-15と大接戦の末敗れてしまいました。

次戦ソウルオープンに向かう前に、田中は「試合結果は予選負け・・・。でも次に向けて新たに頑張ります!簡単には勝たせてくれないけど、勝てない相手ではないので勝利を信じて勝ちに行きます!!とにかく頑張ります!!」と前向きに話しました。

世界卓球男子シングルスに出場した松下浩二は惜しくも勝利ならず
世界卓球男子シングルスに出場した松下浩二は惜しくも勝利ならず
[卓球:2007世界卓球選手権ザグレブ大会・
男子シングルス]
◇5月21〜27(月〜日)
◇場所:クロアチア・ザグレブ
クロアチアで行なわれた世界卓球の男子シングルスに出場した 松下浩二(グランプリ)は、1回戦(128枠)でルーマニアのA.フィリモンと対戦し、1-4(10-12,9-11,6-11,11-5,6-11)で敗れました。接戦となった1ゲーム目と2ゲーム目を落としたのが響いて、残念ながら初戦敗退となりました。
■5月23日更新
最終18番で決めた!小俣奈三香がジョイント・コーポレーションカップで逆転優勝!
最終18番で決めた!小俣奈三香がジョイント・コーポレーションカップで逆転優勝!
[女子ゴルフ:LPGAステップ・アップ・ツアー
ジョイントコーポレーションカップ]
◇5月17.18日(木.金)
◇会場:千葉県芝山町・富里ゴルフ倶楽部
今シーズン初めてステップ・アップ・ツアーに臨んだ小俣奈三香は、トップと2打差の1アンダー3位タイで初日を終え、2日目(最終日)は、同じ最終組で回った初日2アンダー2位の井上陽子と優勝争いを演じました。

1打リードで迎えた15番で小俣がボギーを叩き、井上はバーディーを奪って一気に逆転。続く16番では、井上がボギー、小俣がバーディーで再逆転。さらに17番では井上がバーディーでパーの小俣に並ぶという大接戦。

そして最終18番のロングホールで小俣がバーディーを奪って(井上はパー)激戦を制し、昨年5月のSANKYOレディースカップ以来、自身2度目となるステップ・アップ・ツアー優勝を飾りました。

この優勝で小俣は、6月1日に始まるリゾートトラストレディスから4試合のレギュラーツアー出場権を獲得しました。

菊地奈々子は0−3の判定で敗れWBC女子ストロー級王座防衛ならず
菊地奈々子は0−3の判定で敗れWBC女子ストロー級王座防衛ならず
[ボクシング:WBC女子ストロー級タイトルマッチ]
◇5月17日(木)
◇会場:米カリフォルニア州リムーア
WBC女子世界ストロー級チャンピオン菊地奈々子(代々木ブルースカイジム)は17日(現地時間)アメリカ、カリフォルニア州リムーアで行なわれたWBC女子世界ストロー級タイトルマッチで、暫定チャンピオン、カリーナ・モレノ(米)と対戦しました。

試合は2分×10ラウンドで行なわれ、菊地は0-3の判定負けでタイトル防衛はなりませんでした。

通算成績:
カリーナ・モレノ 13戦12勝1敗(4KO)、
菊地奈々子 10戦7勝2敗1分(1KO)

試合後、菊地は「やれる事はやりました。アウェイで戦うことの厳しさは分かって試合に挑みました。アメリカで試合ができ、またモレノ選手と戦うことができよかったです」と話していました。

一方、モレノ選手は「今までで一番厳しい試合でした」とコメントしています。

現地に赴いたライツのスタッフは菊地の戦いぶりについて「殴られても前に進む彼女の姿には本当に気持ちの強さを感じました。頑張りました。 悔しいけど、相手も強かったと思います。でも、本当に頑張りました」と話していました。

皆さんの応援、本当にありがとうございました。(撮影/田栗かおる)

車椅子バスケットボール男子日本代表が北京パラリンピック出場権獲得!
車椅子バスケットボール男子日本代表が北京パラリンピック出場権獲得!
[車椅子バスケ:2008年北京パラリンピック競技大会
アジアオセアニアゾーン予選会]
◇5月15〜20日(火〜日)
◇場所:オーストラリア・ダーウィン
車椅子バスケットボール男子日本代表は、上位3チームが本大会に出場できるアジアオセアニアゾーンの予選会で、韓国代表と出場権を懸けた3位決定戦を戦い85-56で勝利し、見事に北京パラリンピックの出場権を獲得しました。京谷和幸も全試合に出場し、出場権獲得に貢献しました。

日本チームの成績は下記の通りです。

◇15日 vs オーストラリア
  • ●53-61
◇16日 vs 韓国
  • ○59-57
◇17日 vs クウェート
  • ○92-30
◇18日 vs イラン
  • ●62-69
◇19日 3位決定戦 vs 韓国
  • ○85-56
田中・小泉ペアは霧島酒造オープン準優勝。国内大会の連続優勝は6でストップ
女子ソフト2部リーグ開幕!ベルマーレの開幕節は1勝3敗スタート
[ビーチバレー:JBVツアー2007第3戦
霧島酒造オープン]
◇5/18〜20(金〜日)
◇会場:宮崎県都城市・霧島ファクトリーガーデン
ビーチバレーのジャパンツアー第3戦で、国内トップペアの田中姿子・小泉栄子ペアは、決勝戦で佐伯・楠原ペアに敗れ優勝を逃しました。昨年、同じ会場で行なわれた宮崎大会から続いていた国内での出場大会連続優勝も、6でストップしてしまいました。

2人はすでに、2ヶ月半の長期に及ぶワールドツアーに旅立ちました。北京オリンピックの出場を確実にするためにも大切な長期遠征です。皆さんのご声援をお願いいたします。

◇JBVツアー2007第3戦 霧島酒造オープン試合結果◇
◇1回戦 vs 梁川友紀・菅原和子ペア
  • ○2(21-11,21-17)0
◇2回戦 vs 佐伯美香・楠原千秋ペア
  • ●0(16-21,18-21)2
◇敗者復活5位決定戦 vs 真壁美穂・小栗幸恵ペア
  • ○2(21-12,21-23,15-10)1
◇準決勝 vs 西堀健実・浅尾美和ペア
  • ○2(21-17,21-19)0
◇決勝 vs 佐伯美香・楠原千秋ペア
  • ●0(20-22,12-21)2
トランポリンの上山は、全日本年齢別でシンクロ2位、個人8位
[トランポリン:第18回全日本年齢別選手権大会]
◇5月18〜20日(金〜日) ◇会場:大阪府熊取町・ひまわりドーム
11月にカナダ・ケベックで行なわれる国際年齢別選手権の選考会も兼ねたこの大会で、上山容弘(大阪体育大学)は外村哲也(ビッグ・エス茨城)とのシンクロナイズド競技で2位になりました。 個人競技では、予選を1位タイで通過したものの、決勝で10回連続で演技をするところ9回で終えてしまうという痛恨のミスを犯し、8位に終わりました。
なぜミスが起きてしまったのかは、本人がブログで詳しく書いていて、とても興味深い内容となっています。ぜひ「上山容弘のトランポリンブログ」をご覧ください。
中京テレビ・ブリヂストンレディスで北田瑠衣がイーブンパー23位タイ
[女子ゴルフ:中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン]
◇5月18〜20日(金〜日)◇愛知県豊田市・中京ゴルフ倶楽部石野コース
ここ2試合予選を通過できずにいた北田瑠衣でしたが、中京テレビ・ブリヂストンレディスでは、初日68の4アンダー5位タイと好スタートを切りました。2日目3日目はスコア、順位ともに伸びませんでしたが、通算イーブンパーの23位タイで大会を終えました。
なお、同トーナメントに出場した藤田幸希は、予選を通過できず、決勝ラウンドに進めませんでした。
■5月16日更新
安藤はノーヒットも前向き! 湘南ベルマーレ2部リーグ2節は2勝1敗
安藤はノーヒットも前向き! 湘南ベルマーレ2部リーグ2節は2勝1敗
[女子ソフトボール:2部リーグ第2節]
◇5月11〜13日(金〜日)
会場:神奈川県小田原市・坂匂川スポーツ広場
女子ソフトボールリーグ2部の湘南ベルマーレは第2節の3試合を戦い、2勝1敗の成績でした。
安藤美佐子は、3試合すべてに出場し、ヒットは出ませんでしたが守備面ではしっかりチームを引っ張っていました。 本人も試合後、次のように前向きにコメントしています。

「まず、自分の話からすると、3戦9タコ(9打数ノーヒット)は正直きつかったです。しかし、集中力を切ることなく守りの面でチームを引っ張れたと思いますし、冷静にチーム全体を見渡すことができました。年齢的にも非常に若いチーム(高卒新人7名)なのですが、4月の第1節に比べてみんながとても我慢強く戦っていると感じました。今後の試合が非常に楽しみです」

次は20日に全日本選手権の神奈川県予選があり、2部リーグ第3節は来月8〜10日に3試合が行なわれます。
第2節3試合のスコアは下記の通りです。(第3試合は8回タイブレーカー)

◇第2節 第1試合●
5月11日(金)10:00〜 vs 三島関病院
  1 2 3 4 5 6 7 合計
ベルマーレ 0 0 0 0 0 0 0 0
三島関病院 1 0 1 0 3 0 0 5
◇第2節 第2試合 ○
5月12日(土)10:00〜 vs 東海理化
東海理化 0 0 0 0 0 0 0   0
ベルマーレ 1 0 1 0 1 0 ×   3
◇第2節 第3試合 ○
5月13日(日)12:00〜 vs 日本ウェルネス
日本ウェルネス 0 0 0 0 0 0 0 0 0
ベルマーレ 0 0 0 0 0 0 0 1X 1
仙台ハーフマラソンで廣道純が2位集団のトップでゴール=2位
仙台ハーフマラソンで廣道純が2位集団のトップでゴール=2位
[陸上:第17回仙台国際ハーフマラソン大会・
車いすの部]
◇5月13日(日)
◇宮城野原公園東側スタート〜
仙台市役所前市民広場ゴールの21.0975km
昨年のこのレースで3位だった 廣道純(デンセイ・ラムダ)は、優勝した笹原選手と2人で飛び出しましたが、6km付近で離され、後続グループを待つ形で追走しました。5人の2位グループは最後までもつれながらも、抜け出して2位でゴール。勝負強さを発揮しました。(タイム:44分34秒)
石井琢朗、母の日に本拠地で、350盗塁(歴代14位タイ)達成!
[プロ野球:横浜-広島]
◇5月13日(日) ◇横浜スタジアム
昨年5月11日に2000本安打を達成した横浜ベイスターズの石井琢朗は、13日本拠地の横浜スタジアムで行なわれた広島戦の1回裏に、史上15人目となる350盗塁を決めました。盗塁を狙って走った上での達成ではないだけに、少しだけ微妙な心境をオフィシャルブログ「琢朗主義」で、素直に書いています。13日のエントリーですので、ぜひ一度ご覧ください。
次に目指す個人記録は2000試合出場で、15日を終えあと15試合となっています!
藤田幸希、ヴァーナルレディースで3日間同スコアの75で回り29位タイ
[女子ゴルフ:ヴァーナルレディース]
◇5月11〜13日(金〜日)◇福岡県朝倉市・福岡センチュリーGC
ヴァーナルレディースに出場した藤田幸希は、3日間トータル9オーバー29位タイでホールアウトしました。初日2日目はともに2バーディー5ボギー、最終日は1オーバー2ボギー1ダブルボギーと内容に違いはあるものの、3日間ともに3オーバー75の同スコアで回りました。 なお、同トーナメントに出場した北田瑠衣は、予選を通過できず、決勝ラウンドに進めませんでした。
■5月9日更新
車椅子バスケ日本選手権で千葉ホークスが3連覇!京谷和幸はベスト5選出
車椅子バスケ日本選手権で千葉ホークスが3連覇!京谷和幸はベスト5選出
[第36回日本車椅子バスケットボール選手権大会]
◇5月2〜4日(水〜金) ◇会場:東京体育館
大会2日目の2回戦から登場した千葉ホークスは、順当に決勝戦まで勝ち上がり、東京代表NoExcuseとの決勝戦も68-48で制し、見事に3連覇を達成しました。この大会もキャプテンとしてチームを引っ張った京谷和幸は、大会ベストファイブを受賞しました。
千葉ホークスの対戦相手とスコアは下記の通りです。
◇2回戦 vs太陽の家スパーズ(九州代表)
  • ○72-25
◇準々決勝 vs富山県WBC(東海北陸代表)
  • ○75-42
◇準決勝 vs清水M・S・T(近畿代表)
  • ○81-38
◇決勝 vsNO EXCUSE(東京代表)
  • ○68-48
大分陸上2007で山本篤が2種目で日本記録更新!廣道純は2種目1位!
梅村がシングルス2勝しチームに貢献。ラングバイトは依然負けなしで2位!
[障害者陸上:大分陸上2007]
◇5月5日(土) ◇会場:大分市・九州石油ドーム
2年目を迎えた大分陸上2007には、58名のエントリーがあり、トラックとフィールドで多くの種目が行なわれました。 この大会に初めて出場した山本篤(大阪体育大学)は、100mで13秒11(従来の日本記録13秒48)、走り幅跳びで5m51(同5m48)と出場した2種目で、自身が持つ日本記録を更新する快挙を達成しました。
大会の実行委員長でもある廣道純(デンセイ・ラムダ)は4種目に出場し、400m52秒26、800m1分43秒15と2種目で1位となりました。なお、1500mは3分2秒63の5位、5000mは10分26秒53で3位でした。
また、昼休みに行なわれたジュニア教室では、18名の子どもが参加し、選手たちと触れあいながら指導を受けました。
棒高跳びの澤野大地が静岡国際に続き優勝!しかし、記録に不満
[陸上:国際グランプリ大阪大会]
◇5月5日(土) ◇会場:大阪・長居陸上競技場
今夏の世界陸上の舞台でもある長居陸上競技場で行なわれた国際グランプリに出場した澤野大地(ニシ・スポーツ)は、5m60を1回で成功し、大会記録の5m75にバーを上げるも3回とも失敗。それでも5m50を1回で成功したアメリカのブラッド・ウォーカーを抑え優勝しました。 本人は自身のブログ「6m00への道。」で、記録自体を反省しつつもメンタル面で新たな手応えを掴んだことを綴っています。
Asian X-Gameで尾川が3位! 3決では決勝を上回るタイムを記録
[ボルダリング:Asian X-Game 上海]
◇5月2〜5日(水〜土) ◇場所:中国・上海
昨年マレーシアで行なわれたAsian X-Gameで優勝している尾川智子は、予選を僅差の4位で通過し連覇を目指しましたが、準決勝でまさかのミスが出て、3位決定戦に回りました。キム・ジャイン選手との3位決定戦では、決勝戦のタイムを上回る記録で勝利し、悔しさの残る表彰台となりました。 この大会で尾川は、スピード競技にも出場し、そちらは17人中の10位でした。大会の様子は本人がブログ「尾川智子のはーとふるボルダリング」で詳しく書いています。ぜひご覧ください。
MTBジャパンシリーズ第2戦も優勝は片山!国内大会連勝
梅村がシングルス2勝しチームに貢献。ラングバイトは依然負けなしで2位!
[マウンテンバイク:MTBジャパンシリーズJ1箱館山]
◇5月6日(日)
◇会場:滋賀県高島市・箱館山MTB XCコース
ジャパンシリーズ、クロスカントリーの第2戦はあいにくの雨の中で行なわれ、1周5.5kmのコースを5週する女子エリートの部に出場した片山梨絵(TREK)は、2時間9分27秒49のタイムで2位に4分30秒以上の大差をつけ優勝、国内大会を連勝しました。
田中・小泉ペア、ワールドツアー初戦は本戦に進めず
[ビーチバレー:ワールドツアー・上海オープン]
◇5月2〜6日(水〜日) ◇場所:中国・上海
今シーズンもワールドツアーが開幕し、田中姿子・小泉栄子ペアも初戦となった上海オープンに出場しました。予選ラウンドからの登場で、1回戦は地元の中国ペアと対戦し、2-0(21-13,21-18)で勝利しましたが、勝てば本戦進出となる2回戦でドイツペアに0-2(15-21,14-21)と敗れ、残念ながら本戦進出を果たせませんでした。
全日本選手権で堺BZは予選グループ敗退。Vプレミアリーグの雪辱ならず
[第56回黒鷲旗 全日本バレーボール選手権]
◇5月1〜6日(火〜日) ◇会場:大阪府立体育会館
この大会は4チームによるリーグ戦で予選が行なわれ、1位だけが準決勝に進めるという厳しい大会。Vプレミアリーグで6位と残念な成績に終わり、雪辱を期した中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズでしたが、実質一騎打ちとなったVプレミアリーグ所属の豊田合成に3-1で敗れ、残念ながら準決勝進出は果たせず、2006/07シーズンの日程を終えました。
今シーズンのご声援ありがとうございます。来シーズンも王座奪還のためご声援ご注目をお願いいたします。
◇堺ブレイザーズの試合結果◇
◇グループC第1戦 vs 東京ヴェルディ
  • ○3(25-16,25-18,25-19)0
◇第2戦 vs 早稲田大学
  • ○3(25-19,25-15,25-19)
◇第3戦 vs 豊田合成
  • ●1(18-25,25-19,16-25,23-25)3
以上、2勝1敗でグループ2位
藤田幸希、サロンパスワールドレディスで38位タイ
[女子ゴルフ:サロンパスワールドレディスゴルフトーナメント]
◇5月3〜6日(木〜日)◇東京都・東京よみうりCC
今年最初の4日間トーナメントとなったサロンパスレディスで、藤田幸希はトータル12オーバー38位タイでホールアウトしました。なお、北田瑠衣と今年初のトーナメント出場となった中嶋千尋の2人は、残念ながら2日間の予選を終え決勝ラウンド進出を果たせませんでした。