「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2007年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■3月28日更新
堺ブレイザーズは、粘りを見せるもパナソニックとJTに敗れる
堺ブレイザーズは、粘りを見せるもパナソニックとJTに敗れる
[バレーボール:2006/07 V・プレミアリーグ
第25、26戦]
◇3月24、25日(土、日)
広島県・呉市総合体育館(オークアリーナ)
中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、パナソニック戦、JT戦と連敗し、9勝17敗となりました。順位は6位のままです。シーズンは残すところあと2試合で、最終戦は星1つの差で6位を争うNECとの対戦です。
◇試合詳細◇
◇24日(土)vs パナソニック
  • ●1(25-18,19-25,15-25,22-25)3
◇25日(日) vs JT
  • ●2(19-25,15-25,25-22,25-23,11-15)3
■3月22日更新
岡紀彦が障害者卓球ジャパン・カップで20連覇の金字塔!!!
岡紀彦が障害者卓球ジャパン・カップで20連覇の金字塔!!!
[第27回障害者卓球ジャパン・カップ横浜大会]
◇3月17.18日(土.日)
◇横浜市港北区・障害者スポーツ文化センター
横浜ラポール
障害者卓球の岡紀彦がジャパン・カップの個人戦で、20連覇の金字塔を打ち建てました。本人から喜びと安堵、そして応援への感謝のコメントが届きましたのでご覧ください。
「第27回障害者卓球ジャパンカップ横浜大会に参加してまいりましたので、結果報告をさせていただきます。
この大会は、国内最大規模の大会で、障害者スポーツ特有の障害の程度によるクラス分けがなく、立位選手と車椅子選手の日本チャンピオンを決める選手権大会です。
私自身は、20連覇がかかった大会で、大会前から多くの方々に大変心強いご声援をいただいてきましたが、予想以上のプレッシャーを感じ、また国内の強豪選手が全て出場していて、マッチポイントを取られた場面も2度あり、大変苦しみましたが最後までねばり強く闘うことができ、何とか20連覇を達成することができました。これもひとえに日頃色々な形でサポートいただいている皆様のお陰だと心より感謝しています。
今年は、来年に迫った北京パラリンピック出場権獲得の重要な年となります。4月のアイルランドオープンを皮切りに、5回の海外遠征を予定しています。今回の優勝に満足することなく、これからも「世界で勝つ」ことを目標に精進してまいりますので、今後ともご指導の程よろしくお願い致します。本当にありがとうございました」
Buzz Bulletsは世界チャンピオンの貫禄を示し、4連覇達成!
Buzz Bulletsは世界チャンピオンの貫禄を示し、4連覇達成!
[フライングディスク:2007クラブジュニア
アルティメット ドリームカップ]
◇3月17.18日(土.日)
◇会場:静岡県富士市・富士川緑地公園
昨年クラブ世界一に輝いた文化シヤッター Buzz Bulletsは、ドリームカップ・オープンの部で優勝。4連覇を達成しました。
初戦から他チームを寄せ付けず、圧勝で決勝に進出。決勝戦はこの大会のために結成されたAYAとの対戦となりました。大味ながら会場を湧かせるAYAの挑発にムキになることもなく、自分たちのプレーで確実に点を採り、終わってみれば14-8と、危なげなく今シーズンひとつ目のタイトルを獲りました。
今大会では、アップ中からギャラリーが絶えず、「世界一」の重みをチームも実感したようです。 試合の合間には会場内でクリニックを開催。男女問わず、多くの参加者が集まり大盛況でした。
◇Buzz Bullets全試合結果◇
1回戦 vs Nomadic Tribe 9-5
2回戦 vs 大阪スピリッツ14-3
3回戦 vs 府中書房   18-5
4回戦 vs Link      11-3
準決勝 vs LOQUITOS    14-4
決勝戦 vs AYA      14-8
廣道純がふくやまマラソンで大会新記録の快走!2連覇達成!!
廣道純がふくやまマラソンで大会新記録の快走!2連覇達成!!
[第26回ふくやまマラソン・ハーフマラソン]
◇3月18日(日)
◇広島県・福山市竹ヶ端運動公園陸上競技場
スタート・ゴール
昨年に続き連覇を達成した廣道純本人からコメントが届きました。今週も本人の言葉で結果をご報告いたします。
「皆さん、こんにちは。ふくやまハーフマラソンに行って来ました。2月中旬から5週連続レースのため、出場を見合わせようかと悩んだんですが、何とか調子も戻ったので行って来ました。
結果は48分51秒の大会新で2連覇達成です。
スタートから7kmまでは地元の渡辺幹司選手(元大分在住)と激しいバトルでしたが、ランナーを追い越す時に一瞬、離れたのでそのまま一気にスパート。あとは必死に逃げまくり1分18秒差での優勝でした。この大会は多くのランナーたちを後から追い越す(しかも、道幅4mの川沿いコースで)という珍しい大会なので、車いすレースをアピールする良い機会でもあるので、連覇を達成できてホッとしています。これで4月15日の長野ハーフまではしっかり練習に集中出来ます
応援ありがとうございました」
佐藤ルミナ、1年1ヶ月ぶりの試合は1R・TKO勝ち!
[修斗:プロフェッショナル修斗公式戦「BACK TO OUR ROOTS 2」]
◇3月16日(金)◇東京・後楽園ホール
1年1ヶ月ぶりに復帰した“修斗のカリスマ”佐藤ルミナの対戦相手は、欧州ライト級2位のアウグスト・フロタ(スイス)でした。試合は、1R1分21秒にフロタの頭部からの出血によりドクターストップで佐藤ルミナがTKO勝ちを収めました。
この日、会場にいたライト級王者リオン武が「防衛戦をルミナとやりたい」とリング上でコメントしたため、その場でコミッショナーがOKを出す、という驚きの発表がありました。ルミナは「自分が相手にふさわしいかどうか、判断していただいて……」と話しましたが、会場は大盛り上がりでした。
確定ではありませんが、5月にタイトルマッチを戦うことなるかもしれません。
B-Session 第4戦で尾川は2位。惜しくもシリーズチャンピオンならず
[ボルダリング:B-Session 2007 第4戦 in PIRANIA]
◇日程:3月18日(日) ◇会場:山梨県笛吹市・クライミングジム ピラニア
B-Session 2007は今回の第4戦が最終戦。優勝すればシリーズチャンピオンの可能性があった尾川智子は、予選決勝とも完全クリアに成功しましたが、同じく完全クリアした野口啓代選手とのスーパーファイナルでは惜しくも完登できず、2位に終わりました。これにより、シリーズ順位も2位となり、残念ながら初のチャンピオンの座は獲得できませんでした。
梅村のラングバイト、欧州CLベスト4止まり。ブンデスリーガは快勝
[卓球:ヨーロッパチャンピオンズリーグ・準決勝第2戦]
◇3月16日(金) ◇イタリア
ブンデスリーガ、ラングバイトに所属する梅村礼(文化シヤッター)は、アウェイで行なわれたヨーロッパチャンピオンズリーグ準決勝第2戦カステルゴッフレッド(イタリア)戦に出場し、シングルス1-3で敗れました。 チームも1-3で敗れ、ホーム&アウェイの2戦ともに敗れたため決勝進出はなりませんでした。
[卓球:ドイツ1部リーグブンデスリーガ第13節]
◇3月18日(日) ◇ドイツ
ヨーロッパチャンピオンズリーグの2日後、梅村礼はブンデスリーガの第13節、アウェイで行なわれたバット・ドリブルク戦に出場しました。梅村はダブルスで1勝、シングルスで2勝の計3勝を上げ、チームの6-1での勝利に貢献しました。ラングバイトは、ブンデスリーガ通算9勝0敗4分で2位につけています。
TOMONORIが3年4ヶ月ぶりに敗戦。久しぶりの負けに闘志新た
[キックボクシング:FIGHTING EVOLUTION III〜進化する戦い〜]
◇3月18日(日) ◇東京・後楽園ホール
現ルンピニー&ラジャミニフライ級1位ラッタナデェ(タイ・KTジム)と対戦したTOMONORIは、1R3分05秒、KO負けを喫しました。雑誌などでもK1の舞台に上がりたいと豪語していましたが、「その前に倒す相手(ラッタナデェ)を打ち負かしてからでないと、上がれません。悔しいんでまた鍛えなおします!応援しにきてくれた方には申し訳ない気持ちでいっぱいです」と語っていました。 実に3年4ヶ月ぶりの敗戦が、新たな闘志に火をつけたように感じられました。
家根谷依里、ワールドカップの最終戦は20位。決勝ラウンドに進めず
[スノーボード:ワールドカップストーンハム大会・パラレル大回転]
◇3月16日(金)◇カナダ・ストーンハム
家根谷依里は、1本目レッドコースを全体17位のタイムで滑り、2本目のブルーコースは全体の21位で総合20位。決勝ラウンドに進める16位には0.57秒届かず、惜しくも予選敗退となりました。
なお、家根谷は、3月23〜25日に群馬県・スノーパーク尾瀬戸倉で行なわれる全日本チームの強化合宿に参加します。
昨季王者の堺BZ、4試合を残し連覇の可能性潰える
[バレーボール:2006/07 V・プレミアリーグ第23、24戦]
◇3月17日(土) 愛知県・パークアリーナ小牧
◇3月18日(日) 愛知県・岡崎中央総合公園総合体育館
中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、愛知県内で、サントリー、大分三好と2試合を行ない連敗。これにより、今シーズンのレギュラーラウンドで4位以内に入る可能性はなくなりました。ファイナルラウンドに進出することはできなくなりましたが、来シーズンに繋がる戦いを見せてくれるであろう残り4試合もご声援お願いいたします。
◇試合詳細◇
◇17日(土)●堺BZ 0(26-28,24-26,22-25)3 サントリー
◇18日(日)●堺BZ 2(21-25,25-19,25-20,24-26,8-15)3 大分三好
■3月14日更新
九州パラリンピックで廣道純が400mの日本記録を更新!
九州パラリンピックで廣道純が400mの日本記録を更新!
[第10回九州パラリンピック陸上大会]
◇3月11日(日)
◇熊本県民総合運動公園 陸上競技場 KKWING
今回も、大会を終えた廣道純本人からのコメントが届きましたので、本人の言葉で結果をご報告いたします。
「みなさん、こんにちは。11日、熊本にて行なわれた九州パラリンピックに出場してきました。今回は400m、800mの2種目と、夏に大阪で行なわれる世界陸上の車いす1500mエキシビジョンレースの日本人枠獲得のための予選レースの3つに出場しました。
結果は400m51秒64の日本記録更新(1月シドニーで出した日本記録を0.34秒更新)、800mは強風のためタイムは遅かったですが1位。そして1500m予選レースは2組目で3分16秒で2位。無事、6月29日の決勝に進出しました。あとは決勝で2位以内に入って世界陸上の切符をゲットすればOKです。 これで2月18日から続いた遠征も4つを終了しました。ちょっと疲れ気味なので、今週末の福山ハーフマラソンの出場を検討してますが、調子が戻れば2連覇狙って頑張るつもりです」
アイシンはトヨタ自動車とのセミファイナルで連敗し、ファイナル進出ならず
アイシンはトヨタ自動車とのセミファイナルで連敗し、ファイナル進出ならず
[バスケット:JBLスーパーリーグプレーオフ・
セミファイナル]
◇3月10.11日(土.日)
◇横浜市・横浜文化体育館
佐古賢一が所属するアイシンは、レギュラーシーズン3位でセミファイナルに進出し、同2位のトヨタ自動車と対戦しました。3試合2戦先勝方式で行なわれるプレーオフの第1戦は、終始トヨタ自動車にリードを許す展開で、58-86と完敗。黒星スタートとなりました。
翌日の第2戦は一転接戦の展開に。1Q(クォーター)は5点リードを奪われたものの2Qには逆転し50-47の3点リードで前半を終了。3Qは一時アイシンが10点差までリードを広げましたが、終盤一気に詰められ71-70で4Qに突入。開始直後に逆転されたものの、すぐに再逆転するなど、4Qは一進一退の展開になりました。
しかし、抜け出したのはトヨタ自動車でした。残り3分で逆転に成功すると、そのままリードを広げられたアイシンは88-94で惜敗。セミファイナル2勝を上げたトヨタ自動車は、三菱電機と決勝戦を戦います。 これにより、アイシンの06-07シーズンは終了しました。ご声援ありがとうございました。
◇試合詳細◇
◇10日(土)vs トヨタ自動車
  • ●58(17-24,16-21,15-19,10-22)86
◇11日(日) vs トヨタ自動車
  • ●88(21-26,29-21,21-23,17-24)94
名古屋国際女子マラソンで大南敬美は転倒のアクシデントを乗り越え3位
名古屋国際女子マラソンで大南敬美は転倒のアクシデントを乗り越え3位
◇3月11日(日)
◇名古屋市瑞穂公園陸上競技場付属マラソンコース
名古屋国際女子マラソンに出場した大南敬美(トヨタ車体)は、レース序盤の2kmを前に転倒するアクシデントがありましたが、一時は先頭集団を引っ張るなど健闘し、2時間29分24秒の3位でレースを終えました。残念ながら、世界陸上の出場権は得られませんでしたが、アクシデントと強風の中のレースとしては、満足の結果だったとメディアの取材に答えていました。 また、同レースに出場した寺内多恵子は、2時間48分45秒の30位でフィニッシュしました。
全日本スキー選手権パラレル大回転に出場の家根谷は、王座奪回ならず
全日本スキー選手権パラレル大回転に出場の家根谷は、王座奪回ならず
◇3月11日(日)
◇[第13回全日本スキー選手権スノーボード競技:
パラレル大回転]
◇3月9日(金)
◇岐阜県郡上市・高鷲スノーパーク
一昨年、大回転で全日本チャンピオンになっている家根谷依里は、女王の座奪回を目指し今回のパラレル大回転に出場しました。予選、決勝ラウンドときっちり勝ち上がり、決勝は予想通り昨年優勝の竹内智香選手との対戦となりました。しかし、決勝の1本目で1.5秒と大きく差をつけられ、2本目での逆転はならず準優勝。残念ながら、2年ぶりの王座には届きませんでした。
アコーディア・ゴルフレディスで小俣36位タイ、藤田42位タイ
アコーディア・ゴルフレディスで小俣36位タイ、藤田42位タイ
[女子ゴルフ:アコーディ・ゴルフレディス]
◇3月9〜11日(金〜日)◇宮崎県宮崎市・青島GC
国内ツアー2戦目のアコーディア・ゴルフレディスが行なわれ、この大会が今シーズン初戦となった小俣奈三香は、3日間トータル8オーバーで36位タイでした。アコーディア・ゴルフ所属の小俣はラウンド終了後、サイン会に出席し、ファンと交流しました。また、同トーナメントに出場した藤田幸希は、トータル10オーバーの42位タイ、北田瑠衣は、1打及ばず予選敗退となりました。
豊田合成との連戦となった堺BZは、初戦快勝も2戦目はフルセットで惜敗
[2006/07 V・プレミアリーグ]
◇3月10、11日(土.日)◇福井市・福井県営体育館
中垣内祐一監督率いる昨季王者の堺ブレイザーズは10日、3位の豊田合成との連対戦しストレート勝ちを収めましたが、翌11日の試合では、フルセットの末敗れ、痛い星を落としました。 ファイナルラウンドに進出できる4位との勝ち数は4差のまま6位と厳しい状況にはなりましたが、諦めずに残り6試合を戦います。
◇試合詳細◇
◇10日(土)vs 豊田合成
  • ○3(26-24,25-23,25-20)0
◇11日(日)vs 豊田合成
  • ●2(25-20,17-25,25-27,25-23,11-15)3
■3月7日更新
アイシンはトヨタ自動車と1勝1敗。3位でセミファイナル進出!
アイシンはトヨタ自動車と1勝1敗。3位でセミファイナル進出!
[JBLスーパーリーグ第23.24戦]
◇3月3.4日(土.日)
◇東京都府中市・府中市総合体育館
佐古賢一が所属するアイシンは、トヨタ自動車と対戦し、3日は65-75で敗れたものの、4日は90-84で勝利を収めました。アイシンはレギュラーシーズンの全日程を終了し、通算14勝10敗の3位でセミファイナル進出を決めました。
これにより、10日からのセミファイナルの相手は奇しくもトヨタ自動車に決定。レギュラーシーズンで2勝2敗と優劣がつかなかった相手と雌雄を決することとなります。 なお、セミファイナルのもう一方のカードは、三菱電機(1位)vs パナソニック(4位)となっています。
◇試合詳細◇
◇3日(土) vs トヨタ自動車
  • ●65(14-23,14-17,20-19,17-16)75
◇4日(日) vs トヨタ自動車
  • ○90(32-17,12-23,21-19,25-25)84
尾川智子、韓国でのコンペで惜しくも優勝を逃し3位
尾川智子、韓国でのコンペで惜しくも優勝を逃し3位
[ボルダリング:SPOEX KOREA 2007 ASIAN BOULDERING COMPETITION]
◇3月3日(土)◇韓国・ソウル
予選を1位で通過した尾川智子は、決勝の最終課題で、最後あと少し止まっていれば優勝というところで落下してしまい、惜しくも3位で大会を終えました。決勝の3課題にトライする様子が、本人のブログ(3月5日のエントリー)に動画で紹介されています。ぜひ一度ご覧ください。
ロサンゼルスマラソン7位の廣道純からコメントが届きました!
ロサンゼルスマラソン7位の廣道純からコメントが届きました!
[ロサンゼルスマラソン フルマラソン]
◇3月4日(日)◇アメリカ・ロサンゼルス
以下は、ロサンゼルスマラソンを7位で終えた廣道純本人のコメントです。
「皆さん、こんにちは。3年ぶりのロサンゼルスマラソン。今年はコースが変わり、スタートはハリウッドのユニバーサルスタジオ前、フィニッシュはいつものようにダウンタウンです。スタートから3kmまではずっと上り、その後20kmまで一気に下り、残りは平坦とやや上りのコースで中々厳しいコースでした。結果は第2集団で走ったんですが、39km地点のきつい上りで少し離され1時間32分52秒で7位でした。3位〜7位の集団で最後の坂で離された事が悔しいですが、まずまずの走りが出来たので、今週末11日の九州パラリンピック(熊本、KKウィング)でその悔しさを爆発させます!」
女子プロゴルフの開幕戦で、北田33位タイ、藤田は予選通過ならず
女子プロゴルフの開幕戦で、北田33位タイ、藤田は予選通過ならず
[女子ゴルフ:ダイキンオーキッドレディス
ゴルフトーナメント]
◇3月2〜4日(金〜日)◇沖縄県南城市・琉球GC
ダイキンオーキッドレディスに、北田瑠衣藤田幸希の2人が出場し、北田は初日首位と2打差の4位タイで好スタートを切りましたが、2日目75、3日目74とスコアを崩し、トータル3オーバーの33位タイで開幕戦を終えました。藤田も初日71の11位タイとまずまずのスタートでしたが、2日目に76と崩れわずか1打届かず決勝ラウンドに進むことができませんでした。今週は、小俣奈三香を加えた3名のライツメンバーが出場する予定です。今年も女子ゴルフにご注目ください。
苦しむ堺BZがNECに3-0のストレート勝ち!波に乗れるか!?
苦しむ堺BZがNECに3-0のストレート勝ち!波に乗れるか!?
[2006/07 V・プレミアリーグ]
◇3月3、4日(土)
◇3日/福岡県・飯塚市第一体育館、
4日/福岡県・福岡市民体育館
中垣内祐一監督率いる昨季王者の堺ブレイザーズは3日、好調の東レと対戦し1-3で敗れました。4日のNEC戦は3-0と快勝しましたが、目指す4位との差は勝ち数4と広がり、いよいよ1つも負けられない状況となっています。
◇試合詳細◇
◇3日(土) vs 東レ
  • ●1(26-28,20-25,25-22,22-25)3
◇4日(日) vs NEC
  • ○3(25-21,25-21,25-19)0