「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 試合結果INDEX > 2007年の試合結果
■ 過去の試合結果INDEX
お気軽にお問合せ下さい!
講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
お問い合わせフォームはこちらをクリック

講演会・スポーツイベントへの講師・ゲスト派遣はお任せください。ご相談は無料です。
■2月28日更新
全国車いす駅伝で大分チームが8連覇! 廣道は1区区間賞!!
全国車いす駅伝で大分チームが8連覇! 廣道は1区区間賞!!
[第18回全国車いす駅伝競走大会]
◇2月25日(日) ◇国際会館〜西京極総合運動公園陸上競技場の5区間21.3km
大会8連覇を目指す大分チームの1区走者として出場した廣道純(デンセイ・ラムダ)は、連覇阻止に燃える福岡チームの副島選手に競り勝ち、4秒差のトップで2区に繋ぎました。しかし、2区ですぐに福岡チームにトップを譲ると、アンカーの5区までに1分18秒差と大きくリードを許してしまいました。大分チームの連覇に黄色信号が灯ったかに見えましたが、アンカーの渡辺選手が実力どおりの走りで、福岡の炭谷選手を捉え19秒の差をつけゴール。大逆転で、8連覇を達成しました。
尾川智子がinga cupで、2007年初優勝!
尾川智子がinga cupで、2007年初優勝!
[ボルダリング:B-SESSION 2007 第3戦
inga cup 2007]
◇2月24日(土)◇大阪市西淀川区・パンプ大阪
今シーズンのB-SESSIONで2戦ともに2位と悔しい思いをしていた尾川智子が、ついに2007年初優勝を果たしました。
予選はB-SESSION2戦2勝の野口啓代と尾川の2人が8課題を完登し、同点で1位通過しました。迎えた決勝では、尾川が3課題を完登したのに対し、野口が3課題目をタイムオーバーで完登に失敗して、勝敗が決しました。
この優勝により、初のシーズンチャンピオンの可能性も出てきました。次戦は3月18日に山梨県笛吹市ピラニアで行なわれますので、ご注目ください。
延長、再延長の激戦を制し、アイシンがプレーオフ進出を決めました!
延長、再延長の激戦を制し、アイシンがプレーオフ進出を決めました!
[JBLスーパーリーグ第21.22戦]
◇2月24.25日(土.日)◇愛知県・刈谷市体育館
佐古賢一が所属するアイシンは、4位でオーエスジーとの連戦に臨みました。
24日の初戦、アイシンは前半につけた12点のリードをきっちり活かし75-64で勝利しました。勝てばプレーオフのセミファイナル進出が決まる25日の試合は、オーエスジーの粘りに遭い79-79で延長戦へ突入。3点のリードを許し敗戦濃厚となった残り3秒、アイシンのバングラが放った起死回生の3ptシュートが決まり、試合は再延長にもつれました。
再延長でようやくオーエスジーを振り切ったアイシンが、106対100で勝利し、10日から始まるプレーオフ進出を決めました。
なお、レギュラーシーズンの最終順位とセミファイナルの対戦相手は、3月3日、4日の最終節で確定します。
◇試合詳細◇
◇24日(土)vs オーエスジー
  • ○75(18-17,27-16,17-14,13-17)64
◇25日(日)vs オーエスジー
  • ○106(28-15,16-25,16-21,19-18,12-12,15-9)10
梅村のラングバイト、1ゲームも落とさず完全勝利!
梅村のラングバイト、1ゲームも落とさず完全勝利!
[卓球:ブンデスリーガ第12節]
◇2月25日(日)◇ドイツ・ラングバイト
卓球のドイツ1部リーグ、ブンデスリーガのラングバイトに所属する梅村 礼(文化シヤッター)は25日、ホームでのトロイスドルフ戦に出場し、ダブルスで1勝、シングルスで1勝の2勝をあげチームの6-0勝利に貢献しました。
ラングバイトは梅村の2試合を含む6試合すべてで1ゲームも落とさない完勝でした。ラングバイトは通算8勝4分けと、依然負けなしで首位と同勝ち点の2位につけています。
堺BZはパナソニックに完敗も、JTにはフルセットの粘り勝ち!
[2006/07 V・プレミアリーグ]
◇2月24、25日(土)◇福岡県・北九州市立総合体育館
中垣内祐一監督率いる昨季王者の堺ブレイザーズは、ファイナルラウンド進出を争う4位パナソニック、5位JTとの連戦で連勝を狙いましたが、パナソニックには、ストレート負けを喫してしまいました。過去2試合ともフルセットを戦い1勝1敗で迎えたJTとの試合は、またもフルセットにもつれ、デュースとなった最終セットを堺が制しました。
堺ブレイザーズは7勝11敗の6位と順位は変わらず、4位との勝ち数も3差のままレギュラーラウンドの残り10試合を戦います。
◇試合詳細◇
◇17日(土)vs パナソニック
  • ● 0(21-25,14-25,17-25)3
◇18日(日)vs JT
  • ○ 3(25-23,21-25,25-22,22-25,19-17)2
家根谷依里、スノーボードのW杯ソンウ大会(韓国)は予選敗退24位
[スノーボード:ワールドカップソンウ大会・パラレル大回転]
◇2月25日(日)◇韓国・ソンウ
家根谷依里は、1本目ブルーコースを滑り12位(全体では14位)のタイムでしたが、2本目のレッドコースで全体27位と遅れ、16人の決勝トーナメントに残れず24位で大会を終えました。
■2月21日更新
3万人が走った東京マラソン、ライツメンバーも全員が充実の走り!
3万人が走った東京マラソン、ライツメンバーも全員が充実の走り!
[陸上:東京マラソン2007]
◇2月18日(日)◇東京都庁〜品川〜浅草雷門〜東京ビッグサイト
車いすの部、10kmの部を合わせて3万870人が走った東京マラソン2007には、5人のライツメンバーが招待選手として出場しました。
日本初の大都市市民マラソンで真っ先にスタートを切ったのは、車いすランナーのトップ選手たち。廣道純(デンセイ・ラムダ)は副島選手、笹原選手、山本選手と集団を形成してレースをリードしますが、5km過ぎの山本選手に続き、10km過ぎあたりで遅れてしまい、単独で前を追う苦しい展開となりました。
ペースは落ちたもののなんとか5km12分台をキープして、32km付近で笹原選手を抜き去り、1時間37分45秒の2位でゴールしました。

このレースをラストラン、現役引退レースに選んだ有森裕子は、沿道の大きな声援に後押しされて、事前の想定より速い18分40秒台で5kmを通過。声援に応えながら笑顔で快調に走りましたが、なんと22.7km地点で転倒。胸のゼッケンが取れ、膝に負った傷からは出血もありましたが、『這ってでもゴールする!』との強い意志で最後まで走りきり、悪天候とアクシデントを考えれば上出来の2時間52分45秒、女子の部5位でゴールしました。ゴール後のインタビューでは、沿道の大きな応援と、最後のレースに駆けつけた家族へ感謝の気持ちを話していました。

有森同様、このレースを現役ラストランに選んだ市橋有里は、3時間2分48秒の女子の部20位でフィニッシュし、新しい大会から新たなスタートを切りました。
また、バルセロナ五輪で有森と競った山下佐知子は、そのバルセロナ以来のフルマラソンを一般のランナーとともに5時間8分52秒かけて完走し、10kmの部に出場した君原健二もまた48分31秒とジョギングペースで日比谷公園までのコースを走り切りました。

松下浩二と梅村礼、カタールオープン&クウェートオープンの結果
松下浩二と梅村礼、カタールオープン&クウェートオープンの結果
松下浩二(グランプリ)、梅村礼(文化シヤッター)
[卓球:ITTFプロツアー・LIEBHERR
カタールオープン]
◇2月13〜17日(火〜土)◇場所:カタール・ドーハ
ドーハで行なわれたカタールオープンで、男子シングルに出場した松下浩二(グランプリ)は、本戦(64枠)1回戦でチェコのコネツニーにストレート勝ちを収めましたが、2回戦は、世界ランク5位のサムソノフ(ベラルーシ)にストレートで敗れ、ベスト32で大会を終えました。

女子シングルスに本戦から出場した梅村礼(文化シヤッター)は、1回戦でドイツのジルバーアイゼンと対戦し、接戦の末3-4と敗れました。
また、日本生命の藤井寛子と組んだダブルスでは予選を2勝し、16枠の本戦に進みましたが、1回戦で帖雅娜・張瑞組(香港)に2-4で敗れました。 松下、梅村ともに、今週は19日からのクウェートオープンに出場しています。

松下浩二と梅村礼、カタールオープン&クウェートオープンの結果
[卓球:ITTFプロツアー・クウェートオープン]
◇2月19〜22日(月〜木)
◇場所:クウェート・クウェートシティ
クウェートオープンに出場した松下浩二(グランプリ)と梅村礼(文化シヤッター)の結果をお伝えします。

男子シングルスの本戦(64枠)からの出場となった松下は、初戦ポーランドのスッフと対戦し2ゲーム目を落としたものの4-1で危なげなく勝利しました。2回戦は、オーストリアの陳衛星と対戦し2-4(7-11,11-13,11-7,11-9,5-11,6-11)で敗れベスト32で大会を終えました。

梅村は、この大会は単複ともに予選からの出場となり、シングルスは3人で争う予選リーグで2勝を上げ危なげなく本戦(32枠)進出を決めました。
本戦1回戦ではランキング上位のキム(韓国)と対戦し、先に3ゲーム目を取って3-2となってから2ゲーム奪われ惜しくも3-4(12-10,11-5,8-11,7-11,11-9,7-11,8-11)で敗退しました。日本生命の藤井寛子とのダブルスは、予選2回戦をフルゲームで勝利し本戦(16枠)進出。迎えた本戦1回戦で、中国の郭躍・牛剣鋒組と対戦し、1-4(3-11,14-12,4-11,6-11,3-11)で敗れました。

尾川智子は、アメリカで大会に出場し5位
尾川智子は、アメリカで大会に出場し5位
[ボルダリング:American Boulderring Series SEASON 8]
◇2月16.17日(金.土)◇アメリカ・メリーランド州
メリーランド州にあるEARTHTREKSで行なわれた大会に出場した尾川智子は、16日の予選を7位で通過し、17日の決勝に臨みました。決勝では課題が簡単過ぎたようで、8人の選手がパーフェクトにクリアし同点。結局その8人の予選順位により最終順位が決定し、5位ということになりました。
畠中恵美、USオープンは初戦敗退も収穫あり
[テコンドー:USオープンテコンドー選手権]
◇2月15日(木)◇アメリカ・フロリダ
USオープンで、自身の階級より1つ上のフライ級に出場した畠中恵美は、初戦で地元フロリダの選手に3-1で敗れました。本人は、万全の状態でなかったにもかかわらず、1階級上の相手に内容で引けを取らなかったことで自信が持てたと話しています。
世界の現在のレベルや、流れもよくわかったとのことで、これからの活躍にご期待ください。
堺ブレイザーズは大分三好に勝ち、なんとか連敗を6でストップ
中垣内祐一(堺ブレイザーズ)
[2006/07 V・プレミアリーグ]
◇2月17日(土)愛知県・稲沢市総合体育館
◇2月18日(日)岐阜県・岐阜メモリアルセンター(で愛ドーム)
中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、5連敗でリーグ戦3回戦目の初戦を迎えました。
ファイナルラウンドに進出するためにもこれ以上の連敗は避けたいところでしたが、2位と好調のサントリーに3-1で敗れ連敗は6に。翌日、今シーズンまだ1勝で最下位の大分三好にはしっかり3-0のストレート勝ちを収め、ようやく連敗を6で止めました。
◇試合詳細◇
◇17日(土)vs サントリー
  • ● 1(25-27,20-25,26-24,12-25)3
◇18日(日)vs 豊田合成
  • ○ 3(25-12,25-22,25-18)0
■2月14日更新
アイシンは首位との対戦を1勝1敗。セミファイナル確定まであと一歩
アイシンは首位との対戦を1勝1敗。セミファイナル確定まであと一歩
佐古賢一(アイシン)
[JBLスーパーリーグ第19.20戦]
◇2月10.11日(土.日)◇名古屋市東スポーツセンター
アイシンは首位の三菱電機と2試合を行ない、初戦、佐古賢一が3ptシュート5本中3本をメイクするなどチームをけん引し22点差で圧勝。11日は、前半に大きくリードを奪われたのが響き敗戦。1勝1敗で首位との対戦を終えました。 アイシンは17、18日は試合がなく、あと4試合を残し11勝9敗の4位。5位の日立は6試合を残し7勝11敗の4勝差で、セミファイナル進出確定まであと一歩となっています!
◇試合詳細◇
◇10日(土)vs 三菱電機
  • ○88(23-21,19-18,23-17,23-10)66
◇11日(日)vs 三菱電機
  • ●71(16-23,7-21, 21-20,27-23)87
卓球の欧州CL準決勝第1戦、梅村のラングバイトはホームで苦杯
卓球の欧州CL準決勝第1戦、梅村のラングバイトはホームで苦杯
梅村 礼(文化シヤッター)
[卓球:ヨーロッパチャンピオンズリーグ準決勝第1戦]
◇2月11日(日)◇ドイツ・ラングバイト
ブンデスリーガのラングバイトに所属する梅村 礼(文化シヤッター)は11日、ホームで行なわれたカステルゴッフレッド(イタリア)戦に出場し、シングルスで0-3と敗れました。チームも0-3で敗れ、3月18日に敵地で行われる第2戦に決勝進出をかけて戦います。
対戦相手のカステルゴッフレッドは昨年度のヨーロッパチャンピオンズリーグ決勝戦で敗れた相手だけに、梅村をはじめチームメートは次回の第2戦に向け、さらなる対策を講じ試合に臨むことにしています。
◇試合詳細◇
ラングバイト 0 - 3 カステルゴッフレッド(イタリア)
◇10日(土)vs 三菱電機
梅村 ● 0(8-11,12-14,7-11)3  Stefanova
Toth ● 2(11-7,8:11,11:7,5:11,5:11)3  Steff
Ding  ● 0(4-11,8-11,7-11)3  Rong
※欧州CLは、シングルス5戦で3試合先勝方式で争われます。
堺ブレイザーズ、3連戦3連敗で痛すぎる5連敗
堺ブレイザーズ、3連戦3連敗で痛すぎる5連敗
梅村 礼(文化シヤッター)
[ITTFプロツアー・スロベニアオープン]
◇1月23〜27日(火〜土)◇スロベニア・ヴェレンニェ
中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは、リーグ戦2巡目の残り3試合を戦い、ファイナルラウンド進出を争うであろう相手にことごとく敗れ、ファイナルランド圏内の4位とは2勝差の5勝9敗の6位に後退しました。
◇試合詳細◇
◇10日(土)vs JT
  • ● 2(27-25,21-25,25-27,29-27,10-15)3
◇11日(日)vs 豊田合成
  • ● 0(19-25,22-25,21-25)3
◇12日(月祝)vs サントリー
  • ● 1(26-24,20-25,21-25,14-25)3
■2月7日更新
アイシンはパナソニックと1勝1敗。佐古は2試合で13本の3ptシュートを放つ!
アイシンはパナソニックと1勝1敗。佐古は2試合で13本の3ptシュートを放つ!
佐古賢一(アイシン)
[JBLスーパーリーグ第17.18戦]
◇2月3.4日(土.日)◇高知市・高知県民体育館
4位のアイシンは、2位のパナソニックと高知県民体育館で2試合を行ない、接戦の末3日の試合に敗れたものの、4日は終始リードして勝利。今シーズンのパナソニックとの対戦は3勝1敗と勝ち越すことに成功しました。
佐古賢一は、3日の試合では10本の3ポイントシュートを放ち3本成功と積極的に得点を狙い、敗れたものの存在をアピールし、4日の試合では、3ポイントシュート3本中2本決めて成功率を上げ勝利に貢献しました。
アイシンは10勝8敗で、あと6試合を残し、セミファイナル圏内の4位につけています。
◇試合詳細◇
◇3日(土)● 81(23-24,16-20,18-22,24-23)89 パナソニック
◇4日(日)○ 92(24-15,27-20,25-25,16-21)81 パナソニック
B-SESSIONの2戦目は、初戦に続き2位
B-SESSIONの2戦目は、初戦に続き2位
尾川智子
[B-SESSION 2007 第2戦 A5 THE NORTH FACE CUP]
◇2月4日(日)
◇神奈川県相模原市・ストーン・マジック
ボルダリングのB-SESSION 2007 第2戦に出場した尾川智子は、予選を16人中の2位で通過し決勝に臨みましたが、船橋での第1戦に続き野口啓代選手に及ばず2位で大会を終えました。第3戦は、今月24日に大阪市のパンプ大阪で行なわれます。
堺ブレイザーズ、東レとパナソニックに痛い連敗
堺ブレイザーズ、東レとパナソニックに痛い連敗
中垣内祐一(堺ブレイザーズ)
[2006/07 V・プレミアリーグ]
◇1月6〜8日(土〜月祝)◇大阪・舞洲アリーナ]
中垣内祐一監督率いる堺ブレイザーズは3日、首位の東レと対戦し、前回の対戦同様フルセットを戦った末敗れました。4日のパナソニック戦は、第2セットの大接戦を落とし力尽きたか今シーズン2度目のストレート負けを喫し、連敗。順位は前週までの4位から5位に後退しました。
◇試合詳細◇
◇3日(土) vs 東レ
  • ●2(19-25,25-23,25-18,24-26,10-15)3
◇4日(日) vs パナソニック
  • ●0(22-25,33-35,15-25)3
ワールドカップBardonecchia大会は2本目コースアウトで決勝Tに進めず
ワールドカップBardonecchia大会は2本目コースアウトで決勝Tに進めず
家根谷依里
[スノーボード:ワールドカップBardonecchia大会・PGS]
◇2月3日(土)◇イタリア・バルドネッキア
家根谷依里はパラレル大回転の1本目、ブルーコースで9位(全体で17位)と決勝トーナメント進出を狙える位置にいましたが、2本目のレッドコースで失敗し、残念ながら決勝トーナメントに進めませんでした。