「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2018年の活動レポートINDEX > キッズ・スポーツ体験キャンプのレポート
■4月4日更新
有森裕子、小野塚彩那、上山容弘が講師。新潟での“キッズキャンプ”無事終了
岡紀彦と平野早矢香さんが、卓球&車いす卓球の体験指導とオリ・パラトーク
  • 「キッズ・スポーツ体験キャンプ2018 in 新潟」
  • 3月26日(月)〜28日(水) 2泊3日
  • 新潟県南魚沼市・石打丸山スキー場、南魚沼市立上関小学校 他
     

 今年で3回目となった新潟(南魚沼市石打)でのキッズスポーツ体験キャンプは、好天に恵まれ、いのちの教室(講師:アスリートセーブジャパン代表理事・飯沼誠司さん)、トランポリン教室(講師:上山容弘)、スキー教室(講師:小野塚彩那)、かんじきリレー(講師:有森裕子)など、すべてのプログラムを無事に終え、3日間の日程を終了しました。

 講師&ナビゲーターとして3日間一緒に過ごした小野塚彩那は、自身のブログで、「子どもたちからもらうパワーがすごくて、諦めない姿に感動を貰い、閉校式では私もケチャップさんも有森さんも涙。毎年本当にいいキャンプだなって思います!!」と報告。

 初日にトランポリンの指導をした上山容弘は、ツイッターで、「トランポリン体験教室が無事終わりました!オリンピックでも使われている国際規格のトランポリンが埋め込みで2台!!公共の施設でこんなところは今まで見た事が無かった」と、小野塚の活躍と働きかけで実現した南魚沼の施設に驚いていました。

 また、司会進行役のケチャップさんもツイッター「最後やっぱり子ども達の顔を見たら、涙が溢れてきました。みんなとの素敵な時間にありがとう」と報告しています。

 キッズキャンプ公式フェイスブックには、下記のような報告があり、動画も数多くアップされていますので、ぜひご覧ください。