「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2016年の活動レポートINDEX > 有森裕子、市河麻由美の活動レポート
有森裕子が今年も地元「おかやまマラソン」でフルマラソンに出場し、笑顔で完走!
有森裕子が今年も地元「おかやまマラソン」でフルマラソンに出場し、笑顔で完走!
有森裕子が今年も地元「おかやまマラソン」でフルマラソンに出場し、笑顔で完走!
  • 「おかやまマラソン2016」
  • 11月13日(日)
  • 岡山市北区・ジップアリーナ岡山前〜シティライトスタジアム
     

「おかやまマラソン2016」は13日(日)ジップアリーナ岡山前をスタート、シティライトスタジアムをフィニッシュとして開催されました。

スペシャルアンバサダーの有森裕子は今年もフルマラソンに参加し、アンバサダーで、シドニーオリンピック女子マラソン日本代表の山口衛里と、北京オリンピック女子マラソン日本代表の中村友梨香さんがファンランに出走しました。

開会式で有森は、「地元を走れる喜びを噛み締めて走りたいと思います。笑顔に晴れやかにゴールを目指しましょう!」と挨拶。その言葉の通り、2年続けて笑顔で完走を果たしました。

なお、大会前日の午前中はEXPOステージで、RSKラジオトークショーに出演したり、午後は有森裕子、山口衛里、中村友梨香さんによるランニングクリニックも開催され、大会を翌日に控えたランナーたちにアドバイスを送っていました。

市河麻由美が以前父親も走った大会でゲスト。準備運動では簡単なピラティスを指導
市河麻由美が以前父親も走った大会でゲスト。準備運動では簡単なピラティスを指導
市河麻由美が以前父親も走った大会でゲスト。準備運動では簡単なピラティスを指導
  • 「第26回坂東市いわい将門ハーフマラソン」
  • 11月13日(日)
  • 茨城県坂東市・坂東市八坂総合公園陸上競技場
     

茨城県坂東市で「第26回坂東市いわい将門ハーフマラソン大会」が行なわれ、ゲストランナーとして市河麻由美が参加しました。

市河は開会式で「私の父親も市民ランナーで、以前この大会を走ったことを覚えています。親子で参加できるのもご縁ですので、皆さん楽しく走りましょう」と、挨拶。その後の準備運動では、ピラティスのコーチをしているため、簡単にできるピラティスも指導していました。

大会には、ハーフ、10km、5km、3km、親子ペア、車いすの各部門合わせて約6000人の市民ランナーが出場。市河は、10kmの部で参加者とふれあいながら走りました。