「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
トップページ > 2016年の活動レポートINDEX > 谷真海の活動レポート(イベント出演)
東京パラリンピック開催4年前イベントで、谷真海は2020年の夢を語りました
都内で2つの東京パラリンピック開催4年前イベント。ゲストの谷真海は2020年の夢語る
都内で2つの東京パラリンピック開催4年前イベント。ゲストの谷真海は2020年の夢語る

東京パラリンピック開催4年前にあたる8月25日、谷真海(サントリー)が2つのイベントに出演しました。

  • 「NO LIMITS SPECIAL 大江戸ステーションスタジアム」オープニングセレモニー
  • 8月25日(木)
  • 大阪市北区・梅田阪急ビル
     

「大江戸ステーションスタジアム」は、都営大江戸線内の22駅で東京パラリンピックの実施22競技を体感できるという展示イベントです。

東京パラリンピック開幕のちょうど4年前という8月25日から9月21日まで開催されるこのイベントのオープニング式典に参加した谷は、点灯式の後、小池百合子東京都知事と展示を見て回り、自身の競技であるパラトライアスロンについて知事に紹介しました。
 

都内で2つの東京パラリンピック開催4年前イベント。ゲストの谷真海は2020年の夢語る
  • 東京2020パラリンピック開幕4年前のカウントダウンイベント「みんなのTokyo 2020 4 Years to Go!!」
  • 8月25日(木)
  • 東京都新宿区・都庁 都民広場
     

「みんなのTokyo 2020 4 Years to Go!!」ではオープニングセレモニーに参列した後、“みんなでつくる東京2020大会エンブレム”という都民広場に作られた巨大なオリンピックエンブレムをパラリンピックエンブレムに変えるマスゲームに、小学生とともに参加しました。

その後に開催されたトークショーでは、「同じ形、同じ数のコマで2つのエンブレムが作られていた事は初めて知りました。すべてが平等で 障がいの有無を越えて人と人がつながるという、その意味にも感動しました。2020年東京パラリンピックにアスリートとして参加すること、またパラリンピック会場を満員にするのが今の夢です」と、語りました。