「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
有森裕子が淀川国際ハーフマラソンでゲスト。参加者に感謝の思いを伝えました
有森裕子が淀川国際ハーフマラソンでゲスト。参加者に感謝の思いを伝えました
有森裕子が淀川国際ハーフマラソンでゲスト。参加者に感謝の思いを伝えました
  • 「第6回淀川国際ハーフマラソン大会」
  • 3月20日(日)
  • 大阪府守口市・淀川河川公園特設コース
     

有森裕子が「第6回淀川国際ハーフマラソン大会」にてゲストランナーとして参加しました。

このマラソン大会は、有森が代表理事を務める「認定NPO法人ハート・オブ・ゴールド」を通じて東日本大震災復興支援寄付金として、参加者1人につき100円が募金され、会場で発売される飲食物の売り上げも全額ハート・オブ・ゴールドへ寄付される支援大会となっています。

有森は、冒頭、参加者へむけて感謝の思いを伝えるとともに、東日本大震災後に全国でも初めて実施されたチャリティーマラソン大会であることから、今後も続けていきたいと話しました。

今年はファミリー3キロの部で一緒に走ったり、ハート・オブ・ゴールド理事の高石ともやとのトークショーでは、日本でのマラソン大会の歴史について話したり、ランナーに向けてアドバイスを送りました。

最後には各表彰式にてプレゼンターを務め、大会を盛り上げました。