「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
岡紀彦が福生市の小学校でトークショー&卓球教室。様々な質問に答えました
岡紀彦が福生市の小学校でトークショー&卓球教室。様々な質問に答えました
岡紀彦が福生市の小学校でトークショー&卓球教室。様々な質問に答えました
  • 「平成27年度こころのチャレンジプロジェクト」
  • 1月23日(土)
  • 東京都福生市・福生市立福生第四小学校
     

岡紀彦が、東京都が実施している「こころのチャレンジプロジェクト」の講師を務めました。 前半のトークショーでは生徒や学校の先生からの様々な質問に答えました。

「これまで何度も病気をして辛い思いをしているのに、どうして卓球をがんばろうと思えるのか?」という子どもからの質問には、「卓球が好きで卓球をたくさんしたいから、病気も乗り越えられた。他の人よりも小さな身体だけど、卓球は大きな身体の選手とも互角に渡り合える競技だから楽しい」と、答えていました。

後半の卓球体験教室では、各クラスの代表者と岡がラリー対決を行なったり、的に当てるゲームなどをし、パラリンピアンとの対戦に会場は大いに盛り上がりました。

最後に「2020年の卓球会場でぜひ皆様とお会いできるよう、これからも頑張りたいです」とパラリンピックに向けて抱負を述べました。