「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
エリックがホノルルマラソンツアーでゲスト。クリニックや決起集会など活躍
エリックがホノルルマラソンツアーでゲスト。クリニックや決起集会など活躍
エリックがホノルルマラソンツアーでゲスト。クリニックや決起集会など活躍
  • 「HIS 2015JALホノルルマラソンツアー」
  • 12月11日(金)〜13日(日)
  • ハワイ・ホノルル
     

エリック・ワイナイナが、「HIS 2015JALホノルルマラソンツアー」に、ゲストランナーとして参加しました。

まずは、コンベンションセンターでのEXPO会場にてお客様をお出迎えし、大会前日にはHISツアーのお客様向けにサポートコーチとともに朝・夕の2回ランニングクリニックを実施しました。

大会当日は、マラソンスタート前の決起集会、終了後には完走交流パーティーにて参加者の方々と写真撮影に応じたり、声援を送り、エリック自身も今年もホノルルマラソンに出場し、2時間47分で完走しました。

終始非常に天候がよく、日中は気温が高くなりランナーの皆様にとっては厳しいコースとなりましたが、多くのランナーの皆さんが、エリックの声援に励まされたと話していました。

岐阜県垂井町で小出義雄が講演。指導論とかけっこへの熱い思いを語りました
岐阜県垂井町で小出義雄が講演。指導論とかけっこへの熱い思いを語りました
  • 「平成27年度垂井町文化講演会」
  • 12月16日(水)
  • 岐阜県垂井町・垂井町文化会館
     

「平成27年度垂井町文化講演会」が開催され、小出義雄が「夢・人を育てる」をテーマに講演を行ない、有森裕子、高橋尚子さんがオリンピックでメダルを獲得するまでの軌跡や、自身の指導論を語りました。

小出監督は指導論について、「人生は長いのだから長い目で見てあげることが大事。叱らない、怒らない、のびのびとさせることはとても重要なことです」と話し、「ノーベル賞を受賞した梶田さんも小さいころはおとなしく目立たない存在で普通の公立中学校だったと聞く。人の能力はどこでどう目覚めるか分からない」と説きました。

そして、「一つのものを成し遂るためには続けて行くことが重要で、自分は寝ても覚めても『かけっこ』の言葉ばかり考えている、『かけっこ』への熱い思いと情熱はだれにも負けない。そうすると運が巡ってくるものだ」と話しました。