「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
エリックがキッズフェスタと柏崎マラソンで連日のゲスト。どちらも全力で応援
エリックがキッズフェスタと柏崎マラソンで連日のゲスト。どちらも全力で応援
エリックがキッズフェスタと柏崎マラソンで連日のゲスト。どちらも全力で応援

  • 「第6回秋のキッズフェスタ」
  • 10月24日(土)
  • 東京都渋谷区・国立オリンピック記念青少年総合センター、代々木公園
     

エリック・ワイナイナが、国立オリンピック記念青少年総合センターで行なわれた「第6回秋のキッズフェスタ」にゲストとして参加しました。

このイベントは子どもたちが様々なスポーツを体験することができるもので、エリックは「体験の風をおこそう運動応援団」として、ミニ駅伝大会の講師を能城秀雄選手とともに務めました。

最初に保護者の方々も一緒にストレッチやランニングフォームを指導し、最後にはチーム対抗戦として約100mのコースで対決しました。

エリックは、駅伝中も一緒に走ったり、声援を送ったりと子どもたちを最後まで応援していました。


エリックがキッズフェスタと柏崎マラソンで連日のゲスト。どちらも全力で応援
エリックがキッズフェスタと柏崎マラソンで連日のゲスト。どちらも全力で応援
  • 「第13回柏崎マラソン大会」
  • 10月25日(日)
  • 新潟県柏崎市・柏崎市陸上競技場
     

キッズフェスタの翌日は、「第13回柏崎マラソン大会」に2大会ぶりのゲストランナーとして参加しました。

今年からフルマラソンのコースが新しくなり、以前よりもフラットになりランナーにとっては走りやすいコースになりました。

エリックは3.3km、10km、ハーフマラソン、フルマラソンすべての部で、ランナーのスタートを応援した後に最後尾からスタートし、フルマラソンを完走するまで走りながらランナーに声援を送ったりハイタッチをして励ましました。

そしてレース終了後には、表彰式のプレゼンターを務めました。

京谷和幸が小平市の小学校でゲスト講師。“あきらめない姿勢”を伝えました
京谷和幸が小平市の小学校でゲスト講師。“あきらめない姿勢”を伝えました
京谷和幸が小平市の小学校でゲスト講師。“あきらめない姿勢”を伝えました


  • 「こころのチャレンジプロジェクト」
  • 10月27日(火)
  • 東京都小平市・小平市立第十四小学校
     

京谷和幸が東京都の「こころのチャレンジプロジェクト」にてゲスト講師を務めました。

子どもたちが自ら挨拶ができるようになったり、また目標をもって行動をするために始められたプロジェクトで、京谷は2年連続で講師として招かれました。

車いすバスケットボールの魅力や、事故後の心境、自宅ではどのようなしつけを意識しているかなど、子どもたちだけではなく保護者や先生方からも様々な質問がありましたが、一つずつ丁寧に答えていました。

また、各クラスの代表者と京谷でフリースロー対決を行ない、「子どもたちと真剣に向き合う姿」や、「負けたくない気持ち」、「最後まであきらめない姿勢」を伝えました。