「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
青戸慎司が都内で小中学生に走りかた指導。3時間の長さも子どもたちは元気一杯
青戸慎司が都内で小中学生に走りかた指導。3時間の長さも子どもたちは元気一杯
青戸慎司が都内で小中学生に走りかた指導。3時間の長さも子どもたちは元気一杯
  • トータル・オリンピック・レディス会創立30周年記念「東進ハイスクール 走りかた教室」
  • 7月5日(日)
  • 東京都北区・味の素ナショナルトレーニングセンター
     

青戸慎司がトータル・オリンピック・レディース会主催の走り方教室で講師を務めました。

小学生から中学生まで幅広い年齢層の子どもたちに向けて、基本の正しい姿勢から、腕振り、スタートダッシュなど、速く走るためのさまざまな指導を行ないました。 3時間という子どもたちには長い時間でしたが、全員最後まで、楽しく元気いっぱいに参加していました。

青戸は「足が速くなれば、陸上だけではなく、いろんなスポーツが上達します。でも今日この教室に参加したからといってすぐに速くなるわけではありません。浅田真央ちゃんは毎朝5時から練習していました。たくさん勉強して初めて100点がとれるように、たくさん練習して初めて速くなるので、お家に帰っても一生懸命練習して、それぞれの夢に向かってがんばってください」と伝えました。