「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
有森裕子が大阪・南署の一日警察署長。事故防止に「意識的に体力づくりを」
有森裕子が大阪・南署の一日警察署長。事故防止に「意識的に体力づくりを」
  • 平成27年春の全国交通安全運動「ミナミ交通安全大会」
  • 5月12日(火)
  • 大阪市中央区・アメリカ村
     

平成27年春の全国交通安全運動「ミナミ交通安全大会」で、有森裕子が大阪・南署の一日警察署長を務め、「交通安全に努め、事故のないまちづくりに貢献する」と、交通安全宣言を行ないました。

大阪市中央区のアメリカ村のビックステップ地下1階での交通安全イベントでは、来場者約100人を前に「高齢者は体力的な衰えが事故につながるケースもある。階段の上り下りなど、意識的に体力づくりをしてほしい」とメッセージを送りました。

その他、大阪市立南高陸上部員4人のとのトークショーでは、「走るには下半身だけでなく上半身のトレーニングが大切」などと、ランニングのこつについてアドバイスをしました。


浦富海岸健康マラソンで有森裕子が5キロラン。前日はランニング教室で指導
浦富海岸健康マラソンで有森裕子が5キロラン。前日はランニング教室で指導
浦富海岸健康マラソンで有森裕子が5キロラン。前日はランニング教室で指導


  • 第30回浦富海岸健康マラソン大会
  • 5月10日(日)
  • 鳥取県岩美町・岩美北小学校
     

有森裕子が「第30回浦富海岸健康マラソン大会」でゲストを務めました。

有森は、大会の前日に「ランニング教室」を行ない、走る時の大事な動き、身体の軸を整える方法や腕振りのポイントなどを伝え、モチベーションについては、「目標を叶えるには気持ちや思いを人に伝えること、自分で周りのエネルギーを集めることで少しずつ形にしていく努力をしましょう」と、メッセージを送りました。

大会当日は、開会式の挨拶で「どんなタイムでも良いので諦めずに頑張って下さい」とエールを送り、5キロの部に参加して、ランナーたちとともに美しい浦富海岸のコースを駆け抜けました。

会場には、おかやまマラソンのPRマスコット「ももっち」も応援に駆けつけていました。