「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
ポカリスエット ブカツ応援キャラバンで弘山晴美が筑紫女学園の陸上部を指導
ポカリスエット ブカツ応援キャラバンで弘山晴美が筑紫女学園の陸上部を指導
ポカリスエット ブカツ応援キャラバンで弘山晴美が筑紫女学園の陸上部を指導
  • 「ポカリスエット ブカツ応援キャラバン2015」
  • 2月23日(月)
  • 福岡市中央区・筑紫女学園高等学校
     

弘山晴美が大塚製薬が主催する「ポカリスエット ブカツ応援キャラバン2015」にて、ランニング教室の講師を務めました。

「ブカツ応援キャラバン」では、陸上をはじめ、バレーボール、バスケットボール、テニス、バドミントン、サッカーなどの競技の部活動指導を日本のスポーツ界で活躍したアスリートが行ないます。

1年間で全国で全競技合わせて400校で実施する予定で、陸上競技は弘山が担当します。

今回は筑紫女学園の陸上部の中でも中長距離を専門に行なっている8名の高校生を対象に、「上半身と下半身が連動して走れるようになるトレーニング」を中心に指導しました。

参加者からは「少し意識を変えるだけでランニングフォームが楽になった。これからも練習に取り入れていきたい」と、効果を実感した声があがっていました。

応援キャラバンの模様は、「ブカツのミカタ」というサイトにて、活動報告や、アスリートからのメッセージなどが掲載されます。今回の弘山の指導の様子がわかる動画もアップされていますので、ぜひご覧ください。⇒ 「ブカツのミカタ」

なお、ライツからの派遣アスリートは以下の通りで、約270〜280校で実施する予定です。
 ・陸上競技:弘山晴美
 ・バスケットボール:原田裕花、渡邉拓馬さん
 ・バレーボール:大山加奈さん、山本隆弘さん
 ・テニス:浅越しのぶさん、森上亜希子さん、小畑沙織さん
 ・バドミントン:廣瀬栄理子さん

京谷和幸が甲斐市で講演。交通事故からの数々の出会いについて話しました
京谷和幸が甲斐市で講演。交通事故からの数々の出会いについて話しました
  • 平成26年度一般社団法人山梨県理学療法士会公開講座
  • 3月1日(日)
  • 山梨県甲斐市・甲斐市敷島文化会館

     

京谷和幸が、山梨県理学療法士会が主催する一般市民向けの公開講座にて講師を務めました。

京谷は「出会いに感謝!」と題し、交通事故でサッカーを奪われてから、車椅子バスケットボールで再び輝きの舞台を取り戻すまでには、数々の出会いがあったということを話しました。

また、主催者が理学療法士会という事もあり、京谷自身がリハビリで入院していたころの思い出深くも辛いトレーニング内容を紹介し、「それがあったからこそ早く社会復帰できて今の自分がある」と、話しました。

主催者からは、「参加者には理学療法士を目指す若者、また怪我や病気でリハビリ中の方もいらっしゃり、それぞれが改めて自分の目指すべき理学療法士としての在り方を考えるきっかけ作りや、リハビリへ取り組むモチベーションアップに繋がって、良い講演会となりました」と、感想をいただきました。

エリックが「冬のキッズフェスタ」と「立川シティハーフ」、連日のゲスト出演
佐藤真海が都内で講演やトークショー。自身の体験や2020年の思いを語りました
佐藤真海が都内で講演やトークショー。自身の体験や2020年の思いを語りました
  • 「冬のキッズフェスタ」
  • 2月28日(土)
  • 東京・国立オリンピック記念青少年総合センター
     

エリック・ワイナイナが、国立青少年振興機構が主催する「体験の風をおこそう!冬のキッズフェスタ」にて、ミニマラソンプログラムにゲスト出演しました。

エリックは、同じくゲストのウルトラマラソンランナー能城秀雄さんとともにイベントの応援団員に任命され、任命式では大きな声で、子どもたちの体験を促進する誓いを宣誓しました。

その後行なわれたミニマラソンプログラムでは、親子約150人とともに2qを走って汗をかきました。





  • 「立川シティハーフマラソン2015」
  • 3月1日(日)
  • 東京都立川市・陸上自衛隊立川駐屯地滑走路、国営昭和記念公園及びその外周道路
     

エリック・ワイナイナが、「立川シティハーフマラソン2015」にゲストランナーとして出場しました。

この大会は日本学生ハーフマラソン選手権大会と、ユニバーシアード競技大会の選考会を兼ねているため、毎年多くの大学生が記録を狙って出場するレースです。

今年も箱根駅伝を制した青山学院大学をはじめ、大学トップランナーたちがエントリーをしていました。

エリックはスタート前のセレモニーで、「調子の良い人は記録が出るコースなので、積極的に攻めてください。調子が悪くても最後まであきらめなければチャンスはあります!」と、ランナーたちに声援を送りました。

その後は3kmの部に出走し、表彰式のプレゼンターを務めました。