「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
ボランティア活動をする子どもたちの表彰式で、有森裕子がプレゼンター
ボランティア活動をする子どもたちの表彰式で、有森裕子がプレゼンター
ボランティア活動をする子どもたちの表彰式で、有森裕子がプレゼンター
  • 「PRUDENTUAL SPIRIT OF COMMUNITY 第18回ボランティア・スピリット賞全国表彰式」
  • 12月27日(土)
  • 大阪市北区・大阪国際会議場
     

有森裕子がプルデンシャル生命、ジブラルタ生命が主催する「第18回ボランティア・スピリット賞全国表彰式」にてゲストプレゼンターを務めました。

全国の中高生でボランティア活動を行なっている人や団体の中から、各都道府県ごとに47名の代表者が選ばれ、さまざまな賞が贈られました。

有森は、子どもたちのボランティア活動の発表が行なわれた後に、表彰される子どもたちへ向けて、メッセージとトロフィーを渡しました。

表彰後のスピーチでは、「活動報告を聞いて、自分自身のこれからの活動に刺激になった」と話し、「これからもボランティアなどさまざまな活動を通じて、まずは自分自身が幸せになれるようにがんばってほしい」と、言葉を送りました。

駒沢オリンピック公園の50周年記念リレーイベントで有森裕子が参加者を激励
駒沢オリンピック公園の50周年記念リレーイベントで有森裕子が参加者を激励
駒沢オリンピック公園の50周年記念リレーイベントで有森裕子が参加者を激励
  • 「クリスマスイベント in 駒沢・6時間耐久レース」
  • 12月21日(日)
  • 東京都世田谷区・駒沢オリンピック公園総合運動場
     

駒沢オリンピック公園の開園50周年を記念し「クリスマスイベント in 駒沢・6時間耐久レース」が開催されました。

参加者は小学生から70代まで182チーム616人で、午前9時半にスタート。園内の陸上競技場とジョギングコースあわせて1周2.5キロのコースを交代で走り、6時間で走った距離の長さを競いました。

有森裕子はゲストとして参加し、ランナーを激励。ランニングトークやスポーツ栄養学講座を行ないました。