「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
エリックがホノルルマラソンツアーゲスト。雨風強く気落ちする参加者を鼓舞
エリックがホノルルマラソンツアーゲスト。雨風強く気落ちする参加者を鼓舞
エリックがホノルルマラソンツアーゲスト。雨風強く気落ちする参加者を鼓舞

  • 「エイチ・アイ・エス〜JALホノルルマラソンツアー2014〜」
  • 12月12日(金)〜14日(日)
  • ハワイ/ホノルル
     

エリック・ワイナイナが、「エイチ・アイ・エス〜JALホノルルマラソンツアー2014〜」にゲストとして参加しました。

エリックは大会2日前から現地入りし、複数回に渡ってツアー参加者を対象にクリニックを実施。給水の取り方講座や、前日におすすめのストレッチや食事、睡眠方法など、主にビギナーへ向けたレクチャーを行ないました。

当日スタート前は決起集会にも参加して、「天気を変えることはできません。この状況で出せるベストパフォーマンスを!」と、雨風強い中で気落ちするランナーたちを鼓舞しました。

そして、エリック自身もフルマラソンに参加し、ツアー参加者に声をかけながら3時間7分53秒で完走しました。

有森裕子がトークショーに出演し、アスリートの野菜摂取について話しました
有森裕子がトークショーに出演し、アスリートの野菜摂取について話しました
  • タネのタキイ「アスリートのための機能性野菜ファイトリッチシリーズ大試食会」
  • 12月17日(水)
  • 東京都港区・スパイラルホール

     

タキイ種苗による「アスリートのための機能性野菜『ファイトリッチ』シリーズ大試食会」に有森裕子が出席しました。

日頃から心がけている食事における栄養バランスや現役時代の食事の摂り方について話し、「現役時代は体作りのために、たくさん野菜を摂取したかったが、量を食べるのはとても難しかった」と話しました。

この日は有森の48歳の誕生日で、同じくイベントに出席した俳優の真剣佑さんから、野菜で作られたブーケをサプライズでプレゼントされました。

神奈川県内で有森裕子が講演。「苦しいときの乗り越え方」を体験交え伝えました
神奈川県内で有森裕子が講演。「苦しいときの乗り越え方」を体験交え伝えました
  • センチュリー21ジャパン神奈川県地域連合会
  • 12月18日(木)
  • 横浜市西区・横浜ロイヤルパークホテル
     

有森裕子が、センチュリー21ジャパン神奈川県地域連合会にて神奈川県内の店舗で営業を担当されている方々を対象に講演会の講師を務めました。

有森は、「苦しいときの乗り越え方」をテーマに、「生きている中で嬉しい事よりも辛い事の方がたくさんあるが、そんなときに最悪の状況にならないためにはすべてを投げ出さずあきらめないことが大切」と体験談を交えて話し、「トップアスリートも最初から恵まれた才能を持った人は案外少ない」と伝えました。