「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
市橋有里が上尾シティマラソンでゲスト。小中学生と交流しながら走りました
市橋有里が上尾シティマラソンでゲスト。小中学生と交流しながら走りました
市橋有里が上尾シティマラソンでゲスト。小中学生と交流しながら走りました
  • 「第27回上尾シティマラソン」
  • 11月16日(日)
  • 埼玉県上尾市・上尾運動公園陸上競技場
     

市橋有里が第27回上尾シティマラソンでゲストランナーを務めました。

ハーフの部の上位2名はニューヨークシティマラソンに招待されることもあり、箱根駅伝出場校が集まるハイレベルなレース。同じくゲストランナーの川内優輝選手は、小学校の頃から毎年欠かさずにこの大会に出場しており、この日は1時間02分で10位でゴールしました。

市橋は3キロと5キロの部に出場し、地元の小学生や中学生と交流しながら走りました。

澤野大地が東京の小学校で陸上教室。走り方や身体の使い方を指導
澤野大地が東京の小学校で陸上教室。走り方や身体の使い方を指導
澤野大地が東京の小学校で陸上教室。走り方や身体の使い方を指導
  • 西東京市立保谷小学校「陸上教室」
  • 11月17日(月)
  • 東京都西東京市・同小学校
     

澤野大地が、西東京市立保谷小学校で陸上教室を行ないました。
4学年の児童に対して、どんなスポーツを行なう上でも基礎となる走り方や身体の使い方を、コーディネーショントレーニングを交えて教えました。

実際に競技で使用しているポールを子どもたちに触らせると、想像以上の長さ、校舎の3階に届きそうな高さに皆一様に驚いていました。

参加した児童からは、「澤野選手のようにオリンピックに出たい!」というような声も上がりました。

また、澤野はこれまで多くの方々に支えられて棒高跳びを続けてこられたと話し、人との縁の大切さや、友達を大切にしてほしいというメッセージも伝えました。