「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
植田辰哉が新マネージャーを対象にリーダーシップ、マネジメントについて講演
植田辰哉が新マネージャーを対象にリーダーシップ、マネジメントについて講演
  • 有限責任あずさ監査法人「新任マネージャー研修」
  • 9月29日(月)
  • 長野県軽井沢町・軽井沢プリンスホテル
     

植田辰哉があずさ監査法人「新任マネージャー研修」にてリーダーシップ、マネジメントについて講演しました。

おおよそ30代の新任マネージャーが中心で、これから部下を持ちチームを引っ張っていかなければならない彼らに対し、「自分自身ならびにチームのメンバーがイメージできない目標を立てない」、「現実的に達成がイメージできる中でなるべく高い目標を立てる」、「チーム(仲間)の強み・弱みをお互いに知るためのコミュニケーションづくり」について話しました。

講演の最後に、「能力は頑張って磨いてもせいぜい2〜3倍にしかならないが、、意識を高く持つことや情熱は10倍にも100倍にもできる」と、締めくくりました。

京谷和幸が鈴鹿市内で講演。高校書道部の演題を書くパフォーマンスに感謝
京谷和幸が鈴鹿市内で講演。高校書道部の演題を書くパフォーマンスに感謝
  • 鈴鹿高等学校PTA主催講演会
  • 10月2日(木)
  • 三重県鈴鹿市・鈴鹿市民会館
     

京谷和幸が、鈴鹿高等学校PTAが主催する講演会で講師を務めました。

今回の演題は「夢・出会い・感謝」でしたが、講演前に同校書道部によるパフォーマンスで演題を書くというサプライズから講演会がスタートし、京谷は「年を取ってくると涙腺が緩んできます(笑)。力のある文字に感動しました」と、書道部に感謝の気持ちを伝えました。

また京谷は生徒たちに、自身がサッカー選手時代は傲慢なプレーヤーだったこと、そして事故をきっかけに周りに感謝する気持ちを持つことが出来たことについて語り、「人は出会いによって変わることが出来る」ということを強く訴えた後、「周りの友人や先生、家族との繋がりを大切にしてください」と、話しました。