「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
京谷和幸が中学生を対象に講演会。「夢を持つと楽しいと知ってほしい」
京谷和幸が中学生を対象に講演会。「夢を持つと楽しいと知ってほしい」
  • 中央区立日本橋中学校 講演会
  • 9月16日(火)
  • 東京都中央区・同中学校
     

京谷和幸が、中央区立日本橋中学校にて「夢を持つことの大切さ」をテーマに講演会を行ないました。

京谷はまず始めに、「夢を持つことはとても大切だけど、その前に夢を持つと楽しいという事を知って欲しい。」と話しました。

そして、「今夢を持っていない人も、焦る必要は全くありません。とにかく今自分の好きな事を一生懸命全力でやって欲しい。そうするとたくさんの素敵な出会いが訪れ、その出会いが夢を運んできてくれます。」と、夢を持つためにはどうすれば良いかを話しました。

講演後はバスケットボール部の選抜メンバーとフリースロー対決を行ない、見事京谷が勝利。「引退して2年経つ私に負けてはいけない!」と選手たちを叱咤激励して会場を沸かせました。

保険会社の9ヵ月研修で尾川とも子が「前向き思考で壁に挑戦」と題し講演
保険会社の9ヵ月研修で尾川とも子が「前向き思考で壁に挑戦」と題し講演
  • ジブラルタ生命保険株式会社 入社9ヵ月研修講演会
  • 9月16日(火)
  • 東京都世田谷区・坂口陽史ラーニングセンター
     

尾川とも子が、ジブラルタ生命保険株式会社に入社して9ヵ月の社員を対象に、講演会を行ないました。

演題は「前向き思考で壁に挑戦」。尾川は、大学卒業後にプロフリークライマーへの道を選ぶも、マイナースポーツであるため競技に専念する環境を作れず苦労した点や、試合で若い選手に負け続け、結果が出なかった時期を振り返りながら、「自分が何をしたいのか、これさえはっきりしていれば、あとはあきらめずに続ける事です。

私は女性として初めてのことがやりたかったので、目標がぶれることは無かった。あきらめなければ、時間がかかっても必ず壁は乗り越えることが出来ます。」と、入社9ヵ月が経過し、保険営業の厳しさに直面している方々へメッセージを送りました。

聴講者からは、「スポーツの世界でもこの仕事でも、目標を達成するということにおいては変わらない。あきらめず何度も立ち向かう姿勢に感動しました。」と感想をいただきました。