「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
佐藤真海が都内でトークショーに出演。「改めてスポーツの力、人間の力に感動」
佐藤真海が都内でトークショーに出演。「改めてスポーツの力、人間の力に感動」
  • 「東日本大震災復興支援チャリティー きずなリレーコンサート2014」
  • 3月15日(土)
  • 東京都渋谷区・全労済ホール スペース・ゼロ
     

佐藤真海が、都内に避難している被災地の方々など、約300名が集まった東日本大震災復興支援チャリティー「きずなリレーコンサート2014」で、トークショーに出演しました。

ソチパラリンピックで聖火ランナーを務めた佐藤は、まず冒頭で、現地の盛り上がりやチェアスキーなどを実際に生で観戦し、改めてスポーツの力、人間の力に感動したと話しました。

その後、五輪招致スピーチの裏話、幼い頃からどのようにスポーツと関わってきたか、病気との闘い、現在のサントリーでの活動など、幅広く話しました。

「足を失った時や震災の時、チャレンジすること、目標を持つことで、前を向くことができた。限界のふたを外して、より高い目標を持つことで、世界が広がり、素晴らしい未来が開けてくる。今は本当に生きてて良かったと思います」と、メッセージを伝えました。

京谷和幸が松島町で企業内研修の講師。約9割の女性聴講者の多くが目に涙
京谷和幸が松島町で企業内研修の講師。約9割の女性聴講者の多くが目に涙
  • 株式会社三基「東北セミナー」
  • 3月15日(土)
  • 宮城県松島町・松島一の坊
     

京谷和幸が、ミキプルーンでお馴染みの株式会社三基東北セミナーで、講演会の講師を務めました。

「絆 〜人生を変えた様々な出会い〜」をテーマに、怪我との出会いをはじめ、いろいろな人々との出会い、さまざまな出来事との出会い、そういった出会いをきっかけに気づき行動することで前進できたと話しました。

そしてそこには、妻のサポートが不可欠で、「一人じゃできないことも二人でなら乗り越えられる」と述べました。

会場は約9割の聴講者が女性で、多くの方が目に涙を浮かべて聴いていました。

あべのハルカスで有森裕子がトークショー。走る楽しさや応援の力を伝えました
あべのハルカスで有森裕子がトークショー。走る楽しさや応援の力を伝えました
あべのハルカスで有森裕子がトークショー。走る楽しさや応援の力を伝えました
  • 「アシックスランニングショップオープニングイベント」
  • 3月15日(土)
  • 大阪市阿倍野区・あべのハルカス近鉄本店
     

有森裕子があべのハルカス近鉄本店にて、アシックスランニングショップオープニングイベントに出演しました。

まず、イベントステージにてトークショーを行ない、走る楽しさや応援してくださる方々の声援が選手の力になることを自身の体験談を交えつつ伝えました。

トークショー終了後はアシックスランニングショップにて写真撮影会を行ない、お客様に直接ランニングのアドバイスもしていました。