「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
有森裕子が篠山ABCマラソンに14回目の参加。ハイタッチと声援でランナー激励
有森裕子が篠山ABCマラソンに14回目の参加。ハイタッチと声援でランナー激励
有森裕子が篠山ABCマラソンに14回目の参加。ハイタッチと声援でランナー激励
  • 「第34回篠山ABCマラソン大会」
  • 3月2日(日)
  • 兵庫県篠山市・篠山城跡マラソンコース
     

兵庫県篠山市で行なわれた「第34回篠山ABCマラソン」に有森裕子が特別ゲストとして参加しました。

この大会はフルマラソンだけの1万人規模の大会として長い歴史を誇り、参加費の一部を認定NPO法人ハート・オブ・ゴールドに寄付をする協力大会となっています。ハート・オブ・ゴールドの代表理事を務める有森自身、今年で14回目の参加となりました。

今年は、より多くのランナーとふれあうため、10km地点、18.2km(最初の関門)、36.3km(最終関門)でハイタッチと声援を送り、ランナーを励ましていました。特に最終関門では、1時間以上にわたって並走しながら大声で激励。「有森さんが励ましてくれたおかげで完走できました!」と話すランナーが大勢いました。

また、レース後にはフィニッシュ地点に設けられたハート・オブ・ゴールドのブースでチャリティーサイン会も行ないました。

この大会の模様はABCテレビで3月8日(土)16:00〜16:55(関西ローカル)、Sky・A sports+で3月14日(金)18:00〜19:00に放映されます。

金哲彦が石川県かほく市でランニング講座。幅広い層に合わせ健康学と実技指導
金哲彦が石川県かほく市でランニング講座。幅広い層に合わせ健康学と実技指導
金哲彦が石川県かほく市でランニング講座。幅広い層に合わせ健康学と実技指導
  • 「第10回かほく市制施行記念継走大会 第2部 ランニング講座」
  • 3月2日(日)
  • 石川県かほく市・河北台中学校
     

第10回かほく市制施行記念継走大会終了後、金哲彦が「金さんのランニング健康学」と題してランニング講座を行ないました。

約200名の幅広い年齢層が相手ということで、まずは中高年の聴講者に向けて、普段の生活が楽になる椅子を使った体幹トレーニングの方法を伝えました。特に姿勢を良くすることを強調し、頭の上に何かを載せて正しく歩くことによる腰痛軽減、健康増進について説明しました。

後半は現役ランナー向けに、会場から希望者を10名ほど募って壇上に乗せ、少し走りを確かめてから、一人ひとりのパーソナリティに合わせた腕の振り方、足の運び方、体の使い方を指導しました。

ランニングをしていて気持ちいいと感じなくなったという人へは、量とスピードを落とす、考え過ぎずシンプルに走る、環境を変え下が柔らかい自然の中で走るなど、プロランニングコーチらしい的確なアドバイスを送っていました。

地元の教育長は、「走ることの情熱が地域の力に繋がっている。きょうは良い話をいただいた」と感想を話してくださり、聴講者からは「話に実感が持てる」と、感想がありました。