「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
大南博美、大南敬美姉妹が岩倉市でランニング教室。100人の小中学生を指導
大南博美、大南敬美姉妹が岩倉市でランニング教室。100人の小中学生を指導
大南博美、大南敬美姉妹が岩倉市でランニング教室。100人の小中学生を指導
  • 「平成25年度岩倉市スポーツ振興事業大南姉妹ランニング教室」
  • 2月11日(火祝)
  • 愛知県岩倉市・岩倉中学校グラウンド
     

大南博美大南敬美姉妹が建国記念の日の11日、愛知県岩倉市でランニング教室を行ないました。

この教室は、3月2日に開催され、二人がゲストランナーを務めることになっている「いわくら市民健康マラソン」のプレ事業で、当日は約100人の小中学生が受講しました。

冒頭のトークショーでは、中学生の時に基本的なことを毎日繰り返し練習したことがその後の陸上人生のプラスになったということなど、受講者の年齢を意識した話をして、二人の経験を伝えました。

実技は、博美がリード、敬美が実演を行なうというかたちで進め、脚回りから体全体の動きをブラッシュアップするランニングドリルを約1時間実施し、最後に大南姉妹も飛び入り参加のリレーを全員で行ない、盛り上がりました。

なお、今回のランニング教室のコーディネートは深山計が担当し、当日の進行役も務めました。

山口市民ロードレース大会で、子どもたちからの質問にエリックらしく回答
山口市民ロードレース大会で、子どもたちからの質問にエリックらしく回答
山口市民ロードレース大会で、子どもたちからの質問にエリックらしく回答
  • 「平成25年度山口市民ロードレース大会」
  • 2月11日(火祝)
  • 山口県山口市・山口県セミナーパーク
     

エリック・ワイナイナが山口市民ロードレース大会にゲストランナーとして参加しました。

開会式では走る際のポイントを伝えたり、参加者たちと一緒にジョギングやストレッチなどを行ない、子どもたちからの「走っているときはどんなことを考えているのか」という質問に対しては、「難しいことを考えずに、いつも楽しいことを考えるようにしている」と答えていました。

その後エリックは、小学4年の部、5年の部、6年の部、そして中学生以上の部の計4部門に参加し、ランニング後には表彰式のプレゼンターやサイン会も行なうなど会場を盛り上げました。