「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
京谷和幸が都内の中学校で連日の講演。中学生に特に伝えたいことを話しました
京谷和幸が都内の中学校で連日の講演。中学生に特に伝えたいことを話しました
京谷和幸が都内の中学校で連日の講演。中学生に特に伝えたいことを話しました
  • 2月7日(金)西東京市立明保中学校講演会
  • 2月8日(土)練馬区立開進第四中学校講演会
     

京谷和幸が、2月7日に西東京市立明保中学校、8日に練馬区立開進第四中学校で講演会を行ないました。

明保中学校では、「夢・出会い・感謝」をテーマに45分間、自身が事故でサッカーを奪われてから、車椅子バスケットでパラリンピックへ出場するまでの過程を話しました。

中学生が対象ということで、特に、失敗をした時に、その失敗とどう向き合うかということを強く伝え、「何かに失敗したことで夢を諦めたら、そこまで積みあげてきたものが全て崩れてしまう。とにかく最後までやり通すことが大切」と、話しました。

開進第四中学校の講演会は、約400名の生徒と保護者を対象に行なわれました。京谷は、「夢・出会い・感謝〜世界に羽ばたけ〜」をテーマに、自身がこれまで目標を達成する為に、多くの人に出会いそれをチャンスだと考え、人との出会いを大切にしてきたことを強調して話しました。

講演後、生徒の一人は「これまで人との出会いをチャンスだと考えたことがなかったので、これからは一つ一つの出会いを大切にし、目標に向かって頑張りたい」と、感想を話してくださいました。

サザン・セト大島ロードレースでエリックがゲスト。2kmと10kmの2種目を完走
サザン・セト大島ロードレースでエリックがゲスト。2kmと10kmの2種目を完走
サザン・セト大島ロードレースでエリックがゲスト。2kmと10kmの2種目を完走
  • 「第30回サザン・セト大島ロードレース大会」
  • 2月2日(日)
  • 山口県周防大島町・周防大島町陸上競技場
     

エリック・ワイナイナが、第30回サザン・セト大島ロードレース大会にゲストランナーとして出場しました。

会場である周防大島は瀬戸内海に浮かぶ島で、コースは常に海沿いを走る絶景が人気のマラソン大会です。

エリックは開会式で、「第30回の記念すべき大会で走ることが出来て幸せです。ベストを尽くしてがんばりましょう!」と参加者たちにエールを送りました。

エリックは初めに2qの部に出場すると上位でゴール。その後、最後のランナーが帰ってくるまでゴールで出迎えました。次に10kmの部にも出場したエリックは、「私に抜かされないようにがんばってください!!」とランナーたちにプレッシャーをかけた上で、最後尾からスタート。無事抜かされずにゴールできたランナーも、抜かされたランナーも、皆さん笑顔でゴールしていました。