「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
エリックが好天に恵まれたNAHAマラソンを完走。トークショーでは的確助言
エリックが好天に恵まれたNAHAマラソンを完走。トークショーでは的確助言
エリックが好天に恵まれたNAHAマラソンを完走。トークショーでは的確助言
  • 「第29回NAHAマラソン」
  • 12月1日(日)
  • 沖縄県那覇市・国道58号線明治橋交差点スタート〜奥武山陸上競技場ゴールの平和祈念公園コース
     

エリック・ワイナイナが第29回NAHAマラソンにゲストランナーとして出場しました。

エリックは大会前日、エントリー会場で行なわれた開会式に登壇し、その後トークショーに出演。参加ランナーたちに、「明日は気温が高くなりそうです。今日は早めに休んでください。明日は帽子の着用と給水は絶対必要です」とアドバイスを送っていました。

昨年は強い雨に見舞われましたNAHAマラソンでしたが、今年は沖縄らしい青い空のもと、27697人が出走しました。エリックはスタートから15q地点まで先頭集団を快走してペースを作り、その後は徐々にペースを落としてファンランに切り替えると、沿道の声援にハイタッチで応えながら2時間35分50秒でゴールしました。

最高気温が21.8℃まで上がった影響か、今大会の完走率は3年ぶりに70%を下回りました。エリックは、ゴール会場で行なわれたトークショーで、「マラソンは外で行うスポーツです。天気も気温もどうなるかわからないので、一年間を通して練習をすることが大切です」と話していました。

村上幸史がNHKのドキュメンタリードラマの収録。競技同様自然体で臨みました
村上幸史がNHKのドキュメンタリードラマの収録。競技同様自然体で臨みました
  • ドキュメンタリードラマ「幻の祝祭〜1940東京五輪物語」の撮影
  • 11月26日(火)
  • 東京都内
     

NHK-BS1で年末に放送されるドキュメンタリードラマ「幻の祝祭〜1940東京五輪物語」の撮影が、都内の日大グラウンドで行なわれました。

このドラマは、開催が決定しながら戦火の中で開催地返上に追い込まれた1940年東京オリンピックの顛末と、その時代に翻弄されたアスリートの姿をドキュメンタリーの手法で描く作品です。

村上幸史は、主演の阿部力さん演じる新聞記者のインタビューに答え、オリンピックへの思いと2020年東京オリンピックに向けての率直な気持ちを話すというドラマ冒頭のシーンに登場します。

本番に強い村上だけに、初めてのドラマ出演にも自然体で臨んでいました。

なお、放送は、12月29日(日)19時から20時50分と、31日(火)9時から10時50分に予定されています。また、翌2014年にはNHK総合での再放送も予定されています。

岡山で与田剛と堀幸一が小学生約260人に、多くの言葉をかけながら野球指導
岡山で与田剛と堀幸一が小学生約260人に、多くの言葉をかけながら野球指導
岡山で与田剛と堀幸一が小学生約260人に、多くの言葉をかけながら野球指導





  • 「第25回大手饅頭伊部屋 学童野球教室」
  • 11月30日(土)
  • 岡山市北区・岡山県総合グラウンド 岡山県営球場
     

岡山県内の小学1年生から6年生までの男女約260人が参加し、今年も「大手饅頭伊部屋 学童野球教室」が行なわれました。

今年、講師を務めたのは与田剛堀幸一で、二人は、「無理しなくて良い。」「身体にあった正しいフォームができれば良い。」「故障しない方が良い。」「ゆっくり。大丈夫!」「そうそういいね!」など、多くの言葉をかけながら、楽しく野球の基礎を指導しました。

参加児童たちの保護者は、プロで活躍した同世代の講師が目の前にいることで、「普段の練習見学よりワクワクしていた」と話していました。また、地元の指導者の方は、「プロはキャッチボール一つをとっても球持ちが長い。土台となる足腰をしっかり鍛えてゆければ」とプロの動きを追っていました。

柏市内の中学校で京谷和幸が講演会。『夢を叶えるための5つのステップ』を伝授
柏市内の中学校で京谷和幸が講演会。『夢を叶えるための5つのステップ』を伝授
  • 「柏市立第五中学校講演会」
  • 12月3日(火)
  • 千葉県柏市
     

京谷和幸が千葉県柏市立柏第五中学校で講演会を行ないました。

京谷は、生徒と保護者約500名を対象に、「夢・出会い・感謝」と題し、どのようにすれば夢を実現することができるか、そして、夢を見つけることができるかについて伝えました。

生徒の一人は、「今はまだ夢が見つかっていませんが、教わった『夢を叶えるための5つのステップ』に取り組みたいです」と感想を話していました。

最後は、女子バスケットボール部の主将、副主将とのフリースロー対決を行ない、会場は盛り上がりました。