「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
「原田裕花バスケットボールアカデミー」最後の授業もいつも通り和やかに
「原田裕花バスケットボールアカデミー」最後の授業もいつも通り和やかに
「原田裕花バスケットボールアカデミー」最後の授業もいつも通り和やかに
「原田裕花バスケットボールアカデミー」最後の授業もいつも通り和やかに



  • 原田裕花バスケットボールアカデミー
  • 3月26日(火)
  • 東京都江東区・バディスポーツ幼児園江東 豊洲園
     

2010年に開校し、この3月末で終了する原田裕花バスケットボールアカデミーの最後の授業が行なわれました。

普段は受講している子どもだけの場合も多いのですが、この日は最終日とあって全会員(3月時点で11名)の保護者の皆様にもお越しいただけました。

授業は途中、保護者の方が飛び入りでミニゲームに参加したり、最後までいつもの楽しく和やかな雰囲気で進められ、3コース(U6、U9、U12)の合間では保護者、受講者からお礼のご挨拶や花束などが贈られるシーンもありました。

ある保護者の方からは、「(子どもは)まったくの初心者からのスタートだったが、徐々に自信をつけ、バスケが好きになり、この2年間とても楽しそうに通っていた。」とのお言葉をいただきました。

原田は「3年前に始めた時には自宅から豊洲に通うことすら、苦痛に感じることもあったが、やっていくうちに、教えることや子どもの成長ぶりを見る事がとても楽しみになってきた。
今、単発でも教室をやっているが、その際にも豊洲での経験のお蔭で、子どもの状況を見ながら自信を持って臨機応変に対応できるようになった。この3年間、やらせていただけて本当に良かった。」と話していました。