「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
野々市じょんがらの里マラソン大会でゲストランナーの市橋有里は市長とゴール
野々市じょんがらの里マラソン大会でゲストランナーの市橋有里は市長とゴール
野々市じょんがらの里マラソン大会でゲストランナーの市橋有里は市長とゴール
  • 「第31回野々市じょんがらの里マラソン大会」
  • 10月21日(日)
  • 石川県野々市市・野々市市民体育館
     

「第31回野々市じょんがらの里マラソン大会」に市橋有里がゲストランナーとして参加しました。今年の大会は、市制施行記念大会として開催され、過去最多の1500人余りが出場しました。

市橋は、小学生男女の部(2km)と一般の部(5km)に参加、小学生や一般ランナーに声を掛けながら伴走し、最後はトリムジョギング(3.1km)に出場した粟野々市市長(写真)とともにゴールし、大声援を受けていました。

レース後は、同じくゲストランナーだった地元出身の中村悠希選手(カネボウ)とのトークショーで、市民ランナーに向けてのランニングアドバイスや食生活の大切さを話しました。

湘南国際マラソンで3時間台を目指すランナーに向け、エリックがアドバイス
湘南国際マラソンで3時間台を目指すランナーに向け、エリックがアドバイス
湘南国際マラソンで3時間台を目指すランナーに向け、エリックがアドバイス







  • 「湘南国際マラソン公認ランニングクリニック:サブ4の部in大磯」
  • 10月20日(土)
  • 神奈川県大磯町・大磯プリンスホテル
     

エリック・ワイナイナが、「湘南国際マラソン公認ランニングクリニック」で講師を務めました。

エリックは、まず最初に行なわれた座学で、サブ4(フルマラソンで4時間を切ること)を目指すランナーたちに、「大会まで1ヵ月を切った状況で大事なのは体調管理。練習は長い距離を走るよりは、コンディションを整えるためにスピード練習で軽く汗を流す程度で良い」とアドバイスしました。

サプライズで2大会(アトランタ・シドニー)で獲得したメダルを披露し、「皆さんにとってのオリンピックは湘南国際マラソンです。完走メダルをもらえるようにがんばりましょう!」とエールを送り、座学のあとは、参加者と一緒に軽くランニングをして汗を流していました。

ある参加者は、「丁寧な日本語で非常にわかりやすかった。これから本番まで何をすれば良いかがよくわかりました」と、満足そうに話していました。

京谷和幸が知内町の中学生に向けて講演。夢を追う人生の楽しさを話しました
京谷和幸が知内町の中学生に向けて講演。夢を追う人生の楽しさを話しました
京谷和幸が知内町の中学生に向けて講演。夢を追う人生の楽しさを話しました
  • 「知内町3校合同講演会」
  • 10月18日(木)
  • 北海道知内町・知内町立知内中学校
     

京谷和幸が、北海道知内町立知内中学校にて「夢・出会い・感謝」をテーマに90分間の講演会を行ないました。

京谷は、生徒たちに今現在夢を持っているかどうかを聞き、その上で「手を挙げても挙げなくても、焦る必要はない。今目の前にあることを一生懸命やっていれば、おのずと自分だけの夢が見えてくる。」と話し、京谷自身がいつでも夢を持って生きてきたこと、夢を追う人生がいかに楽しいか、という事を語りました。

講演終了後は車椅子バスケットボールの体験会を行ない、現役引退を感じさせないフリースローを披露し、会場を沸かせていました。

タイムや記録を競わないバリアフリーマラソン大会でエリックがゲストランナー
タイムや記録を競わないバリアフリーマラソン大会でエリックがゲストランナー
  • 「第41回タートルマラソン国際大会 兼 第15回バリアフリータートルマラソン大会」
  • 10月21日(日)
  • 東京都足立区・荒川河川敷内 虹の広場
     

エリック・ワイナイナが「第41回タートルマラソン国際大会 兼 第15回バリアフリータートルマラソン大会」に、ゲストランナーを務めました。

この大会は、競技趣向ではなく、全ての人が一緒になってマラソンを楽しむ、ということが目的とされています。そのため健常者と障がい者とで、種目の垣根がなく、同じ時間にスタートするという珍しい大会で、優勝者や入賞者の表彰もありません。

エリックはハーフの部に出場しましたが、「なかなかこのような大会は無いし、41回も続いているのは素晴らしい。色々な人にこの大会の存在を知ってほしいです」と話していました。

この日は10月下旬にもかかわらず30℃にも及ぶ気温でしたが、皆さん笑顔で快走していました。