「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
鈴鹿市で世界一&銀メダル監督・佐々木則夫が講演。人材育成術を説きました
鈴鹿市で世界一&銀メダル監督・佐々木則夫が講演。人材育成術を説きました
  • 「体育協会設立65周年・鈴鹿市制施行70周年記念講演会」
  • 10月13日(土)
  • 三重県鈴鹿市・鈴鹿市民会館
     

なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)を率い、ワールドカップで世界一、ロンドンオリンピックで銀メダルに導いた佐々木則夫が、鈴鹿市で「佐々木流人材育成術」と題し講演を行ないました。

約1000人の市民で満席となった会場で、佐々木は、得意のジョークを交えながら、世界一になった要因について語り、選手同士のコミュニケーションを促し団結力を強めたこと、メダル獲得ではなく金メダル獲得を目標としたことなどを話しました。

また、指導者は、説明スキルを上げることと、選手から聞き出すことが大切だと持論を展開。約10分の質疑応答のあと、なでしこジャパンの映像を5分ほど流し、90分の講演を終えました。

斉藤仁が多摩3市のうまいもの5品を平らげ、トークショーで感想を話しました
斉藤仁が多摩3市のうまいもの5品を平らげ、トークショーで感想を話しました
  • 「多摩3市うまいものフェア」
  • 10月7日(日)
  • 東京都東大和市・都立東大和公園
     

多摩地域の狛江市、東大和市、武蔵村山市の3市が連携して、それぞれの市にある代表的な食べ物を紹介するイベント「多摩3市うまいものフェア」が開催され、斉藤仁がゲストとして参加しました。

斉藤は、ぶっかけうどん、カレー焼きうどん(武蔵村山市代表)、こま丼(狛江市代表)、大和どん、ひがしトマとカレー(東大和市代表)の5品を平らげ、その後に行なわれたトークショーではそれら5品の感想を話し、PRしました。さらに現役時代を振り返り、「強くなるためには好きなものをたくさん食べることが大切」と話していました。

埼玉、千葉の住宅展示場で上山容弘のトランポリン体験会。多くの家族が来場
埼玉、千葉の住宅展示場で上山容弘のトランポリン体験会。多くの家族が来場
埼玉、千葉の住宅展示場で上山容弘のトランポリン体験会。多くの家族が来場


  • 「ハウジングメッセ・トランポリン体験会」
  • 10月6日(土)、7日(日)、14日(日)
  • 埼玉県川口市・川口・鳩ヶ谷住宅公園、さいたま市中央区・さいたまハウジングパーク、千葉市花見川区・幕張ハウジングパーク
     

上山容弘が10月6日(土)、7日(日)、14日(日)と、埼玉と千葉の住宅展示場にて、トランポリン体験会を開催しました。

スポーツの秋ということもあり、各会場にはこの体験会目当ての家族も多く来場し、子どもたちを中心にトランポリンを楽しんでいました。中には、以前に行なわれた上山の体験会を含めて3回目という家族も来場していました。

住宅展示場のあるスタッフは、「スポーツのイベントは意外と少ない。そんな中、子どもたちが非常に笑顔で跳んでいる姿を見て、改めてスポーツの素晴らしさを感じました」と話してくださいました。