「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
エリックが桑名リバーサイドマラソンでゲスト。木曽川沿いを気持ちよくRUN
エリックが桑名リバーサイドマラソンでゲスト。木曽川沿いを気持ちよくRUN
エリックが桑名リバーサイドマラソンでゲスト。木曽川沿いを気持ちよくRUN
  • 「第8回いで湯の郷 桑名リバーサイドマラソン」
  • 3月20日(火祝)
  • 三重県桑名市・ナガシマスパーランド大駐車場
     

エリック・ワイナイナが「第8回いで湯の郷桑名リバーサイドマラソン」にゲストランナーとして参加し、10kmの部に出場しました。

三重県内を雄大に流れる木曽川沿いを走るコースで、参加者は中部・東海・関西の方々を中心に約4000名。エリックは「素晴らしい景色です。コースも平坦で走り易いので、ランニングを始めたばかりの人には最高です!」とコメントしていました。

マラソン後はビンゴ大会のプレゼンターを務め、会場を盛り上げていました。

吉野川市リバーサイドハーフマラソンで鈴木博美がゲスト。各種目に伴走参加
吉野川市リバーサイドハーフマラソンで鈴木博美がゲスト。各種目に伴走参加
吉野川市リバーサイドハーフマラソンで鈴木博美がゲスト。各種目に伴走参加
  • 「第11回吉野川市リバーサイドハーフマラソン」
  • 3月18日(日)
  • 徳島県吉野川市・吉野川市鴨島運動場
     

「第11回吉野川市リバーサイドハーフマラソン」にて鈴木博美がゲストランナーを務めました。

ハーフの部に参加しランナーを伴走した鈴木は、途中3kmや10kmなど他の種目を走るランナーの伴走もして、ランナーを励ましました。生憎の雨模様でしたが、本人が“晴れ女”と言うように終了のころには雨も上がっていました。

川真田市長によれば、この大会は、市町村合併のシンボルとなるもので、市民が集まる場として位置づけているそうで、「世界チャンピオンが来たことで大会もようやく箔がつきました」と、満足そうでした。