「スポーツの力」を、「生きる力」に。
Be happy with SPORTS!
サイパンマラソン50kmの部で、エリック・ワイナイナが堂々の優勝!
サイパンマラソン50kmの部で、エリック・ワイナイナが堂々の優勝!
サイパンマラソン50kmの部で、エリック・ワイナイナが堂々の優勝!
  • 第7回サイパンマラソン2012
  • 3月3日(土)
  • サイパン島・アメリカンメモリアルパークスタート/ゴール
     

サイパンマラソンに新設された50kmの部で、ゲストランナーとして出場したエリック・ワイナイナが優勝しました。

50kmの部には、日本から75人、海外から5人の合わせて80人が参加、途中往復6kmの急坂が特徴の難コースですが、エリックは2位以下に大差をつけ、3時間32分19秒でゴール。このコースの発案者、間寛平さんから「今後破られない記録。さすがエリック」と祝福を受けていました。

レース後エリックは「坂はとてもきつかったけれどそれ以外は良いペースで走ることができました。往復コースなのでたくさんのランナーに声をかけたりハイタッチして励ますことができて楽しかったです」と話していました。

大会前日に行なわれたランニングセミナーや、ツアー参加者を対象にした前夜祭などではサイン攻めにあうなど、相変わらずの人気でした。

山口素弘と小村徳男が新宿区の小学校で指導。あだ名で子どもたちは笑顔に
山口素弘と小村徳男が新宿区の小学校で指導。あだ名で子どもたちは笑顔に
  • 新宿区立西戸山小学校「トップアスリート サッカー教室」
  • 2月28日(火)
  • 東京都新宿区・新宿区立西戸山小学校
     

山口素弘小村徳男が小学6年生を対象に、特別授業としてサッカー教室を開催しました。

フランスワールドカップに出場した2人が登場したとあって、最初は緊張気味の子どもたちでしたが、小村が「先生たちにニックネームを付けてください」とお願いすると、小村は「オムライス」、山口は「ぐっさん」に。

そこから子どもたちも笑顔になり、ボールを使ったウォーミングアップが始まるとみんなで走り回り、大きな声も上がるようになりました。

最後の挨拶では、子どもたちが「楽しかったのでまた来てください!」とお願いするなど、楽しい特別授業となりました。

芦屋、奈良で山口素弘ら元日本代表3人がサッカー教室。大阪ではトークショー
芦屋、奈良で山口素弘ら元日本代表3人がサッカー教室。大阪ではトークショー
芦屋、奈良で山口素弘ら元日本代表3人がサッカー教室。大阪ではトークショー
  • 日本ハム&キリンビール「サッカー教室&トークショー」
  • 2月26日(日)
  • ミズノフットサルプラザ潮芦屋・奈良、大阪なんば・スタジアムカフェ
     

山口素弘がミズノフットサルプラザでのサッカー教室とスポーツカフェでのトークショーにゲスト出演しました。共演は、水沼貴史さんと森島寛晃さん。元日本代表が揃った豪華なイベントとなりました。

サッカー教室では、小学生を対象にシュートやドリブルの技術を教え、最後はミニゲームで対戦。3人が華麗なパス回しや強烈なシュートを披露すると、子どもはもちろん見学している保護者の方からも歓声があがりました。

その後は、大阪なんばの「スタジアムカフェ」でトークショーを開催。セレッソ大阪のサポーターを中心に多くのサッカーファンが集まり、Jリーグや日本代表の話題で盛り上がりました。

泉州国際市民チャリティーマラソンのゲストでエリックがフルマラソン完走
泉州国際市民チャリティーマラソンのゲストでエリックがフルマラソン完走
  • 泉州国際市民チャリティーマラソン2012
  • 2月19日(日)
  • 堺市西区・浜寺公園スタート〜大阪府泉佐野市・りんくう公園ゴール
     

エリック・ワイナイナが泉州国際市民チャリティマラソン2012に、ゲストランナーとして出場しました。

この大会は、大阪堺市をスタートして関西空港方面へ海に沿って走るフルマラソンコースとなっており、泉州9市4町協力のもと行なわれる、大阪を代表する市民マラソン大会です。

エリックは、沿道のファンやボランティアの方たちとハイタッチしながら走るなど、ファンサービスをしながら2時間42分12秒の31位でゴール。完走後のインタビューで、「30kmを超えてから2つの大きな橋があり、このアップダウンがキツかった。シドニーを思い出しました。来年は本気で走って優勝を目指します」と、シドニー五輪のマラソンコースで味わった過酷な後半のアップダウンを彷彿させたこのコースに、再来を誓いました。